潜在意識で自愛-目標に向かって自分を変える方法

スポンサーリンク

潜在意識で自愛-目標に向かって自分を変える方法

 

潜在意識にはどんな能力が秘めているのでしょうか?

あなたは「自愛」という言葉に聞きなれないかもしれません。

自愛とは自分を大切するという意味です。

 

僕たちは目標に向かって努力しようとします。

しかし、それがツライと感じるときは必ずあります。

 

達成したいと心から思うのに、

なかなかやる気が出てこなかったり持続しなかったり、

自分の意志を最後までつらぬくことができず、

途中で挫折してしまうこともありますね。

 

本当に自分の夢を達成したいのであれば、

達成するだけの自分に変わる必要があります。

行動する習慣を身に付けなければいけないのです。

 

ですが、自分にムチ打ってがんばり続けることは、

とてもツライことでもあります。

自然と行動できるようになるまでは時間が掛かるものです。

 

行動を変えるという真の意味は、

 

その行動がツラく感じなくなるまで自分を変えること。

 

そのためには潜在意識について知ることが大切です。

もっと分かりやすく言うと自分を知るということです。

人間の思考や行動をつかさどる潜在意識に自己暗示していけば、

自分を大切にする…自愛しながら目標達成は可能です。

(前回の記事、友情は見返りを求めない-「与える」という10の考え方

 

 

潜在意識はどのような仕組?

 

潜在意識とは見て、聞いて、感じたことによる、

実際の経験の積み重ねによって形成されます。

 

目標を達成したい場合、

自分が目標を達成するために考えていることを、

実際に行動に移して経験することで、

どんどん潜在意識に刷り込まれていき、

失敗すれば軌道を修正しながら目標に向かっていきます。

 

なので、目標にたいして壁を感じてしまうことや、

ゴールに向けて道をつくっていくことは、

全ては自分の思考によるものなのです。

 

できないことも思い込み。

できることも思い込み。

 

全ては自分がどう思うのか。

たったこれだけのことです。

 

今、取り組んでいることに行き詰まりを感じているならば、

それは潜在意識に自己暗示をかけると、

目標達成に都合のよい思い込みをつくることができます。

 

 

潜在意識を変える自己暗示法

 

お金持ちでもないのに、

 

「俺はお金持ちだ!」

 

と実際に言葉に出すと抵抗を感じないですか?

僕たちは今・この瞬間にできないことを実際にできると思うことには、

抵抗を感じてしまうようです。

 

それは自分に「できない」と暗示を掛けているからです。

 

これを目標達成に置き換えてみると、

目標に向かって歩んでいるときに途中で進めなくなってしまった場合、

「できない」自分と遭遇したことになります。

 

そして潜在意識からネガティブな感覚を通して、

メッセージを送ってくれているのです。

 

「ここの○○という部分が君の目標達成に抵抗を持っているようだ」

 

僕は実際このようなときどうするかと言うと、

シャワーを浴びながら、

 

「できる、できる、できる!」

「やるぞ、やるぞ、やるぞ!」

「動け、動け、動け!」

「もう既にできている!とにかく動け!」

 

最近ではパソコンを向かう前に、

 

「俺は○○を手に入れている!」

「俺はもうできている!」

「俺は既に達成している!」

 

このように少し眉間に力を込めて心の中で念じています。

シャワーを浴びるときでなくても集中できる場所があるなら、

どんなところでも構わないとおもいます。

 

眉間に力を込める理由は、

僕の場合だと目に力が集中しやすいからです。

なので力が自然と集中できる箇所を見つけることが大切です。

 

 

夜中でもパッと目が覚めしまう

 

僕はパソコンに向かわなければいけない体質になりました。

それは僕自身が望んだことです。

何かしないと後悔して苦しくなってしまう。

 

そんな日常を送ることは恐ろしくてできない。

その代わりしっかりと納得できるまで行動できれば、

とても心地よい日常を送ることができます。

 

1年前、毎日ユーチューブ動画で時間潰しをしていた頃と比べると、

とても生産的で僅かずつでも世の中に貢献していることができる今の方が、

有意義で未来の夢に向かって歩んでいる実感があります。

 

「おまえは、○○ができる!」

「おまえは、○○ができている!」

「おまえは、○○を手にしている!」

 

このように二人称で○の部分をプラスの言葉で暗示を掛けてみるのもお勧めです。

とてもシンプルです。

自分を信じると言ってもやり方があります。

その方法を知らずに単純に信じようと思ってもむずかしいものです。

 

それは過去に痛いほど経験しました。

あなたも自分を信じることの大切さを感じているのではないでしょうか。

2ヶ月、3ヶ月、行い続けるとどうなれるでしょうか。

潜在意識の偉大さを実感できるかもしれません。

あなたが自愛できることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ