片付けられない人の特徴5つとたった1つのシンプルな改善策

スポンサーリンク

片付けられない人の特徴5つとたった1つのシンプルな改善策

 

片付けることって面倒に感じてしまいますよね。

片付けられない人には本人も気付かない特徴があり、

まずはそれを知ることが克服のカギになります。

 

前回の部屋を片付けられない人のモチベーション~では、

つい先送りしていつまでも部屋を片付けられない人の為の、

簡単な工夫でモチベーションを上げる方法を紹介しました。

 

片付けられない人の特徴

片付けられない人の特徴5つとたった1つのシンプルな改善策

 

ちょっとした意識の切り替えで片付けられます。

 

面倒だと感じる気持ちの奥にある思い

 

あなたは部屋を片付ける時に、

どんな気持ちでやっているでしょうか。

なぜこんなことを聞くのかと言うと実際は、

気持ちだけで改善することも可能なんですね。

 

僕も片付けるのが面倒に感じることがあります。

例えば流し台に溜まった食器とか洗濯ものなんかは、

つい先送りにしたくなってしまうんですね。

 

実際のところ整理整頓が得意でもそうでなくても、

面倒だと思う気持ちは誰もが一緒なんです。

 

何が現実に違いをもたらしてるのか

 

けど片付けられる人と片付けられない人には、

結果に差が出る明確な違いがあります。

それはどんな違いかと言うと、

  • 何の為に片付けをするのかが分からない
  • どうしたら行動できるのか分からない
  • 片付けよりも他に気になることがある

 

という本人の「気持ち」に原因があります。

片付けることへの意味を明確にしている違いです。

部屋を片付けることに意味を見出すことが出来れば、

意識が変わって意欲的に取り組むことが出来るんです。

 

そこで今回は、片付けられない人の特徴をまとめました。

そしてそれぞれの特徴のシンプルな改善策をお伝えします。

片付けられない特徴を理解した上で改善に取り組めば、

無理せず思った通りの部屋を実現できるでしょう。

 

 

1、捨てるのが勿体無い

 

捨てるのが勿体無いと感じることはありませんか?

これは片付けられない人の特徴のひとつなんですね。

物を大事に”しなければいけない”ってありませんか?

ですが本当の意味で物を大事にするというのは、

 

しっかりと物を使ってあげることです。

 

だけどそれは分かってるけど捨てらない・・・

という勿体無いと感じる気持ちってありますよね。

確かに僕達は捨てるという行為に抵抗を感じやすいです。

 

もし捨てられなくて物が部屋に溢れているのなら、

捨てたことで苦しんだ過去を思い出してみることです。

大抵は心のどこかで捨てられない理由があるはずです。

  • あなたが過去に捨てたことで苦しんだことは何でしょうか?
  • では、その時のあなたの姿を他の人の視点から見てみると?
  • もし、その苦しみから何か学び取れるとしたら何でしょう?
  • あなたの感じる苦しみが思ってるとは違う意味だとしたら?

 

このように自分に問い掛けてみて下さい。

過去は変えられませんが過去の意味は変えらえます。

 

そして過去の意味は割と簡単に変えられるんですね。

それが自分の過去を振り返ってみることです。

意味付けを変わると人生はもっと楽しめます

 

★ここがポイント
捨てられない原因を思い出してみること!

 

 

2、先延ばしにしてしまう

 

片付けられない人の代表的な特徴ですね。

これは部屋を片付けられないだけでなく、

他のことでも先延ばしになっていないでしょうか。

 

例えばメールの返信をしないといけないのに、

まだ時間があるからとつい先延ばしにしてしまうとか、

洗濯や食器を洗うことだって今すぐやる必要がなくて、

つい後回しにして楽をしたくなってしまうことです。

片付けに対する先送りはほんの一部だったりします。

 

だって片付けなんてやらなくても問題ないからです。

やるべきなのは分かってるけどやらなくても別に困らない。

確かに片付けないからと人生に困ることはないですよね。

生活に支障が出るほど緊急を要することではありません。

 

先延ばしにするのは重要だけど緊急性がないものです。

 

重要なのでやらなければいけないという意識はあります。

でも、緊急を要する訳じゃないから面倒に感じるんです。

先延ばしの克服は自分の気持ちを素直に見つめ、

そしてどんな気持ちも受け入れるという姿勢です。

 

★ここがポイント
先延ばしにする自分を素直に認めよう!

 

 

3、都合のいい言い訳を作ってしまう

 

「○○だからできない・・・」

「この状態をキープしておく方が便利」

「昔、○○だったから出来なくなった・・・」

 

何事も変わりたいけど変われない人に多いのが、

今の自分を適正に評価出来ていないことがあります。

 

良い訳ばかりして自分を素直に認められない・・・

 

と言い換えることもできます。

ただ言い訳も自分を守る為にやってしまうので、

決してあなたが悪い訳ではないんですね。

 

これは責任転嫁している状態とよく似てますが、

自分を認めるというのは心苦しいことでもあります。

例えば僕の場合は他人に自分のことを指摘されると、

素直に受け入れられなくて批判的になります。

 

こうしたデリケートな感情って、

他人が関わると余計に意固地になりやすいです。

なので都合のいい言い訳を克服するには、

スポンサーリンク

 

自分自身で気付いて意識して変えることです。

 

他人に言われてやるより行動しやすいはずです。

例えば会社で上司から指摘されている人を見て、

自分にも同じ問題点がないかをチェックするとかです。

 

もし、あなたが自分に言い訳をする癖でお悩みなら、

せめて他人や状況から判断して自分をチェックして、

今の現状を素直に認めてみてはいかがでしょうか。

 

★ここがポイント
言い訳してる時に気付いて意識して変えること!

 

 

4、どこかで一気にやろうと考えている

 

時間がある時に一気にやろうと考えていませんか?

僕もつい休みに入ってからやろうと思ったりします。

大概は何日何週間もやらないことが多いんですね。

 

実は一気にやろうとするのは先送りの一形態です。

 

なので、今この瞬間に意識的に取り組むことです。

もし時間がある時にやろうと考えてしまうようなら、

悪い習慣として定着しているので改善すべきです。

そこで改善しやすいシンプルな方法を紹介します。

 

それは何も考える必要のないことから始める・・・

 

ということです。

片付けって考える必要があるので面倒なんですね。

考えながら行動するってエネルギーを消耗します。

それって無意識に拒否反応が出てしまうんですね。

 

なので始めは考える必要ないことからやるのです。

 

例えば床や机の上の物だけを片付けてみるとか、

次の日は引き出しの1段目だけを整理整頓してみるとか、

また次の日は床を少し綺麗にしてみようとかです。

 

こうして小分けすれだけでも、

余計なことを考えることがなくなります。

そこだけに集中して取り組めるからですね。

 

★ここがポイント
最初に考える必要のない行動から始める!

 

 

5、収納しようと考えている

 

片付けられない人の特徴は捨てる意識が薄いことです。

そして物を捨てるという行動には判断力が問われます。

僕達は普段から強い決断を問われる生き方はしません。

普段から決断する習慣がないから収納に走るのです。

 

また慣れない行動ってエネルギーを消費してしまい、

慣れた行動と比べるととにかく疲れやすいです。

 

特に問題なのが面倒だと感じてしまうことです。

そうなると取りあえず収納という方向へといき、

その収納の仕方にしても適当になるんですね。

ではどうやってそんな自分を脱却できるのでしょう。

 

あなたの部屋の中で一番大切な物は何でしょうか。

一番大切という上限を明確にすると捨てる判断が出来ます。

大切な物を基準に必要か必要でないかを判断しましょう。

 

★ここがポイント
一番大切な物を基準に判断する!

 

 

片付けられない人の改善策は物の玄関口

片付けられない人の特徴5つとたった1つのシンプルな改善策

本日のまとめ:

  1. 捨てるのが勿体ない
  2. 先延ばしにしてしまう
  3. 都合の良い理由をつくってしまう
  4. どこかで一気にやろうと考えている
  5. 収納しようと考えている

 

物が入ってくる場所は物を購入した時です。

つまり僕達が普段から買い物をする時にあります。

他にあるとしたら他人から貰う場合がありますが、

自分で購入することと比べると遥かに少ないはずです。

 

物は自らの意志で出し入れが行われているのです。

 

ということは片付けるということより、

その前段階で考えるべきことがあり、

 

それは物の玄関口を抑えることです。

 

買わなければ物が増えないので、

片付ける手間を大幅に省くことが出来ます。

なるべく余計な物は買い入れないようにしましょう。

 

例えば雑誌やCDやDVD、安い服の買い溜めです。

またすぐ飽きてしまう物や単なる飾り物もそうです。

 

このように部屋に残る物を買い入れないだけで、

お金も節約出来て物も自然と制御することができます。

時間は掛かるかもしれませんが確実な方法です。

必要な物だけの幸せな空間を実現しましょう。

 

またあなたの心により具体的な改善策を見つけられるように、

部屋を片付けられない人に送る整理整頓を意識する10の心得、

部屋を片付けられない人に送る捨てるべき10の項目

ものを捨てる基準-本気で減らす7つの考え方にて、

それぞれの心構えや改善するための考え方など紹介しています。

 

これらの中からとくに強く感じられるものを大切にしていき、

行動に移せば自分らしい生き方の実現に近づけるでしょう。

片付けられない悩みが改善できることを祈っています。

 

 

本・漫画・ゲーム・DVDを気持ちよく手放す方法

 

断捨離ってやっぱり捨てるのが難しい・・・

物にはいろんな思い出が宿っているので、

捨て続ける意志って保ち難いですよね。

 

本当に好きだったからこそ、

お金を払って手に入れてきたものなので、

そんな思いになるのも当然だと思います。

 

けど、もし気持ちよく手放せるとしたら?

 

今回、僕は数冊の本を手放したのですが、

ある方法と考え方をすることで、

気持ちよく手放すことができました。

 

それは本やCDを捨てる方法はネットを~にて、

具体的な方法をご紹介しています。

 

憧れていた理想の生き方を実現したいとか、

考え方を変えてすっきりした人生を生きたいなど、

断捨離を通して自分を変えたいと思っているなら、

ぜひ一読して頂ければと思います。

 

僕が実際に行ってみて、

具体的なやり方をお伝えしてますので、

簡単に行えることが分かってもらえると思います ^^

 

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ