優しい人は本当に仕事ができない?本当の答えを教えます!

スポンサーリンク

優しい人 仕事ができない

 

優し過ぎる人は出世ができない・・・

優しい人は仕事で損をすることが多い・・・

あなたもこのようなことを一度は聞いたことがありませんか?

そして優しい人は自分で自分をダメだと評価することもあります。

 

その反対に上司に上手く合わせていける人は、

あっさりと昇進しておいしい思いをしている・・・

なんてことも感じている人は多いのではないでしょうか。

 

でも本当に優しい人は勇気のある人です。

 

もし、あなたが今回お伝えすることを知らなければ、

優しい人(?)の思考に巻き込まれてしまっているかもしれません。

今回は、優しい人が仕事ができないことの本質をお伝えします。

 

(前回の自分の軸を持つことが大切だと言うけどどういうこと?では、

大切だけど説明できないことにブレない生き方というのがありますが、

具体的に何をすべきかどう考えるべきかについてお伝えしました。)

 

 

優しいのではなく気が小さい

 

優しい人が仕事ができないのは、

優しいのではなく自信がないからです。

それを別の言葉にすると気が小さいなのです。

 

気が小さいから遠慮して優しく見えるのです。

 

だからと言って気が小さい人を責めてる訳ではありません。

僕だって合わない仕事をしてる時は引っ込み思案でしたし、

ずっと大人しくて自己主張もなくて気が小さいままでした。

 

何よりも僕自身が気が小さい人間だったので分かるのです。

だってその方が自分が傷付かなくて済むじゃないですか。

頑張ってる姿を見せればそれなりにも認めてくれますし、

余計なことを言わずに大人しく優しい人を演じていれば、

何とか職場の人間関係を上手く避けてやっていけます。

 

もちろん僕のような気が小さい人間ばかりじゃなく、

本当に優しい人は存在しますが極わずかではないでしょうか。

けど気が小さいことは決して悪いと言ってるんじゃないんです。

 

優しい人を演じて、それを盾にして自分から逃げていること

 

そこが自分自身を苦しめてしまう原因なのです。

じゃあ、何で気が小さくなってしまうのでしょう。

この気が小さくなる原因を見つめることが重要であり、

根本的に解決していくための本質的な部分なのです。

 

その答えは自分をしっかりと見つめられていないからです。

 

けど、こんなことを言ってもよく分からないかもしれません。

ではあなたは誰かをイジメたかイジメられた経験はあるでしょうか。

きっと今まで生きてきた中でどちらかを必ず経験してるはずです。

実はイジメる側もイジメられる側も同じ心理があるのです。

 

それは両者とも相手が悪いと思っていることです。

 

パッと見た感じはそれぞれ立場が全くの真逆なのに、

心の中を覗いてみると向いてる方向は全く一緒なのです。

だけど僕達はそんなことには一切気付くことはないですよね。

 

要するにまだ気付いてないことにいかに気付くことができるかです。

そのためには何が問題なのかを日頃から何気なく意識することです。

意識すれば時間は掛かっても脳は答えを探し続けてくれるのです。

 

あなたも「ウォーリーを探せ」っていう本を覚えてませんか?

本の中のウォーリーは意識して探さなければ見つかりません。

無理して頑張る必要はありませんが意識は大切なのです。

 

 

仕事ができる人は気が強いのか?

 

優しい人は仕事ができないというのは、

優しい人ではなく気が小さいからと言いました。

では気が強い性格なら仕事ができる人なのでしょうか。

 

「優しい人より、少なくともできるんじゃない?」

「優しい人よりは、損をしないからその方が有利でしょ!」

 

こんな風に思えたりしませんか?

僕も職場でガツンと言ってる人の仕事ができる風に見えてました。

そうした人の方が自分の思った通りにやってるように見えたのです。

それに気の強さが自信があるようにも見えて尚更感じました。

ではここで、あなたにひとつ聞きます。

 

  • 仕事に対してポジティブ思考
  • 仕事に対してネガティブ思考

 

選ぶとするならどっちがいいですか?

大抵の人はポジティブ思考の方を選ぶのではないかと思います。

だってポジティブ思考の方がイメージがよくないですか?

ではここにちょっとした文章を付け加えてみましょう。

 

  • ポジティブ思考だけど、それは問題を見ようしない
  • ネガティブ思考だけど、真正面から受け止めて成功に繋げる

 

いかがでしょう、

あなたならどちらを選びますか?

こんなことを聞いて何が言いたいのかというと、

 

ポジティブもネガティブもバランスが大事ということです。

 

どちらがいいとかどちらがいけないという話じゃないんです。

片方に寄り過ぎるとバランスを崩してコケてしまうのです。

 

気が強い人は実は自信がないから威勢を貼ってるだけ・・・

ということも意外と多いパターンだったりするのです。

では気が強いのがいけないのかというとそうではなくて、

どっちかに寄り過ぎていないかに気付けることなのです。

 

 

仕事ができない本当の原因を見つめる大切さ

 

このように仕事ができない人というのは、

優しい人ではなく単なる気が小さいだけです。

だけど気が強い人が仕事ができるのかと言うとそうではなく、

 

どちらも一方に寄り過ぎてはバランスを崩してコケるのです。

 

では気が小さい人は自分に自信がないからですが、

そもそもなぜ、優しい人を演じてしまうのか?

ということです。

 

それも非常に簡単で自分に合わない仕事をしてるから

 

たったこれだけのことです。

合わない仕事では成績も悪く自信も失います。

成績が良いと思ってても他人は評価してくれないとか、

人間関係でよく分からないけどうまく付き合えないとか、

 

煙に巻かれたような謎解きのような問題に直面します。

 

僕も34歳で独立するまではずっと味わい続けてました。

仕事ができないことの本当の原因は何なのでしょう?

それは仕事というより、そもそも仕事が合ってるのか?

という根本的なところが原因だったりするんです。

 

 

自分に優しい人は他人にも優しい

 

本当に優しい人ってどんな人なのか?

それはあなたもきっとお分かりのことだと思います。

 

  • 自分が嫌われることを覚悟して伝える
  • 厳しさの中に滲み出てくる優しさ
  • 他人に攻撃されても正面から向き合う
  • 自分自身が傷付いた経験を背負っている
  • 人から受けた恩を忘れず行動で現す

 

パッと考え付いたことを挙げてみましたが、

他にもいろいろとあるかと思います。

 

けど本当の優しさについては別の記事の、

本当に優しい人の特徴-「イイ人」とは根本的に違う優しさ

この中でも書いてますが、

 

自分に対して優しくできることが本当に優しい人です。

 

自分に無理したり、我慢したりすると、

心に余裕がなくなって他人に優しくなんてできません。

スポーツだって自分ができるからこそ他人にも教えられますね。

結局は自分がそれに対してできているかどうかなのです。

 

合わない仕事をしていれば、

当然ながら自分に余裕を失ってしまいます。

なのでいろんなことが上手くいかずに空回りになります。

けどそれがどれ程のものなのかは当事者には分かりません。

 

地球は丸いけど自分の目で見ても分からないですよね?

それはロケットで宇宙に出てみてはじめて分かることです。

これと同じように自分のことは結構分からないものなのです。

 

またより詳細な本当の優しさについては、

本当の優しさとは-今の自分にできることからはじめる思いやり

この記事に具体的なことを書いてるので参考にしてみて下さい。

 

自分に優しくできることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ