読まれるブログの作り方その1「時間」を活用した方法!

スポンサーリンク

読まれるブログの作り方その1「時間」を活用した方法!

 

せっかくブログを書くんだったら、

ちゃんと読まれるブログを書きたいですよね。

 

人に読んでもらうには「型」というのがあって、

今回は「時間」を活用した方法を紹介します。

 

読まれるブログの作り方「時間」

読まれるブログの作り方その1「時間」を活用した方法!

 

ちょっとした意識で劇的に変わります。

僕もブログの滞在時間が数倍伸びました!

 

読まれるブログとは何なのか?

 

まず読まれるブログって何だと思いますか?

それは人に読んでもらえることですよね。

ではどうしたら読んでもらえるかと言うと、

 

その文章に臨場感を感じるから

 

だから面白いと思ってもらえるんですね。

そしてこの臨場感の出し方には「型」があり、

その一つが「時間」の活用となります。

 

時間を具体的にすると臨場感が出る

 

それでは文章力を上げる訓練法を紹介します。

この訓練法は文章に劇的に臨場感を持たせて、

効果的に読者に伝わりやすくする方法です。

例えば以下の文章を読んでみて下さい。

 

「どこかへ行った」

 

これだとどこへ行ったのか分からないですよね?

この時、以下のことを注意してみると良いです。

 

「時間」を具体的にする

 

時間を具体的にするとは何なのか?

では具体例として以下の文章をご覧下さい。

昨日、会社が休みだったので1日中パソコンの前にいました。

そして、途中でお腹が空いたのでコンビニに行きました。

そこで、パン一つとスナック菓子一つ買ってきて家で食べました。

 

どうですか?

いつ何をしたかが分かりますよね?

これだと読み手がイメージしやすくなるので、

最後まで読んでもらいやすくなります。

 

ただし!

 

ちょっとこれだと不十分なんですよね。

それにこのくらいなら誰だってやってます。

なのでもう少し具体性を出したいんですね。

そこで更に一工夫入れてみたいと思います。

 

時間を具体的にすればするほど臨場感が増す

 

実は上記の例では何となく想像出来ますが、

何となくという曖昧さが残ってしまうんです。

なので読み手としては、

 

「ふ~ん」

 

て感じで意味は理解してくれるけど、

心の奥まで入っていかないんですね。

なので、このように具体性を出します。

昨日は日曜日でした。会社が休みだったので1日中パソコンの前にいました。

そして、12時を過ぎたあたりからお腹が空いたのでコンビニに行きました。

そこで、パンを一つとスナック菓子を一つ買ってきて家で食べました。

 

こんな感じです。

さっきよりイメージしやすくないですか?

ここでのポイントは以下の2つです。

  • 「昨日」のところを「昨日は日曜日でした。」
  • 「途中で」のところを「12時を過ぎたあたりから」

 

という具合にしました。

スポンサーリンク

これだと、より読者に伝わりませんか?

これってちょっと付け足した程度なんですね。

このちょっとのひと手間を加えるだけで、

 

臨場感に雲泥の差が出るんです!

 

これは少し意識するだけで、

今からすぐに変えることが出来ますので、

ぜひとも意識して欲しいなと思います。

 

ただし!

 

更に言うと、

もっと具体的に書いても良いんですね。

 

更に臨場感を上げるコツ

 

文章において具体性は正義です。

具体的であればあるほど良いです。

例えば先程は、

  • 「昨日」のところを「昨日は日曜日でした。」
  • 「途中で」のところを「12時を過ぎたあたりから」

 

というところをポイントに、

具体的にしていきましたね。

更にここを具体的にしていくと・・・

  • 「昨日の12月22日の日曜日」
  • 「12時58分の昼を過ぎた昼寝時に」

 

という具合に更に具体的にしてみました。

これを文章にしてみると、

昨日の12月22日の日曜日のことですが、会社が休みだったので1日中パソコンの前にいました。

そして、12時58分の昼を過ぎた昼寝時にお腹が空いたのでコンビニに行きました。

そこで、パンを一つとスナック菓子を一つ買ってきて家で食べました。

 

こんな感じになりました。

このように、それはいつのことなのか?

結構イメージしやすくなってきたと思います。

もう一度最初の文章と比べてみて下さい。

昨日、会社が休みだったので1日中パソコンの前にいました。

そして、途中でお腹が空いたのでコンビニに行きました。

そこで、パン一つとスナック菓子一つ買ってきて家で食べました。

 

全然、雰囲気が違うのが分かりますか?

何処で何をしてるのかがイメージしやすいですね。

このようにちょっとだけ工夫を入れるだけで、

文章が全く違う印象になるんです。

 

その情報が詳しければ詳しい程、

「なんだか面白そうだな!」ていう感じで、

根拠のない期待感が読者の心に湧いてくるんです。

 

読まれるブログは作り方はちょっとした工夫

読まれるブログの作り方その1「時間」を活用した方法!

 

今回は「時間」を活用した方法でした。

そして文章に臨場感を持たせる最も良い方法は、

小説を参考にしてみてもいいかもしれません。

 

小説は読者のイメージがしやすいように、

臨場感のある雰囲気で書かれているものです。

 

それは新聞の記事と比べてみれば一目瞭然です。

小説で新聞のような堅苦しい感じで書かれていれば、

多分どの小説も売れることがないでしょう。

 

ブログも同じで堅苦しさは読まれません。

そもそもネットを検索する人の特性として、

サッと情報をキャッチしたいのがあります。

そのサッといきたいところに、

 

「お!?」

 

と思わせることが出来れば、

つまり立ち止まらせることが出来れば、

その先を読んでもらえるという訳ですね。

ぜひ「時間」の活用をしてみて下さい。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ