辛い時期っていつまで続くものなんだろう?

スポンサーリンク

辛い時期っていつまで続くものなんだろう?

 

人生とは調子の良い山の時期もあれば、

調子の悪い谷の時期が訪れることもあります。

そして谷の時期はいつまでも続くように感じ、

辛い時期がいつまで続くのか悩みがちです。

 

辛い時期っていつまで続くものなんだろう?

辛い時期っていつまで続くものなんだろう?

 

何もしなければいつまでも続いてしまいます。

 

辛い時期はいつも感情に振り回されていた

 

僕は思い返せば辛かった時期は、

いつも自分の感情に振り回されていました。

20代後半の時に職を失って借金が残った状態で、

一人暮らしを諦めて実家に戻った時がそうでした。

 

あの時は実家に戻っても生活の援助は一切なく、

どころか洗濯、風呂、トイレ、台所が使えなくて、

せいぜい家賃が掛からないだけがメリットでした。

 

家に帰るのは文字通り寝に帰るだけの場所で、

後のことは全て外出先で済ませてました。

 

そんな生活状況でも安定した仕事は見つからず、

まずはすぐできる深夜の宅配の仕分け作業をやり、

数日後には昼間で測量補助の掛け持ちをしました。

 

何れも期間限定のアルバイトだったので、

掛け持ちしながらバイトを転々としてました。

それでもせいぜい手取りで20万程度しか入らず、

睡眠を削って働いても借金が300万近くあったので、

まるで長く暗い穴の底に突き落とされた気持ちでした。

 

そんな辛い時期にあった僕は、

普段どんな気持ちで過ごしていたかと言うと、

常に不満や怒りや悲しみなどの負の感情でした。

 

何を食べても味気ないし、何をやっても楽しくない。

何の為に生きてるのか、何で自分がこんなに不幸なのか、

世の中のあらゆるものが許せなくて嫌になってました。

僕は完全に世の中全てに責任転嫁していたのです。

 

辛い時期を好転させるには1つに絞ること

 

そんな僕でも辛い時期はいつまでも続かず、

少しずつ状況は回復していきました。

 

まずアルバイトを転々としていたのが、

派遣社員となって手取りが30万になりました。

仕事そのものは決して楽ではなかったのですが、

いつまでも暗い穴蔵に居続けるよりマシでした。

 

約2年で300万近くあった借金を全額返済し、

残りの貯金で再び一人暮らしを始めました。

 

実家では父親一人しかいませんでしたが、

顔を合わせる度に罵声を飛ばされていましたし、

スポンサーリンク

勝手に部屋を荒らされたりと嫌がらせを受けて、

実家に居ることに精神的に疲れ果ててました。

 

自分の家で温かいシャワーを浴びられること、

自分の家で温かい白飯を気にせず頬張れること、

日常の当たり前のことに物凄く感動しました。

 

けど仕事ではパワハラを受け、孤立状態だったので、

精神的苦痛は半分だけ楽になった程度でした。

 

そこで一人暮らしで家では誰も邪魔がいないので、

ブログに広告を貼って毎日記事を書き始めました。

副業時代は会社の給料が手取り10万程度でしたが、

ブログからの収入が10万ほど入ってきてたので、

そんなに生活に困るということはありませんでした。

 

そして会社の給料と逆転してきた時に、

思い切って会社を辞めて独立という道を選びました。

 

僕が辛い時期にやってきたことと言えば、

最初は借金返済とまともな生活を取り戻す為に、

時給の高い派遣社員の仕事に集中してたことです。

 

その後は仕事での辛い時期を変えていく為に、

毎日ブログを書き続けることに集中しました。

あれこれやらずに1つに絞って集中してたのです。

 

すぐに状況が一変できるなんて諦めること

 

いずれにしてもそれなりの時間は掛かりました。

自分の生活を取り戻すにしても3年は掛かってますし、

副業にしてもブログを書き始めて1年で独立しましたが、

それ以前の準備期間を合わせると約7年掛かってます。

 

そんな独立した今も今年の3月に、

Googleアップデートによる大幅なアルゴリズム変動で、

多くの個人ブロガーやアフィリエイターが被害を被り、

僕自身もその被害を受けて収入が激減しました。

 

そんな辛い時期が訪れるかもしれないと予見して、

リストマーケティングやYoutubeにも挑戦しましたが、

2~3年単位でやりましたが結果が出ませんでした。

 

しかし2018年4月より投資を学び始めており、

1年半経った今は月利10%まで成長してきました。

 

何にせよ状況がすぐ一変することはありません。

1つに絞って少しずつ自己成長をしていくことで、

ようやく現状から抜け出すことができるのです。

 

具体的な行動にしか具体的な結果は得られない

辛い時期っていつまで続くものなんだろう?

 

1つに絞って具体的な行動を起こし続けなければ、

自分が心から望んでいる結果なんて得られません。

 

当時の僕のように世の中をただ恨むだけでは、

一向に変わらないどころか年齢だけは重ねるので、

現状維持どころが悪くなってしまう一方です。

 

経済力、健康、人間関係、精神性何れにしもて、

川の流れを逆行するように自分の意志で泳がなければ、

どんどん下流の方へと流されてしまうのです。

 

流されるだけの人生が如何に不満ばかりになるか、

やはり人生の舵は自分で握った方が楽しいのです。

同じ苦しみでも希望がある方がよっぽどマシです。

僕は常に自分の人生の舵を握っていきたいと思います。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ