断捨離をしてスッキリした生活になって得た5つのメリット

スポンサーリンク

断捨離をしてスッキリした生活になって得た5つのメリット

 

今回は断捨離って効果あるんでしょうか。

て、質問を頂いたことがあるので回答します。

 

断捨離でスッキリ生活

断捨離をしてスッキリした生活になって得た5つのメリット

 

今でも物がないスッキリした生活を維持してます。

 

断捨離して得たものは絶大だった

 

僕は31歳くらいの時に、

約半年掛けて部屋の断捨離をしました。

2階の2つの部屋の95%以上は捨てました。

 

それによって今では捨てることに迷いがなく、

だからこそ自分の本質に気付くことが出来て、

仕事でも良い影響が出たことを実感してます。

 

僕自身が実際の生活の中で得たメリットとして、

5つほど厳選して紹介していきたいと思います。

 

1、物を厳選して買い入れなくなった

 

まず部屋に物を入れなくなりました。

これは割と多くの人が経験すると思いますが、

一度とことん断捨離をするとそうなります。

 

多分、中途半端だとリバウンドしますね。

なのでやるなら徹底した方が習慣になります。

 

そして無駄遣いしなくなるのも確かです。

あまり部屋に物を入れたくなくなるんですね。

物を入れるなら意味のある物を考えます。

  • それを買うことで自分がどうなれるか
  • 目的以外にどんな副産物が得られそうか
  • 本当にそれは欲しいと思ってるものか
  • 今このタイミングで手にするべきものか

 

こんな感じで買う前に考えますね。

つまり安易に欲しいという一時の感情だけで、

無暗にお金を使うことが無くなりました。

 

お陰で断捨離をして8年経ちますが、

未だに部屋の物は限りなく少ない状態です。

自分にとっては居心地が良い部屋です。

 

2、物事の細部に意識が回るようになった

 

断捨離をしてずっと部屋に物がない状態ですが、

どこに何があるのかしっかり把握出来るんです。

 

なので忘れてしまうほど放置してしまうとか、

それで何年も経つなんてことがなくなりました。

 

それだけじゃなく生活のあらゆる場面で、

断捨離をしたことの効果を実感するんですね。

 

例えば僕は仕事の時によく感じるんですが、

文章を書く時に適当な気持ちではやらず、

集中力が回復して取り組んだりしてます。

仕事って集中力が途切れてくると、

 

「まあ、このくらいでいいか!」

「ここは面倒だから適当にしよう」

 

みたいな感じで質が落ちることがあります。

けどそれだと結局後味が悪くなるんですね。

文章なので書き手の心が出てくる訳です。

 

集中力が途切れたら一旦回復するまで待って、

研ぎ澄まされた状態で再び取り掛かろうとか、

集中力の維持を工夫するようになりました。

 

部屋の細部に意識が回るようになったことで、

気持ちの面でも細部に意識が回るようになり、

仕事にも影響があるなと実感しています。

 

3、感情のバランスが保てるようになった

 

断捨離による感情の影響は大きいですね。

僕はどちらかと言うと部屋というよりは、

自分自身の内面の変化を感じてます。

 

感情のバランスもそうで、

辛いとか苦しいだけじゃなく楽しい時とか、

しっかり自分の内面を見るようになりました。

それによって何が良いのかと言うと、

 

自分の感情に流されなくなる

 

というのが出来てくるんですね。

スポンサーリンク

つい感情的になることってありませんか?

出来事の後に内面を見つめるようになって、

考えが卑屈になり過ぎないようになるとか、

上手くバランスが保てるんですね。

 

というのも部屋の物が少なくなることで、

自分自身と向き合わざるを得ないからです。

 

他のことで気を紛らわすとか無いので、

物が無い部屋で過ごすということは、

必然的に自分の内面と向き合う訳です。

 

4、集中して取り組む環境作りが出来る

 

部屋に無駄な物がないということは、

必要なことだけに集中して取り組めます。

 

僕は2014年1月に副業をしました。

その時は机とベッドとパソコンのみの状態で、

副業以外にやることは無い状態にしてました。

 

お陰で集中して取り組むことが出来て、

1年3ヵ月後には独立することが出来ました。

 

もし他に気を逸らすような物があったら、

今頃はまだサラリーマンだったかもしれません。

何もサラリーマンが悪いと言う訳ではなくて、

 

如何に自分と向き合って進み続けるか

 

何かに挑戦するということは、

必ず何らかの壁にぶち当たるものなんですね。

そんな時はしっかりと自分と向き合う必要があり、

自分から逃げてはいけないところなんです。

 

徹底して断捨離したことで、

部屋の状態が整っていたことは良い誤算でした。

 

5、潔く諦めることで成長速度が上がった

 

これは断捨離の最も大きな効果だと、

僕自身はこれまえの人生を通して思います。

 

例えば2011年からコーチングを学んだ時、

これを仕事にしたいと思って練習してました。

けど他人と関わることが苦手だった僕は、

そもそも向いてないことが分かりました。

 

その時300人とセッション練習をしており、

諦めることって結構勇気が必要だったんですね。

 

けどその時の未練を思い切って手放してみると、

新たな可能性を見出すことが出来ました。

それが2014年からのネットビジネスです。

 

他にも最近では1年半学び続けた投資ですが、

講座で学んだことを捨てて独学でやってます。

1年半経って結果が出ないので捨てました。

お陰で今は最も良い成績が出せています。

 

失うことって怖れてしまうものですが、

捨てることで執着してたことに気付けて、

 

その奥の大切なものに気付けるんです。

 

これは捨ててみないと何があるか分かりません。

けど一度思い切って捨てるという経験をしたので、

今では執着を見極めて手放すことが出来ます。

 

人生変えたいなら徹底した断捨離はお勧め

断捨離をしてスッキリした生活になって得た5つのメリット

 

2011年に本気で断捨離に取り組んだ時は、

当時は断捨離という言葉すら知りませんでした。

ただ人生を本気で変えたかったんですね。

 

というよりは変えないと先がなくて、

まともに正社員すらなれないと思ってたからです。

実際、製造業の契約社員が関の山でした。

 

そんなんじゃ一生人生を棒に振ることになる・・・

 

そんな未来が嫌だったんです。

けど何をどうしたらいいか分かりませんでした。

そこで自分を変える為に何でもしようと思い、

自分の部屋に目を付けた訳です。

 

何か変わるかもしれない・・・

ただそれだけで必死に物を捨ててました。

 

当時の僕は状況的に切羽詰まってましたが、

そこまでじゃなくてもそれなり覚悟を持って、

断捨離に臨めば効果は出てくると思います。

 

関連記事

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ