報われない努力なんて面倒くさい

スポンサーリンク

報われない努力なんて面倒くさい

 

僕は面倒くさいことが大嫌いです。

やりたくないことを我慢することはできません。

なぜならそれが将来的に報われないからです。

自己犠牲なんて正義でもなんでもないのです。

 

報われない努力なんて面倒くさい

報われない努力なんて面倒くさい

 

人間はもっと我儘に自由であるべきです。

 

サラリーマン時代で得たものは何もなかった

 

僕自身はサラリーマン時代において、

今の生き方に役立ってるものはありません。

仕事のやり方なんてその職場でしか使えないので、

辞めてしまえば何の値打ちもなるなるからです。

 

なのでこれまで数年我慢して努力してきたことも、

一体何をしてきたのか今でも分からないほどです。

 

積み重ねたものが活きなければ意味がないのです。

 

仕事は定時でも1日8時間も使ってしまいます。

残業すれば1日の半分も使ってしまうのです。

それがただの生活費を稼ぐ為だけとするなら、

折角人として生まれてきたのに勿体無いのです。

 

だからこそ人間はもっと我儘で自由であるべきで、

誰かや何かの為に我慢すべきじゃありません。

 

誰かの夢の実現の手伝いなんて面白くない

 

会社に雇われることとはどういう意味でしょう。

それは自分立場からすれば生活の為です。

けどそれは自分ていう視点での話なのです。

けど本質的にはもっと違う視点がありそれは、

 

社長の夢の実現の手伝いをさせられてるのです。

 

会社という組織の中での成功者は誰でしょう?

部長でもエリートでも役員でもありません。

その会社を立ち上げた社長ただ一人だけです。

 

それ以外は社長に雇われた人間であり、

雇われてる立場上、自分の上に誰かが存在し、

その誰かの言うことに従うことになるのです。

 

それがどんなに他人に誇れる職業であろうと、

その構図から逃れられることはできません。

そこに即する限りは縛られてしまうのです。

 

それでも心から納得できるならいいですが、

世の中のほとんどの人は不満を抱いてます。

結局お手伝いの立場では不満になるのです。

 

圧力によって努力が報われないことがある

 

それはたとえ独立して起業したとしても、

同じパターンで苦しむ人が意外と多いです。

例えば下請けのような立場にある場合です。

 

これでは上下関係のようなものができ、

仕事を与えてもらわないと存続できないので、

結局言いたいことも言えず我慢することなります。

スポンサーリンク

不思議と主従関係のようなものができる訳です。

 

他にはネットで起業することも同じです。

ブログで集客をして自分のサービスを提供しても、

集客の流れを作るには検索される必要があります。

 

けどネット上のアルゴリズムとは常に変動しており、

ルールに反しいると判断されるといきなり遮断され、

今まで築き上げてきた流れを断ち切られてしまうのです。

 

そうなるとネットではなくリアルに頼るしかなく、

あまりに非効率で仕事だけの人生になってしまいます。

その割に収益が上がらずの苦境に立たされてしまい、

9割の企業がぎりぎりの状態になっている訳です。

 

そうなるとよほど好きじゃないとできないことになり、

だったら起業なんてしない方がいいとなってしまいます。

けどサラリーマンのままにしても不満のある毎日です。

そう感じている人って意外と多いのではないでしょうか。

 

どう生きるかは自分次第だか折角なら・・・

 

どんな人生を生きるかなんて人それぞれです。

それぞれ個人の自由で今の時代は尊重されます。

 

しかし、優秀な労働者を育てるのが、

今の日本の教育の仕方で今後も続いていきます。

国語、算数、理科、社会など平均的に学ばされ、

個人の才能なんて無視した教育体系のままです。

 

時間も決まっていて厳守するよう教育されます。

このように決められたことに従うよう学ばされ、

僕達は疑うことなくそれを信じて育ってきました。

その結果、不満のある日々を送っている訳です。

 

それは親も先生も周りの人が全てそう思ってるので、

そうではない生き方や考え方に気付けないのです。

地球は球体ですが地球に住んでると分からないのと同じで、

自分の見ている世界では気付くことができないのです。

 

唯一はあまりに辛い現状に立たされることで、

自分に疑問を抱くようになって初めて気付けます。

 

積み重ねたものが生涯活きるものだけに

報われない努力なんて面倒くさい

 

自分がこれまでに積み重ねてきたものが、

生涯に渡って活きなければ意味がありません。

その時過ごした時間は無駄になってしまいます。

 

どうせなら積み上げたものが活きて、

それによって人生が豊かになっていく方が、

よっぽど楽しくて遣り甲斐もあります。

 

僕はその真実を求めて投資の世界に入りました。

ネットで起業しても今はGoogle一強時代なので、

こうした社会構図は裸の王様状態そのものであり、

必ず淘汰される時は訪れるものです。

 

今、それを言っても信じ難いかもしれませんが、

調べてみると意外とそうでない事実が見えてきます。

Googleの問題は広告とセキュリティとアルゴリズムです。

その問題を解決するブロックチェーンに取って代わられ、

ネットにおける革命が起こるのも遠くはないのです。

 

今後ネットの世界は戦国時代のようになり、

その世界で生き続けるのは厳しくなるでしょう。

せいぜい副業程度に留めるくらいが丁度良く、

ネットを生活の主軸にするのは個人には困難です。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ