断捨離で何もない部屋に-「捨てる」コツ

スポンサーリンク

断捨離で何もない部屋に-「捨てる」コツ

 

断捨離を実行しようにもイメージ通りにいかないものですね。

どうすれば何もない部屋にすることができるのでしょうか。

思っている通りに効果を出せる断捨離とは?

 

それにはまず問題となっている「元」の部分を考えてみる必要がありそうです。

 

それは、

 

いつの間にかものを溜め込んでしまう「溜め癖」ではないでしょうか。

実はこの「溜め癖」というのは、

 

「自分は大丈夫」

 

だと思っている人ほど厄介です。

なぜならば、あまり自覚がないからです。

 

「自分は本当に大丈夫だろうか?何が必要?」

 

このように常に自己を点検する視点を持つことが大切かもしれませんね。

あなたは「もったいない」と思っていませんか?

部屋が狭くなっていく悪循環こそ人生が「もったいない」のかもしれません。

それは無意識に不要なことへ気が散ってしまい、

大切なことになかなか気付きにくかったり、

ひとつのことに集中できなかったりするからです。

 

今回は断捨離を通して「捨てる」を徹底的に行う心理状態とは何か。

またどうしても捨てられない人の心理状態とは?

という心理的なところをお伝えしたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

(前回の記事、やる気がでない何もしたくない一日中眠い人のスッキリ簡単瞑想6ステップにて、

断捨離にも効果を発揮するやる気がでないときの方法をお伝えしました。)

 

 

「捨てられない」はこんな心理状態

 

あなたの身の回りの捨てられない物。

どうしても捨てられない物に共通していることは、

 

深層心理にコンプレックスが潜んでいる。

 

なので捨てることができないようです。

貰い物を捨てることができないのは他人の目を気にし過ぎているからのようです。

思い出を捨てられないのは「あの頃は良かった」という過去に執着しているからのようです。

このように、

過去へ囚われや別の心理的問題が潜んでいることが原因です。

なので、

 

部屋は心の状態を映し出す鏡。

 

とよく言われているのです。

僕は昔ある知り合いの方の部屋にお邪魔したことがありました。

それはまるでドラマのロケで使用されるようなお洒落感が漂う素敵な部屋でした。

その人がこのように言っていました。

 

「部屋の中の状態が外に出たときに出るもの」

 

これはどういうことかと言うと、

人が意識できる領域は脳の中の約3%程度です。

残りの97%は潜在意識と呼ばれる僕たちの意識することのできない領域なのです。

人と対話をするとき、

僕たちは自分をコントロールしているかのように思いがちです。

しかし、

実は97%の部分が知らず知らずのうちにしっかりと出ていて、

他人に自分の印象を与えているのかもしれません。

 

たとえ笑顔を装ったとしても本心は伝わっているものなのかもしれません。

 

部屋は心の状態を映し出す鏡

 

身の回りの物を通して自分を見つめてみる必要があるのかもしれません。

 

 

「捨てる人」の思考回路とは?

 

では捨てることができる人はどんな思考回路をしているのでしょうか。

 

・買えなくてもあまり困らない

物への執着がなくなってくると欲しいと思う物が買えなかったとしても、

そのことがあまり気にならなくなるようです。

発売初日にどうしても買いたい物、

気になって気になって仕方がない物。

それを手に入れる思いには「優越感」や「見栄」が潜んでいませんか?

案外他人は何とも思ってくれないようです。

 

・物より技術

世の中便利になってきて技術がなくても簡単にできてしまうことが多くなってきました。

たとえば野菜の皮むき器などがそうかもしれません。

たまにしか使わないのに部屋の中に物を増やすことはしないようです。

そして、

道具を本来の性能以上に上手く使いこなせるようになるには、

自分がしっかりと技術を習得しているからこそできるようです。

 

・所有することに耐えられない

たとえお気に入りの物であったとしても、

人間の心は常に変化し続けているので愛着にも変化があります。

なのでよほどの理由がない限りは所有しないことを選択するようです。

我慢して買わないのではなく、

先のことを考えるといずれ不要な物になってしまうのであれば買わない。

このように考えるようです。

 

シンプルライフを送る人の「捨てる」思考回路はこのような感じです。

溜め癖を解消するには思い切って断捨離を行うことが大切です。

一度電源をOFFにして頭の中をリセットして綺麗な状態をつくることが必要です。

中途半端に片づけたり掃除したりする程度では溜め癖を解消することは難しいのかもしれません。

 

 

少ない物でスッキリ暮らす日常を

 

インテリアも生活も人生もシンプルに生きたいものですね。

何もない部屋にお洒落なインテリアのある部屋をイメージしてみてください。

とても優雅に思いませんか?

 

どうしても捨てることが難しい場合、

このようにあなたの住みたい理想の部屋のイメージを創っていき、

あなたがこの先どのような生き方をしたいのか、

今の現状と比較してみてはいかがでしょうか。

きっとこれまでの考え方にも良い変化が訪れるかもしれません。

 

以下の記事は断捨離を行っていく上でどのような効果があるのかをまとめた記事です。

断捨離の効果とは?掃除に仕事に影響する心の変化

断捨離を実践したその後は?理想の自分になる7つの効能

断捨離で運気UP-なぜ「捨てる」ことで心が軽くなるのか?

理想のライフスタイルを実際に築いていくための羅針盤にして頂ければ幸いです。

素敵なシンプルライフを送れることを心より祈っています。

スポンサーリンク

関連するお勧めの記事一覧です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ