裏切られた時に立ち直ることができたたった1つの言葉

スポンサーリンク

裏切られた時 立ち直り方

 

信じていたのに、なぜなんだろう・・・

裏切られた時って本当に辛くなりますよね。

ポッカリ穴が空いたような気持ちになったり、

深い絶望から立ち直れなかったりしますよね。

 

僕もつい最近のことですが、

ある人に裏切られてしまいました・・・

 

けど、その後のある言葉で救われたのです。

しばらく何もできない状態が続いていましたが、

お陰で少しずつ前に進む気力が出てきました。

 

今回は僕の心を癒してくれた言葉を通して、

裏切られた時の立ち直り方をお伝えします。

 

「まさか自分に限ってそんなことは・・・」

 

と、もし思っている気持ちがあるなら要注意です。

そのまさかという隙を縫って裏切るものだからです。

 

恋人、友人、仕事、プライベートなど関係なく、

自分の気持ちの整理の付け方にお役に立てるので、

ぜひ最後まで読んで頂ければと思います。

 

前回は、人生を変えるには3つの覚悟を決めることで、

僕が独立にした時の経験を踏まえてお伝えしました。

自分の人生を生きると決めた人がやっている3つの覚悟

人を裏切る人は思い掛けないところから現れる

 

僕は2015年4月から独立をしました。

3年6ヶ月を過ぎてもやってることは変わりません。

ブログをコツコツと書き続けているだけなんです。

 

そんな中、新しいスキルを身に付けようと思い、

ネットビジネス系の教材を1つだけ購入しました。

 

購入する前に教材の評判が知りたいと思って、

レビュー記事を書いてるサイトを閲覧してました。

そのサイトのひとつが魅力的な特典を付けてたので、

僕はそのサイトから教材を購入することにしました。

 

そのサイトには特典を受け取りたいなら、

購入IDを張り付けてメールを送るよう書かれており、

僕はその通りにIDを貼ってメールを送りました。

 

そして相手から特典付きのメールが返ってきて、

やっと特典を受け取ることができたんですね。

 

けどそれだけじゃありませんでした。

そこからサイトの相手から続けてメールがきて、

 

「よかったらLINEで通話しませんか?」

 

と、入ってきたんです。

僕は大きく成功している人だと思い込んでしまい、

そんな人と話せる機会が訪れたことに喜びました。

 

「凄い!実際に話せるんじゃ!」

 

結果から先に言ってしまうと、

この人の高額のコンサルを受けることになり、

あまりの粗悪さに途中で打ち切ってしまいました。

そして支払ったお金は奪われてしまったのです。

 

LINEでコンサルをやめることを伝え、

後日、返金をしてもらうために通話をしましたが、

急に手の平をひっくり返したように豹変したのです。

 

通話をしている最中はあまりのショックで、

何を言ってるのか分からず放心状態になりました。

そして通話が終わって数日経った日に、

 

「ああ、俺は騙されていたんだ・・・」

 

やっと自分の身に起きたことを自覚しました。

自覚するまで認めたくない気持ちがありました。

 

自分の中でどんなに言い訳をして心にフタをしても、

その人の通話での豹変ぶりはまともな人の態度ではなく、

騙されたことを受け入れざるを得なくなっていきました。

そして本当に自分が情けなくて凄く悔しくなりました。

 

「まさか自分に限ってそんなことが・・・」

 

そんな被害に遭うなんて思ってなかったんですね。

テレビや雑誌であるようなことは所詮は別世界の話で、

そんな稀なことが身近に起こるはずなんてないと・・・

 

けど人を裏切る人って、

そんな人の気持ちの隙を縫うように現れて、

そしていつの間にか大切なものを奪い去ります。

 

因みに僕の裏切られた時の詳細な話は、

また後日に詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

かなり貴重な経験をしてきたので、

読んで頂いてるあなたに共有することで、

ぜひ今後の人生に役立てて頂きたいと思ってます。

 

 

人生の転換期に訪れる2種類の恩人の存在

 

仕事を辞めて新しい職場に転職するとか、

または思い切って独立に踏み切るとか、

あるいは恋人と別れるとか結婚するとか、

人生には様々な節目が訪れてきますよね。

 

こうした時期を「人生の転換期」と言います。

 

この転換期にはある種の独特な特徴があり、

それは不安、迷い、恐れ、希望、喜び、勇気、

このような感情を普段より多く味わいます。

 

例えば仕事を辞める時に勇気を振り絞るとか、

独立に踏み切った時の覚悟を決めた瞬間とか、

人生がドラマのように展開されていく中で、

その場面に応じていろんな感情を味わいます。

 

同時にポイントとなる人が現れることもあります。

僕の場合は34歳で脱サラして独立したのですが、

心理学セミナーを開いて独立してる先生であったり、

自分の人生にプラスの影響を与えてくれる人です。

スポンサーリンク

 

このようなプラスの恩人に出会ったお陰で、

自分の人生を生きようと強く思えることができ、

夢を実現することができるのだと思います。

 

一方で不安を煽って言葉巧みに誘い込み、

高額なお金を騙し取る詐欺被害に遭う人もいます。

このような転換期で騙されるケースが多いのです。

 

僕も独立できたとしても不安がないわけじゃなく、

だからこそスキルアップしようと思っていました。

 

そんな矢先に突如、思わぬ方向から訪れて、

言葉巧みに誘い込まれて裏切られてしまったのです。

まさか自分に限ってっていう感じでした。

 

このように足を引っ張る存在のことを、

マイナスの恩人と言います。

 

けどリアルタイムに流れる人生の中で、

どの人がプラスでどの人がマイナスの恩人なのか?

それを見極めることって結構難しいものなんですね。

 

振り返ってみれば、あの人がそうだった・・・

 

そういった感じでしか自覚し難いのです。

もちろん事前に知識があったり、意識して注意すれば、

マイナスの恩人から被害に遭う確率も下げられます。

僕のその時の一番の失敗だったのは、

 

まさか自分に限ってそんなことはないだろう・・・

 

このように思ってしまっていたことなんですね。

裏切られることがあるというのは頭では分かって、

だけどその可能性にフタをして見ないフリをし、

現実を良いところだけ見ようとしてしまいました。

 

 

マイナスの恩人から教わった大切なこと

 

僕がわずか3週間で立ち直ることができました。

もちろんまだ憎しみや傷付いた感情はありますが、

何もできない状態から動けるようにはなったのです。

それは僕があるYoutebeの動画を観た時に、

 

人生にはプラスの恩人とマイナスの恩人がいる

 

というのをたまたま教えてもらったからでした。

マイナスの恩人は僕達から大切なものを奪います。

確かに出来事の瞬間だけ見ると本当に嫌なヤツです。

けどその出来事を元に自分の生き方を見出し、

 

そこから人生が好転することは多いのです。

 

振り返ってみれば2008年12月上旬、

この時は人生で最も大きな絶望を味わいました。

しばらく絶望を味わいつくしていると、

 

「やるしかない・・・!」

 

と、自分の中からエネルギーが湧いてきて、

そこから立ち上がったことは今でも覚えてます。

僕にとっての人生の転換期がそこにありました。

 

この時はマイナスの恩人と言えるものは、

人ではなくて危機的な生活状況でした。

 

マイナスの恩人が教えてくれること・・・

それは人生という長い目で見れば、

その時の経験が活かされることで、

 

もっと高次元のステージに上がれることです。

 

言い換えると幸せを掴む切符でもあるのです。

もちろん切符を受け取った後の努力も必要です。

 

けど、ぬるま湯の人生では現状は変わりませんし、

本当の意味で人生の喜びを感じられないのです。

 

人生を本気で生きようとすれば、

それに合わせて壁となる何らかの出来事が起こります。

そんな時に少し長い目で出来事を俯瞰して見ると、

 

「ここが人生の転換期なのかもしれないな・・・」

 

そんな風に意識を変えることができ、

そこから自分を奮い立たせて前に進むこともできます。

つまり、自分を知る機会でもあるということです。

 

 

裏切られた時ほど何気ない言葉に救われるもの

本日のまとめ:

  • 裏切る人は気持ちの隙を縫うように現れる
  • プラスの恩人とマイナスの恩人の存在
  • マイナスの出来事は長い目で見るとプラス

 

今回は、裏切られた時の立ち直り方というテーマで、

僕が最近、ある人に裏切られた経験を通して、

どう立ち直ることができたかをお伝えしました。

 

だけど僕が本当に言いたいことは、

マイナスの恩人から教わったことなんかじゃなく、

辛い時や苦しい時に起こる独特の現象があり、

 

それは、何気ない言葉が心に響きやすい・・・

 

ということなんです。

それは他人同士の何気ない会話かもしれないし、

本屋でたまたま読んだ雑誌の一言かもれいないし、

僕のようにYoutebe動画かもしれないのです。

 

ちょっとしたことがきっかけで、

人生が大きく好転することって意外とあることです。

 

心が傷付く出来事ほど貴重な体験をしていることを、

ぜひ、あなたの心に留め置いてほしいと思います。

それがどん底から立ち直るカギです。

 

少しでも今回の内容がお役に立ったでしょうか。

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

関連記事:

自分の怒りを鎮める方法-人にイラッとする心の原因とは?

どうしても許せない人がいるときの感情のコントロールの仕方

許せない人を忘れたいときの重い気持ちをパッと手放す方法

他人を憎む心の浄化法-許せない気持ちの答えの見つけ方

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ