一人暮らしに必要な費用と社会人でお金に困らない節約術

スポンサーリンク

一人暮らしに必要な費用と社会人でお金に困らない節約術

 

社会人での一人暮らしで何が一番悩みかと言えば、

生活費に関する費用・・・つまりお金のことではないでしょうか。

いつも給料日前のギリギリになる状況を何とかしたいものですね。

 

そこで浮かんでくる考えとして節約をすることがあります。

だけど節約をしようとしてもなかなか続かなかったりします。

僕も生活難からいろいろと節約を試しましたがダメでした。

 

また当時はサラリーマンとして働いてはいたのですが、

景気によって残業や休日出勤の差があまりにも激しすぎて、

とても安定した収入を得られていたとは言えませんでした。

 

生活の費用はかかるのに収入は不安定だし仕事は不満ばかり・・・

 

そこで必要な費用を最低限に抑えつつ、

それでいて節約が苦手な人でも簡単にできる節約術で、

ギリギリの社会人生活から抜け出す方法をお伝えしたいと思います。

 

(前回は、無くした物を見つける「TrackR」!スマホから位置を把握にて、

一人暮らしでもし家の鍵を無くしてしまったら非常に厄介な問題ですが、

そんな危機的状況を予防できる方法についてお伝えしました。)

 

 

一人暮らしで1ヶ月にかかる費用

 

社会人になってからの一人暮らしでは、

1ヶ月にかかる費用はどのくらいかかるものなのでしょう。

僕自身、今も一人暮らしなのでひとつの参考例として紹介します。

 

生活にかかる費用:

  • 家賃 = 32,000円
  • 電気代 = 5,000円(過去1年間の平均)
  • ガス代 = 7,400円(過去1年間の平均)
  • 水道代 = 家賃に含まれるため無し
  • 通信費 = 2,500円
  • 生命保険 = 2,000円
  • 食費 = 30,000円
  • 娯楽費 = 20,000円
  • 雑費 = 10,000円

 

自家用車所有にかかる費用:

  • 燃料代 = 15,000円
  • 車検代 = 6,250円(15万円と仮定して24で割った計算)
  • 駐車場 = 家賃に含まれるため無し
  • 任意保険 = 2,440円

 

合計 = 132,590円

 

ざっと計算してみて13万円ちょっとくらいです。

僕の住んでるところは田舎なので車がどうしても必要です。

ですが車が必要ない都市部に住むとなれば費用は抑えられますし、

ガス代も都市ガスになればかかる費用はもっと抑えられるでしょう。

ちなみに電気代とガス代は節約は一切意識してません。

 

食費に関してはサラリーマン時代は、

1日1,000円を目安によくスーパーの閉店安売りを狙ってました。

昼は社食がありましたが朝はコンビニの菓子パンの生活でした。

朝から菓子パンなのは、あまり健康に良いとは言えませんね。

電気代とガス代以外ではお金をかけないよう意識してました。

 

 

誰でも簡単にできる2つの節約術

 

社会人で一人暮らしをするとなると、

すべてを一人で切り盛りしてやっていかなくてはいけません。

好きな物を好きなように買って好きなようにお金を使っていては、

あっという間に金欠状態に陥ってお金を借りるハメになります。

生活費のためにお金を借りるなんて生活難になるばかりです。

 

そこで多くの人は節約を考えると思いますが、

食費・電気・ガス・水道・娯楽・雑費・燃料代など、

いわゆる変動費を抑えようとして失敗するケースが多いです。

 

ぼく達は本能を抑えてまで節約し続けることはできません。

 

食費にしたって食べたいものを我慢し続けることは不可能ですし、

娯楽費でも友人と遊んだり、趣味があれば軽くオーバーします。

車の燃料代だってドライブして気晴らしをしたくもなります。

 

そんなやりたいことを我慢して節約をし続けることができますか?

僕にはそんなことは到底無理で変動費だけは毎月オーバーしてました。

でもそんな節約が苦手な人でもできる簡単な方法があります。

それは非常にシンプルなある2つの節約術で、

 

  1. 固定費を思い切って削る
  2. 部屋に物を買い入れない

 

以上の2つのことだけです。

これが最も簡単にできて、しかも継続できる方法です。

固定費は上記で言えば通信費・生命保険・自動車任意保険です。

一度やってしまえば後は何も手を加えなくてもそのままで楽ですね。

しかも削ってみても意外と生活上には何の問題ありません。

 

部屋に物を買い入れないように意識すれば余計な費用もかかりません。

お金を使うことと、部屋の中にある物の量とは実はリンクしているのです。

なぜならお金を使って買い入れるので、必然的に物も増えてしまうのです。

そこを物の入り口である”買う”という行為の前に一度考え直すことで、

余計な買い物をして後悔するということも防ぐことができます。

結果としてお金も節約できるというわけなのです。

 

 

家具家電を最小限にして費用を抑える

 

テレビ、冷蔵庫、掃除機、洗濯機、棚、机・・・

ぼく達は便利な生活を求めて家具家電がほしくなります。

だけどほしいと思ってしまうとキリがないと思いませんか?

そこで一人暮らしだからこそできる費用を抑える方法があります。

 

  • 冷蔵庫は35リットルの小型にして必要以上に買い入れない
  • 洗濯はコインランドリーを活用する
  • テレビは見ないならスマホを活用する
  • ベッドは1万円程度のシングルのものを購入
  • ネット料金や水道代など込みの賃貸に住む
  • 掃除道具はコロコロとハンディクリーナーのみ

 

このように買い入れて便利にすることよりも、

すっきりとシンプルにして快適な気持ちになることを目指すのです。

便利さを求めて買い入れても実は不要だったことってありませんか?

部屋の中に使われていない家具家電が眠っていないでしょうか。

 

上記の内容は僕のやっていることですが、

中には最初から考えておかないとできないものもあります。

ネット料金や水道代込みの賃貸は引っ越さない限りは不可能です。

 

だけど大事なのは今の生活環境の中でできることをする。

 

ということが大切です。

あなたにとってどんな部屋が住み心地が良いのか。

どうすれば無理なく自然と継続できる節約ができるのか。

どんな物が自分にとって本当に必要なものなのか。

そんな視点で常に考える意識が大切ではないでしょうか。

 

 

何もない空間だからこそ大切なことに集中できる

 

僕は今現在でも今回お伝えした内容で生活しています。

変動費に関してはコントロールしきないところはありますが、

少なくとも「使いすぎた」とか「節約できなった」など、

お金に対する罪悪感はほとんど感じません。

 

必要最小限のできるかぎり何もない空間にするからこそ、

あれもこれもと頭の中がごちゃごちゃすることも減り、

 

本当は自分は何がしたいのかに集中できるようになります。

 

こうした生活の中の工夫を積み重ねることで、

ブログを使った副業をはじめることができました。

なぜなら実際の部屋の中の状態をすっきりとさせることは、

同時に脳にも影響を与えることができるからです。

 

単純に視覚によって入る情報が異なりますし、

何もない空間にすれば、物を買い入れることもなくなり、

今まで物理的な物への意識が薄くなっていって、

 

結果的に目に見えない大切なことへ意識が向くようになるのです。

 

ぼく達は何のために生きているのか、

なぜこんな退屈な仕事を嫌々やらなければいけないのか、

自分が本当にやりたいと思っていることは何なのか、

こんな人付き合いは本当はしたくないのになぜだろうとか、

自分のことが見えずにずっと生き続けています。

 

自分を変えたいと思うのなら、

最も身近な環境である自分の部屋から見つめていき、

今の自分にできる小さなことからやってみることが大切ではないでしょうか。

社会人になって一人暮らしをされているなら最も自由だと思います。

費用を抑えることだって自分の判断だけでできますね。

 

人生を楽しめることを祈っています。




 
サブコンテンツ

このページの先頭へ