将来性のあることだけを淡々と積み重ねる

スポンサーリンク

将来性のあることだけを淡々と積み重ねる

 

僕は安定を捨てて独立の道を選びました。

というよりそうしざるを得なかった状況でした。

だからこそ未来に繋がる行動をしないといけません。

 

今日は将来性のある行動を積み上げることについて、

思ったことを話していきたいと思います。

 

将来性のあることだけを淡々と積み重ねる

将来性のあることだけを淡々と積み重ねる

 

積み重ねたものが未来に活かせないと、

時間とお金と労力の無駄になるだけです。

 

人生が振り出しに戻るのは何故か?

 

僕は過去に何度も転職をしてきました。

養鶏場とか、アダルトビデオ店とか、製造業とか、

長く続いたものでせいぜい5年くらいでした。

 

大概は数年間は働いているのですが、

どこかで我慢の限界がきて辞めてしまっていたり、

人間関係の問題に巻き込まれて辞めたりと、

ずっと働き続けることも難しいものでした。

 

そもそも会社の悩みは人間関係が断トツです。

なぜなら自分ではコントロールできないものなので、

神経を使うし感情的にもなりやすいのです。

 

そんなこんなで何度も転職を繰り返しましたが、

転職して新しい職場で働く度に一からでした。

以前の仕事で培ったものは何一つ役に立たず、

その度に報われない努力だと虚しく感じました。

 

とは言え同じ業界で転職すれば、

それでも知識や経験を活かすことは可能でしょう。

そもそも僕は雇われることが向いてなかったので、

それ以前に手に職すら付けられませんでした。

 

このように何度も降り出して戻ってしまうのは、

その場所が自分にとって根本的に合わないからです。

合わない場所でいくら努力しても報われません。

 

僕はそのことが頭では分かっていながら、

けど具体的にどうすればいいか打開策が分からず、

気が付いたら10年以上も無駄にしていました。

 

独立してからも振り出しに戻った

 

それで断腸の思いで決断し、

独立という全く別の生き方を選択しました。

しかし5年後に大規模なGoogleアップデートにより、

現状では生活ができない状況に追い込まれました。

 

それまで何とか乗り越えてきてはいたのですが、

今回ばかりは完全に息の根を止められてしまいました。

とは言っても雇われていた頃よりはマシと思っていて、

それでも独立の道を選んで後悔は全くありません。

 

今の現状より雇われたまま生きていた方が、

圧倒的に人生が不幸のままなのが分かるからです。

 

ただ独立してビジネスの道を歩んでいますが、

ストライクゾーンの枠に何とか入るぐらいで、

どこか根本的に変える必要があると感じてました。

これは軌道に乗っている時期から感じてました。

スポンサーリンク

 

案の定、経営が困難な状況に陥り、

根本的に現状を見直す機会が訪れました。

心のどこかにこの状況が訪れることを予見しており、

訪れた時は「遂に来たか」という感じでした。

なのでむしろ冷静になってました。

 

予見していたからこそ対策を考えていた

 

独立して1年目から既に感じてました。

どこかで根本的に変わっていく必要があることを。

なので独立1年目の12月に20万払って教材を買い、

マーケティングの勉強を始めるようになりました。

 

LP、メール原稿、セールスレター、特典など、

必要なものを用意して仕組みを作っていきました。

実績、立ち位置などブランディングも考えていき、

誰にどんな思いで何を伝えたいのかの理念を考え、

日々勉強をする毎日を送っていました。

 

独立3年目にはYoutubeの動画配信を始めました。

とは言ってもYoutuberのような表に出るのは嫌なので、

自分を一切露出しない方法でやっていきました。

 

何れの挑戦もなかなか軌道に乗りませんでした。

月数万円は何とか稼ぐことはできたのですが、

それが立派な柱と言えるには程遠かったです。

 

そんな中、ある人の紹介を受けて、

あるクローズドな環境で投資を学び始めました。

僕が運が良いというならせいぜいこれくらいです。

自分の道を切り開くカギとなる情報というのは、

人から流れてくることが意外と多いようです。

 

投資に関しては何度も打ち砕かれましたが、

何故か不思議と諦めるというのがありませんでした。

というか諦めるという概念がないという感じです。

僕にとっては常にここにあるものという感じです。

 

僕が独立を果たした時も同じ感覚でした。

世の中の多くの人は諦めるという概念があり、

ある程度努力したら元の生活に戻るようです。

 

しかし、僕には戻る場所がない感覚だったので、

諦めるという概念そのものがありませんでした。

その代わり常に追い掛けるものという認識でした。

 

だからこそ独立して以降も常に行動を続け、

いざという時の対策を考えてました。

 

将来性のあることだけに厳選してそれ以外を捨てる

将来性のあることだけを淡々と積み重ねる

 

今の僕にとって最も将来性のあるのは投資です。

投資のスキルを身に付けてしまえばかなり強いです。

なぜなら市場規模が世界レベルだからです。

 

本質的なスキルさえ身に付ければ、

為替、株、仮想通貨などどの金融商品も応用が利き、

時代の変化にも上手く対応していくことも出来ます。

 

僕はそれでもビジネスを諦めた訳じゃありません。

文章力そのものは時代に流されない普遍性があり、

時代の波を乗りこなせる力があるはずだからです。

 

なので投資という世界である程度成功を収めたら、

マーケティングを軸にビジネスを展開させます。

それに今現在ではサイトの1つに回復の兆しがあり、

記事を入れて今の手法が活かせるかも見ています。

 

誰もが平坦な道を歩み続けられるものではないので、

訪れた人生の節目をしっかりと思考を巡らしつつ、

未来に希望のあることだけ積み重ねていきます。

それ以外は完全に捨てるくらいで丁度良いです。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ