やる気がでない何もしたくない一日中眠い人のスッキリ簡単瞑想6ステップ

スポンサーリンク

yoga

 

やる気がでない何もしたくない

そんな気分にお悩みではありませんか?

毎日の生活にONとOFFができてしっかりとメリハリをつけて過ごしたいですね。

 

集中するときはスッキリした気持ちで取り組む。

 

そして、

 

遊んだりゆっくりするときは心ゆくまで優雅に時間を満喫する。

そんな風い気持ちの切り替えができたら頭もスッキリと快調に毎日を楽しめそうですね。

 

(前回の記事、ネガティブ思考を直すには?チャレンジするときの効果的な方法 にて、

何かにチャレンジするときは、先の不安からネガティブ思考になりやすいものです。

そんな不安を感じる人のために精神的ストレスとの向き合い方を紹介しました。)

 

 

人は無意識レベルでも気が散っている

 

複数のことを同時にこなせる人を聞いたことがあると思います。

実はそのようなマルチタスクな人は、

注意力が散漫になりやすく記憶力もあまり良くない傾向がみられるそうです。

 

たくさんのことを考えてしまうと頭の中は散らかった部屋と同じになります。

 

そして、

 

細かいところにまで注意が行き届かなくなり、

何をしても中途半端な結果になりやすいのかもしれません。

 

イチロー選手が打席に立っったとき、

 

「今晩、試合が終わって何食べようかな?」

 

なんて考えないのです。

 

目の前のことに100%集中することが最も大事です。

 

たとえ集中して作業をしていると思っていても、

部屋の中が暑いと感じたり、

机の上が汚くて気になってしまったり、

途中で時間が気になってしまったり、

このように無意識レベルで考えている場合もあります。

 

 

脳のメモリーをリセット

 

そのように気が散る状態になるというのは、

パソコンを使い続けると段々とメモリーに不要なデータが溜まって動作が鈍ってしまうのと似ています。

 

そして、

 

パソコンの動作を快適にするために再起動をして一度電源をOFFにするように、

僕たちの心もまた、一度電源をOFFにする必要があるようです。

 

「そんな方法あるの?」

 

と感じる方もいるかもしれませんね。

実は脳の中に溜まった不要なデータの捨て方はあります。

それが「瞑想」という方法なのです。

 

瞑想は慣れない最初のうちは実感を感じにくいかもしれません。

目をつむって意識的に呼吸をコントロールしていくと様々な「感覚」を感じることができます。

さらに「音」や「映像」や「ことば」なども浮かんでくるでしょう。

そのひとつひとつを一度意識に浮上させて頭の中で「忘れる」ということをします。

シンプルライフでいうところの不要な物を「捨てる」にあたります。

 

 

スッキリ簡単瞑想6ステップ

 

それでは散漫になった意識を一点に集中できる瞑想をご紹介します。

できるだけ、楽な気持ちになれるように服装も軽い恰好にしましょう。

 

スッキリ簡単瞑想6ステップ:

1、椅子に座る

まず椅子に座り楽な姿勢になります。

特に何も意識せずただ楽になれるようにします。

 

2、呼吸に意識を向ける

そして目をつむり自然の呼吸に意識を向けます。

そしてしばらく呼吸に意識を向けたままの状態を感じます。

 

3、呼吸をコントロール

次は自然に任せていた呼吸をゆっくりと吸いゆっくりと吐いていきます。

そして意識的にコントロールしている呼吸に意識を向けます。

 

4、中心を感じる

呼吸に向けている意識をゆっくりと下に降ろしていきます。

そして下腹部で止めます(へその下約10センチあたりの「丹田」と呼ばれるところ)。

下腹部へ降ろしたらしばらく中心を感じます。

 

5、呪文を唱える

次に「ありがとう」「感謝しています」「愛しています」と心の中で唱えます。

なぜ呪文を唱えるかと言うと、

雑念を意識に浮上させるための呼び水と思ってください。

ことばによって心の奥深くに眠っている雑念を呼び起こします。

 

6、頭の中を空っぽにする

雑念を意識に浮上させて不要な思考を「捨てる」作業を行い、

しばらく繰り返して何も浮かんでこないようにします。

感情も感じない、

時の流れも忘れ、

においも感じない、

音も聞こえない、

感覚も感じない、

頭の中を「空」の状態へともっていきます。

 

 

瞑想は心を自由にしてくれる

 

いかがでしたでしょうか。

やる気がでないとき、何もしたくないとき、そして一日中眠いときなど、

無意識に溜まっていた心のゴミを掃除してスッキリした状態になれば、

今考えなくてもよいことに悩む必要もなくなります。

 

このように自分を見つめることを繰り返すことによって、

次第に自分の過去のトラウマやコンプレックスにもしっかりと向き合えるようになり、

人生をより楽に楽しく生きることができます。

 

そして、

 

幸せな人生を楽しむための心得ておきたい5つの気づきでは、

幸せな人生を楽しむための目の前のもの事の向き合い方を紹介しています。

人生を楽しむ8つのコツ-人はなぜ生きるのだろうか?にて、

人生を楽しむとはどういうことなのか根本的な部分に迫っています。

あなたのやる気を出すための参考にしてみてください。

 

自分の生き方が本来の方向へと向くことを心より祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ