楽に生きる7つの方法-執着を捨ててシンプルに生きるコツ

スポンサーリンク

楽に生きる7つの方法-執着心を捨ててシンプルに生きるコツ

 

仕事の人間関係って面倒ですよね。

僕ももっと楽に生きたいと思ってるのに、

それとは真逆の現実に苦しみました。

 

今回は楽に生きるというテーマで、

心の執着に焦点を当てて話していきます。

 

人生を楽に生きる方法

楽に生きる7つの方法-執着心を捨ててシンプルに生きるコツ

 

今の辛さや苦しみは自分を知る手掛かりです。

 

楽に生きるとは何なのか?

 

人は何故執着するのでしょう。

もし執着を捨てることが出来れば、

もっと楽に生きられるますよね。

 

だけど分かってても出来ないもので、

人間である以上執着は手放せません。

 

「じゃあ、どうしようもないの?」

 

て思ったかもしれませんがそうじゃなく、

自分が執着している原因が何かに気付いて、

 

その感情とどう付き合っていくか?

 

このことが重要なんですね。

何故なら執着する理由が必ずあるからです。

それは決して悪いことではないんですね。

 

問題は執着の原因に気付けないことで、

気付けば執着の心と二人三脚で歩めるんです。

つまり執着を味方に出来るんです。

 

そこで今回の楽に生きる方法なんですが、

その為の執着に気付く7つの方法となります。

 

気付くことさえ出来れば手放すのは簡単で、

今より人生を楽に生きることが出来るでしょう。

ぜひ、今回の内容をお楽しみ下さい。

 

 

1、今、一番拘ってるものは?

 

あなたは何に一番拘ってますか?

いきなりそんなことを聞かれても、

すぐは答えられないかもしれません。

 

例えば誰かと言い合いになった時とか、

その時に拘っているものが何かを考えてみて、

捨てたらどうなるかを想像してみて下さい。

 

するとどんな気持ちになるでしょうか。

意外と考えたことがないと思いませんか?

 

実際に執着を捨てるのは難しくても、

想像の中ならシュミレーション出来ます。

 

自分の拘っているものって、

そこに守ってるものがあるんですね。

自分の守っているものが見えてくると、

後の改善はそんな難しくありません。

 

 

2、他人を否定してませんか?

 

他人のことを否定してませんか?

人間である以上は仕方がないんですが、

無意識に罪悪感を抱いてしまうんですね。

 

それによって幸せになっちゃダメとか、

親や上司や先輩より稼いだらダメとか、

自分にブレーキが掛かってしまうんです。

 

そこで注意したいのが、

他人の幸せを羨む気持ちなんです。

これは妬みや嫉妬に繋がっていきます。

そしてそんな自分に罪悪感を抱いてしまい、

自分にブレーキが掛かってしまう訳です。

 

では何故罪悪感を抱くのかと言うと、

自分に無いものをその人が持ってるから・・・

と思い込んでいるだけなんですね。

それ、実は勘違いだったんです。

 

僕達は自分が抱いた感情を信じます。

例えば他人にショックなことを言われたら、

その人のことを嫌いな感情が生まれます。

 

けどもしかすると聞き間違いだったり、

実はその人の軽いノリかもしれないんですね。

あなたが他人を否定したい気持ちになった時、

 

果たして自分のその解釈は正しいのか?

 

少し違う視点を持つ意識を持ってみれば、

その執着は意外と簡単に手放せます。

 

 

3、自分を素直に認めてますか?

 

自分を素直に認めるとは、

自分を褒めるとかそんなんじゃなくて、

自分の嫌な部分を認識することです。

 

というのも潜在意識の話になりますが、

例えば腹が立ってる自分って嫌ですよね?

対称となる存在も自分自身も含めてです。

その時に嫌とか感情的になるんじゃなく、

 

その時の身体の感覚を感じるんです。

 

ここで何かをする必要はありません。

それが自分を認めることになるんですね。

 

例えば犬が嫌いだったとすると、

犬を見ると恐怖を感じてしまいますよね?

けどその時に恐怖の感覚を見つめていくと、

 

「何でこんな感覚になるんだろう?」

「本当に怖いものなんだろうか?」

「何だか不思議に感じてきたな・・・」

 

て疑問とか別の解釈が生まれるんですね。

これって今までの認識が崩れてきた証拠で、

新しい認識を再構築する過程に起きるんです。

なので素直に認めることって大切なんです。

 

 

4、人間は皆、不完全なもの

 

イメージした通りのことって、

なかなか実現するのが難しいですよね。

たとえイメージ通りに出来たとしても、

今度はそれが続くか不安になったり・・・

 

このことで何が言いたいかと言うと、

僕達は何をやっても不完全だと認めることで、

意外と気持ちが楽になれたりするんですね。

 

だって失敗を怖れる理由って、

完璧を求めているからですよね?

失敗したくないって成功したいからで、

だから失敗すると落ち込みますよね?

スポンサーリンク

 

なのでなんとかなるさくらいの気持ちで、

今出来ることを淡々とやっていくことです。

 

失敗を怖れる気持ちって執着そのものです。

如何に失敗への認識を崩していくかなんですね。

 

例えば失敗しても得られるものがあると知れば、

たとえ次に何かに挑戦して上手くいかなくても、

 

「今回の経験で何を得たんだろう?」

 

ていう視点を持つことが出来るんですね。

なので最初から不完全だという前提でいれば、

心の余裕から複数の視点で見つめられます。

 

 

5、集中するべきところは?

 

全力投球することは良いことですね。

全力を出し切る気持ちは大切だと思います。

もしそれを最も重要なところに投じるとしたら?

つまり常に全力投球をするよりも、

 

力の出しどころを見極めること

 

ここって結構重要なんですね。

例えば有名な「パレートの法則」がありますが、

利益の8割は全体の2割から出ると言われます。

つまり「8:2の法則」ていうやつですね。

 

これって全体の2割が重要ってことで、

そこを見極めて集中することが出来れば、

より効率的に力が発揮出来るんです。

 

では残りの8割はどうするかというと、

力を集中出来るよう自分を整えることです。

要するにエネルギーを溜めるということです。

 

つまりそれぞれに役割を分担させて、

自分のエネルギーを効率的に使うんですね。

 

 

6、どんな思い込みを持っていますか?

 

人は自分のルールに従って生きています。

自分の思い込みで生きているということです。

この思い込みって情報を脳に入れる段階で、

  1. 削除 = 必要な情報だけを入れる
  2. 一般化 = 類似した記憶と一緒にする
  3. 歪曲 = 心理的痛みを和らげる

 

という3つのフィルターを通してるんです。

そうしないと情報過多でパンクするからです。

 

このフィルターによって僕達は認識をして、

そして自分の都合の良い思い込みをします。

 

例えば他人を悪く見るフィルターなら、

目の前の人達が危険に見えてしまうでしょう。

反対に他人は親切というフィルターなら、

目の前の人達が親切に見えてしまうでしょう。

 

どっちが良くてどっちが悪いというより、

自分のフィルターが何なのかを知ることです。

そこでフィルターに気付く方法があって、

 

「今の自分の認識って正しいの?」

「他に別の解釈はあるんだろうか?」

 

て感じで自分に疑問を持ってみるんです。

それで自分のフィルターに気付けます。

 

 

7、シンプルに考える

 

人生が上手くいっている人ほど、

実はシンプルに考えてたりします。

物事を複雑に考えて苦しんでるのは、

他の誰でもなく自分ということです。

 

ただそんなこと分かってても、

どうしても複雑に考えてしまうもの。

それは僕だって同じなんです。

 

ただここで気付いたことがあって、

物事をシンプルに捉えるには、

  • 一度、それから離れてみる
  • 一時ほど別のことをやって戻る
  • 複雑になる手前から再スタート
  • ダメなら思い切って捨てる

 

こんな感じで色々あると思ったんです。

これは僕の捉え方で他にもあると思います。

ただここでの重要なポイントは、

 

悪い流れを断ち切る!

 

ということなんですね。

シンプルに考えろって言ったって、

どう考えたって難しい訳じゃないですか。

だから悪い流れを断ち切るんですね。

 

実はシンプルに考えることって、

ひとつの答えだけじゃないんですね。

 

 

もっと楽に生きたいと思うなら

楽に生きる7つの方法-執着心を捨ててシンプルに生きるコツ

 

僕は直接的には、

一人で走り抜けてきたように思っていますが、

実は要所要所で人生のヒントとなる人物がいて、

その人達の存在で助けられてたりします。

 

本気で生きれば必ず手を差し伸べる人が現れる。

 

これは僕のこれまで生きてきた教訓です。

そしてそれは自分の生き方が変わったとしても、

それが本気ならいつだって訪れると思います。

ただしその中でも、

  • プラスの恩人
  • マイナスの恩人

 

という2種類の人が存在し、

どちらも人生に重要なカギを握るんだと、

最近では感じることもあります。

 

そのことについてはまた今度話します。

人生を楽に生きられることを祈っています。

 

関連記事

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ