人生の目標の立て方-夢を実現する具体的な4つの考え

スポンサーリンク

人生の目標の立て方-夢を実現する具体的な4つの考え

 

長い人生、目標を持っていきることは大切なことですね。

僕たちは小学生の頃から教えられてきましたが、

実際のところは、目標の立て方を知りません。

 

「夏休みは計画的に過ごしてください」

「宿題は毎日計画的に行いましょう」

 

このように目標を達成することは、

日々を計画的に行動するということです。

 

ということは、

 

「今日は、○○を○○くらいまでやる」

 

という風に、

毎日何をどのくらい行うのかを具体的にする必要があります。

 

そして、

 

人生の目標の立て方とは、

夢に向けて日々何をするかを決めて行動することで、

不可能と思い込んでいた夢も実現可能となるのです。

 

あなたも、もっと自分の可能性を広げてみませんか?

 

(前回は、コツコツ努力できない-苦しくなってきたときの4つの教えにて、

コツコツ努力できない人は、自分のことを知らないだけだったりします。

成功するために必要となる努力とは何かを人生のヒントとなるよう紹介しました。)

 

 

1、「いつか」ではなく「やる」と決める

 

僕は、

 

「いつかはやりたい・・・」

 

と思っていたことは実現が困難だったことを何度も経験しました。

「いつか」という表現は自信の無さの現れだったのです。

 

反対に、

 

「やってやる」

 

と「やる」と決めて行動することには、

たとえイメージ通りの実現はできなかったとしても、

 

そこに向かう姿勢にあきらかな違いがありました。

 

目標の立て方を考える前に、

 

目標に向かう姿勢がしっかりとあるかを確認することが重要です。

 

 

2、行動と目標のバランス

 

目標が明確になることで、具体的な行動ができるようになります。

 

行動が具体的でない場合は、

自分の目標が定まっていないことに素直になって見つめなければいけません。

 

そして、

 

行動していると、目標が明確になってくる場合もあります。

 

目標が明確でない場合は、

自分の行動が足りないことを認めて意識的に動かなければいけません。

 

このように目標と行動はバランスが大切です。

スポンサーリンク

この2つがセットになって、夢を実現することができます。

 

 

3、目標は行動の積み重ね

 

自分の目標を定めたら、

そこに向けて毎日小さな行動を積み重ねていきます。

行動を積み重ねることの最大のメリットは、

 

自分は目標を達成することができて当たりまえに思えることです。

 

いきなり大きく変化すると、

心理的に大きなストレスとなって抵抗感が出てきます。

変化にたいして心が拒絶してしまうのです。

 

ですが、

 

小さな行動を積み重ねることで、

心理的なストレスがなく目標を達成することができます。

 

変化にたいして「後悔」のような感覚も出ないので、

どんどん自分が変化することを楽しめるようになります。

 

毎日少しずつ、それでも一歩一歩は以前よりも大きくなる。

そんなちょっとずつの行動が楽しいのかもしれません。

 

 

4、目的と目標の違い

 

目的とは、自分が達成したい夢のことです。

目標とは、目的を達成するための、

 

  • 数値的目標
  • 行動的目標

 

以上の2つのことです。

数値的目標とは、なにをどのくらい行うかです。

行動的目標とは、今日1日どのくらい行動をするかです。

 

目的を達成するためには、いくらかの目標をクリアする必要があり、

目標は、数値的目標を決めて毎日なにをするかの行動的目標を定めることです。

 

また目標のもうひとつの側面として、

目的を達成するための目印の役割もあります。

 

たとえば、

 

カーナビに目的地をセットしても、

いざ走行してみると、どこで曲がっていいのか不安になることがあります。

よく地図を確認して「コンビニの角を曲がる」と目印を立てていれば、

実際に走行したときも迷うことなく曲がることができます。

 

 

人生の目標の立て方とは?

 

人生の目標の立て方とはシンプルに、

自分が本当はどうなりたいかの気持ちを確認して、

そこに向かって歩むだけです。

 

本当はとてもシンプルなのですが、

できないことへの思い込みが複雑にしてしまいます。

 

ですが、

 

できないと思うことは、それを認めることもひとつの方法かもしれません。

できることから広げていく方が効率がいいからです。

 

僕は、コーチングというコンサルタントやカウンセラーのような仕事を、

自分のビジネスにしようと思いましたが実現できませんでした。

 

ですが、

 

できることから広げるという発想で、

毎日記事を書いてそこに広告を貼り、

お金を生む仕組みをつくって収入を得ています。

 

これは僕のできないことへの思い込みがあったからです。

今の自分にできることを少しずつが楽しいのかもしれません。

 

人生の目標が立てられることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ