今の仕事に目標が持てないあなたの本当の人生設計の考え方

スポンサーリンク

仕事 目標 持てない

 

人間は目標がなければ努力はできません。

目指すものがあるからこそ頑張れるますよね。

けど今の仕事があまり好きじゃないとしたら?

目標が持てないのも当然のことだと思います。

 

じゅあ、どうすれば今の状況から変われるのか?

 

それはあなたの人生設計そのものを見つめ、

自分の本当の実現したい目標を知る必要があります。

 

けど悲しいかなほとんどの人は見つからず、

定年を越えて晩年まで生きてしまいます。

そして臨終が近くなってきた時に、

 

「あの時、本気でやっていればよかった・・・」

 

という後戻りできない後悔を抱くのです。

けど今この瞬間に気付いて意識を変えれば、

人生の再スタートに遅いということはありません。

 

ここで一度本当の人生設計について、

一緒に自分自身と向き合ってみませんか?

今回の記事がそのきっかけになれたらと思います。

 

前回は、人には4つタイプがあってそれを知ることで、

方向性をブレさせない羅針盤を持つという内容でした。

人間のタイプは4つある!関わるべき人を見極める方法

目標達成には学ぶことと行動することが大事だが…

 

目標を達成するために大切なのは、

学ぶことと行動することの2つです。

言い換えるとインプットとアウトプットです。

 

知識がなければ具体的な行動もできませんし、

行動しなければそもそも何も始まりません。

この両方が揃って目標は達成することができます。

そんなこと誰でも知ってる当たり前のことですね。

 

けどほとんどの人はそれが分かっていて、

そして実際にこの2つを元に目標達成を目指しても、

成功できる人はほんの一握りの人達だけなんです。

じゃあ、何が原因で成功できないかと言うと、

 

自らが諦めるという選択をするわけです。

 

成功まで続けることができないんですね。

かくいう僕も挫折と失敗の連続でした。

ホント諦めてきたことの方が圧倒的に多い。

 

仕事だって本当に好きでやっていない限り、

いくら素晴らしい目標を掲げたとしても、

最後まで貫き通すことはできないのです。

 

というか仕事という立場上の意識でやり、

会社が納得できるレベルで終わる程度です。

仮に仕事を辞めてその目標を実行できるか?

と自分に問い掛ければ分かると思います。

けど、それが人間の心理だと思うんです。

 

そもそも好きじゃないのに情熱なんて傾けられない。

 

というのが誰の心にある本音だと思います。

僕だってサラリーマン時代は適当に仕事してました。

今の仕事に目標が持てないなんて当然なんです。

なので仕事に不満があるのは仕方がないですが、

 

じゃあ、本当はどうなりたいのでしょうか。

 

その逆の状態を考えてみてほしいのです。

つまり今の状況とは逆の理想の状態ですね。

自然とイメージが浮かんではこないでしょうか。

 

人ってやりたいことを聞かれても分からないけど、

やりたくないことを聞かれると割と出てくるものです。

その逆の状態を考えると自分の本音が見えるのです。

 

これはネガティブな今の状況を明確にすることで、

その逆を考えて理想の状態を明確にする方法です。

手順を踏むと理想って案外見つけやすいんですね。

 

カーナビと同じで現在地が分からなければ、

どうやって向かっていいか分からないですよね。

 

大切なのは現在の状態を把握することなんです。

 

また、よく人生設計って生活の在り方とか、

生活やお金のやりくりのことではありません。

そもそもこうした生活上のプランにしたって、

 

自分が本当はどうなりたいと思ってるのか?

 

その上でプランを立てていくものなのです。

心の底から達成したい目標でもない限り、

最後まで貫き通せないのは当たり前のことです。

 

そして自分の本質なんて学校では教えてくれません。

今の悩みが解決できなくても当たり前なんです。

大切なのは自分を知ることなんですから。

 

 

内面からの変化で現実は変わると言うけど…

 

人が目標を達成する時って、

必ず以前の自分とは変わっているはずです。

簡単に言えばできない状態からできる状態です。

 

このできる状態になる過程において、

必ず内面での変化が起こるはずなんですね。

じゃあ、この変化って何なのかと言うと、

 

パラダイムシフトが起きたからなんです。

 

パラダイムシフトとは考え方が変わることです。

今まではできないと思っていたことが、

繰り返し行動することでできるようになり、

できて当たり前の状態になることです。

 

例えばスポーツだと分かりやすいですが、

最初はできない技でも練習を繰り返して、

やがてできるようになりますよね。

 

一度できるようになると、

次から簡単にできるようになってしまいます。

つまり、できて当たり前の思考になるんです。

 

これって最初からあったわけじゃありません。

練習によってできるようになったわけです。

これって物事の全てのことに共通します。

 

全ては内面でパラダイムシフトが起きるので、

できるようになって目標が達成できるのです。

 

今の仕事がそもそもが好きでもないなら、

その場所でいくら頑張ろうとしたところで、

自分の心に情熱の炎が燃え上がってこないので、

行動しても身には付いてこないのです。

 

やはり自分の中に情熱がないと、

同じ時間、同じ量をこなしても、

身に付き方に雲泥の差となってしいまうのです。

それでは時間と労力が無駄に終わってしまいます。

 

だからこそ、本当はどうなりたいのか?

 

この人生設計の基盤が大切なのです。

情熱とは才能であり、才能とは情熱です。

好きこそものの上手なれということわざがあるように、

好きだからこそ情熱によって優れた結果が出るのです。

 

そもそも才能って特別な能力なんかじゃなく、

好きだからこそ他人より圧倒的に情熱を傾けられ、

それによって能力が秀でてるだけなんですね。

 

 

目標達成率が高い人の持っている独特の視点

 

あるネットビジネスで、

年収1億円以上稼いでいる人の話を聞いた時でした。

その人は二十歳でネットビジネスの世界に入り、

最初の1年間はひたすら勉強していたそうです。

 

そしてわずか3ヶ月で、

月収100万円を超えてしまいました。

けど普通に勉強をたくさんする人なら、

世の中にたくさんいると思います。

 

けどその人に限っては、

1億円稼ぐという驚異の結果を出してるんですね。

じゃあ、普通の人とその人とどう違うかと言うと、

その人は勉強法に意識していることがありました。

それは一体何かと言うと、

 

最初はひたすら基礎を繰り返す。

 

ということでした。

何か特別な方法でもあるのかと思ったら、

その逆で地味なことを繰り返してたんですね。

 

けどメジャーリーガーのイチローだってそうで、

とにかく基礎である素振りをひたすら繰り返し、

結果としてメジャーの大舞台で活躍してるのです。

 

僕達は基礎はそこそこにして、

次のことに移りたくなってしまいます。

けどそこをグッと我慢して基礎を繰り返し、

言葉で説明できるくらい落とし込むことが大切です。

 

言葉で説明できるということは、

そのことに対して理解できていることであり、

言葉が曖昧だと落とし込めてない証拠なのです。

 

目標達成率が高い人って、

なにも特別なことをしてるわけじゃなくて、

基礎をしっかりと叩きこんでいるんですね。

 

自分の本音に気付いたら違う次元にいける

本日のまとめ:

  1. 目標達成には学ぶことと行動することが大事だが…
  2. 内面からの変化で現実は変わると言うけど…
  3. 目標達成率が高い人の持っている独特の視点

 

最後に僕の最近の事例をご紹介します。

僕はもうすぐ5ヶ月ですが投資を勉強してます。

どんな投資かと言うとFXのトレードです。

 

毎週送られてくる動画講義を中心に、

動画を何度も観てはチャートと睨めっこして、

毎日、最低3~4時間くらい勉強に当ててました。

 

学び始めてから4ヶ月くらいまでは、

動画で言ってることやメールで書かれてる内容は、

頭では理解できるしチャートも分析できるのですが、

デモでトレードをしてほとんど負けるんですね。

戦績は、最初の4ヶ月間は14勝64敗でした。

 

けどそれでも何度もチャートと向き合っていくと、

ある日、自分の中でパラダイムシフトが起きて、

そこから急に勝てるようになっていったんですね。

そして5ヶ月目からはなんと20勝12敗。

デモトレードですが勝ち越すことができたのです。

 

これもひたすら動画やメールを繰り返し見て、

チャートでひたすら分析を繰り返しただけでした。

スポーツで言えば技の反復練習をしただけです。

 

けど、繰り返すと抜ける瞬間がくるんですね。

 

僕達は初めて挑戦することほど、

自分を信じれなくなって自ら諦めてしまいます。

けど物事なんでもそうですが継続さえすれば、

 

必ず道が開かれていくことは確かなのです。

 

僕はネットビジネスで成功した時もそうでしたが、

今回のトレードにおいても同様の体験をしました。

これは僕が特別なことをしたというのではなくて、

ただただ基礎を繰り返していただけなんですね。

 

つまりは諦めずにずっと続けていたからでした。

 

これはあなたにも十分に当てはまることです。

今の仕事に目標が持てないというなら、

今の仕事で無理して情熱を注ごうとはせず、

 

まずは自分が本当はどうなりたいと思ってるのか?

 

自分の本音に耳を傾けてそれに素直になり、

そこを目標に掲げて具体的に行動に移していけば、

後は継続すれば自然と結果はついてくるのです。

 

関連記事:

目標を実現するのは方法ではなくたった1つの思いだけ

人生の目標の立て方-夢を実現する具体的な4つの考え

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ