人間関係を断捨離する時の基準はたった1つだけだった

スポンサーリンク

 

人間関係 断捨離 基準

 

僕は2014年1月に、

副業をする為に人間関係を断捨離しました。

一度、関係性をリセットする必要がありました。

そこでその時に考えていた基準は、

 

自分の目的を達成するため・・・

 

というものでした。

なんだか人間関係の断捨離と聞くと、

意図的に関係を切るような感じに聞こえますし、

冷たい人間のように感じてしまうかもしれません。

けど目的を達成する為に行動を起こしていくと、

 

自然とそうなっていった・・・

 

という感じなんですね。

ということで今回のテーマは、

人間関係の断捨離をする時の基準についてです。

僕が独立するまでの経験を元にお伝えしますので、

他とは違う視点から理解することができます。

 

今回の内容を読んで頂くことで、

人間関係の断捨離は何を基準にすべきかが分かり、

それによって自分のやりたいことの実現だけでなく、

人間関係での後悔や失敗を防ぐこともできます。

 

前回は、捨てることができなくて掃除が捗らない時に、

僕が実践している画期的な捨てる方法をお伝えしました。

年末の大掃除に捨てることができない時の簡単な解決策

得たいものがあるなら先に差し出す必要がある

 

そもそもなぜ断捨離というのがあるのでしょう。

物を捨てることで気持ちがすっきりすることや、

本当に必要なものを見極められるようになるなど、

断捨離をすることのメリットはたくさんあります。

ですが僕は断捨離には成功に必要不可欠な、

 

得たいものがあるなら先に差し出す・・・

 

という考えに深い関係性があると思ってます。

先に差し出すことで覚悟を決められるんですね。

 

僕が副業を始めようと思った時の話ですが、

覚悟を決めないと成功は無理だと感じたんです。

なので人間関係の断捨離することを決めました。

 

そうすることで副業に集中する為だったのです。

なので当時は完全に孤独の状態を選択しました。

 

勿論それだけじゃなく、

15年間続けていた格闘技も完全に断ちましたし、

それまでやっていた他の副業も完全に断ちました。

なるべく真っ白な状態にしようとしたんですね。

 

なぜなら、その方が圧倒的に成功できるからです。

 

けど人間関係って親兄弟のような血縁関係もあり、

生きてる限りは切れない人間関係もあります。

それにいくら自分の目的を達成したいからと言って、

完全に人間関係を断ちたくはないとも思ってました。

 

なので僕は以下でお伝えする考え方をすることで、

人間関係を失うことなく目的達成を目指しました。

 

 

捨てるというよりは一旦距離をおくという考え

 

人間関係を断捨離する時の基準って、

誰と縁を切るみたいに思われてる節があります。

 

あの人は合わないから縁を切ろうみたいな感じで、

それを人間関係の断捨離みたいに思われがちですが、

だけど本来はそういうことではなくて、

 

自分の目的を達成する為の手段なのです。

 

その上で誰と関わって誰と距離をおくのか?

というのを整理することを言うわけなんですね。

 

なので「誰が」というのではなくて、

「自分がどうなりたいか」ということなのです。

スポンサーリンク

 

こうした視点で考えた場合、

その後の関係性は悪くなり難いはずなんです。

そもそも相手を嫌ってやってるわけではなくて、

自分の目的を軸に考えているからですね。

 

勿論、100%悪くならないわけじゃありません。

もしそれでも関係性が悪くなるようなら、

それこそ元々価値観が合わないだけの話なので、

今まで気付けなかったことに気付けるわけです。

 

僕は一旦全ての人間関係から距離をおきました。

一緒に遊んでいた友人とは遊ばなくなりました。

 

元々が人付き合いがいい方ではなかったので、

特に問題にはならかったというのもありますが、

お陰で仕事では毎日3時間残業に隔週夜勤でも、

副業に集中できる最大限の環境は確保できました。

 

 

一度リセットして自然と集まる人間関係を構築

 

このように一旦距離をおくと考えれば、

わざわざ縁を切るなんて考える必要はありません。

 

距離をおくことで一度リセットすることができれば、

時間を空けたことによって関係性を再構築できます。

 

時間を空けることのメリットは、

距離が近すぎることで見えたなかったこととか、

見落としていたことで勘違いして解釈してたことなど、

水に流すことでお互いに冷静になれることです。

 

まさに時間を空けることで水に流すというわけですね。

 

やっぱり他人のことなんて恨みたくないし、

そんなこと考えてる時間って苦しいじゃないですか。

 

それで何か納得できる答えが見つかるわけじゃなく、

悶々とした時間だけが過ぎていくばかりなので、

生産性のない無駄な時間を過ごしてしまいます。

 

結局は本当はどうなりたいのか?

 

という自分の本音と素直に向き合ってみた時、

大概の人は平和的な解決が一番ではないでしょうか。

 

裏切られた時に立ち直る~に書きましたが、

僕は去年、かなり酷い詐欺被害に遭いました。

その人のことが許せないし心の傷は癒えないです。

 

けど憎むことばかり考えても何も解決しないので、

乗り越える為に実業も投資もひたすら勉強してます。

 

 

本当はどうなりたいかの軸があってこその断捨離

本日のまとめ:

  • 得たいものがあるなら先に差し出すこと
  • 自分の目的を達成する為のひとつの手段
  • 一旦距離をおくことで関係性をリセット

 

ということで今回は、

人間関係を断捨離すべき基準というテーマでした。

その基準とは自分の目的を達成する為に、

 

何を先に差し出すかを考えることです。

 

その上で誰と関わって誰と距離をおくのか、

それが人間関係の断捨離の本質なんですね。

なので縁を切るということではありません。

 

縁を意図的に切ろうとしなくても、

切れてしまう人は自然と切れていきます。

 

もし縁が切れなくて悩み続けてしまうなら、

それはあなた自身が自分がどうなりたいのか?

そこが明確になってないから曖昧になるんですね。

 

これは決して責めてるんじゃないんです。

人って自分が傷付くことではじめて分かることって、

結構多いんじゃないかなって思うんです。

 

なので自分の人生を自分が主体となって考え、

まずは自分が本当はどうなりたいかを明確にし、

その上で何が不要で何が必要なのかを考えること。

 

これは物事の全てに共通する基本となりますので、

ぜひこのような視点でも考えてみて下さい。

 

本日の内容はお役に立ったでしょうか。

次回もよろしくお願いします^^

 

関連記事:

人間関係を断捨離する方法-僕が実践して得られた5つの効果

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ