本当に優しい人の特徴-「イイ人」とは根本的に違う優しさ

スポンサーリンク

本当に優しい人の特徴-「イイ人」とは根本的に違う優しさ

 

本当の優しさって何なのでしょう?

どんな人が優しい人なんでしょう。

あなたは人から「優しいね」と言われたらどんな気持ちになりますか?

 

もし、素直に嬉しいと思えるならその優しさは本物かもしれません。

ですが僕は素直に喜べないところがありました。

 

「それは、本当の俺じゃないんだよ!」

 

心のどこかで、そのように思いつつ表面上は平静を装っていました。

優しい人だと感じるかどうかは、相手がどう感じるかにもよりますが、

相手が感じたことと、自分が思っていることに差がある場合

それもひとつのコミュニケーションエラーなのかもしれません。

 

本来、優しい人であることは長所のはずです。

 

だけど優しい人を演じるがあまりに、言いたいことが言えない、感情を抑圧する、

このように本来の自分とは違う自分を出しては違和感を抱く。

 

本当の優しさと、偽りの優しさ。

今回は、本当に優しい人特徴を探っていきたいと思います。

 

(前回の精神的ストレス解消方法って何をすれば効果ある?では、

仕事の嫌な人間関係などで溜まる精神的ストレスの詳細についてと、

根本的な視点から非常にシンプルな解消方法についてお伝えしました。)

 

 

本当に優しい人は、自分にも優しい人

 

自分を犠牲にした優しさは、本当の優しさではありません。

本当に優しい人とは、犠牲からではなく、余裕のある状態から生まれるものだと思います。

自分が厳しい現状に立っているとき、当然のことながら他人に優しくなんてできません。

 

「ちょっ、今、余裕ないけえ、よそいけや!」

 

これは、余裕がないときの僕の本音です。

自分に余裕がないときに、他人に優しくなんてできません。

 

まずは自分に優しい人になるべきです。

 

自分に優しい人になるには、自分のわがままに気づいて受け入れることが大切です。

自分のわがままを通すということは、他人のわがままに「NO」と言うことでもあります。

 

  • 会社の飲み会を断って、合いたい人と一緒の時間を過ごす
  • 友人からの誘いを断って、自分の将来の夢のために時間をつくる
  • やりたくない仕事をムリに受け入れず、できないとハッキリと伝える

 

心のどこかで「自分のわがままなんていけないことだ!」と思ってませんか?

確かに全ての自分のわがままを通すことなんてむずかしいと思います。

 

ただ、自分のわがままをできる限り優先させて、

そこから見える未来のあなたはどんな過ごし方をしているでしょうか。

自分に優しくなれる人が、本当に優しい人だと思います。

 

 

本当に優しい人は、他人に期待しない

 

僕たちは礼儀正しく、人に優しくを大切に日々を生きています。

そんな中、ちょっとでも優しさに欠ける人が現れると、どう感じますか?

 

「ちょっと常識がなってないんじゃないの!」

 

もしこのように自分の心が乱れてしまうようであれば、それは本当に優しいとは言えません。

自分が優しくすれば他人も優しくて当然だと、どこかで期待する気持ちが潜んでいるのです。

 

つまり、他人の違いを受け入れることのできる人が、本当に優しい人の特徴です。

 

あなたは、無意識に「自分のルール」に縛られていませんか?

外国人が日本にやってきて、箸の持ち方が変わっていると、

 

「まあ、外国の人だから仕方ないよね」

 

他人との違いを受け入れることができます。

ですが同じ日本人で、箸の持ち方が変わっているといかがでしょう?

 

「あの人、箸の持ち方がおかしいよ!どんな育ちをしてきたんだろう・・・」

 

僕たちは同じ日本人だと、ちょっとの違いに敏感になってしまうのです。

これも同じように「日本人は箸の持ち方が正しくあるべき」という期待が潜んでいます。

そんな他人との違いに敏感になってしまっている自分に気づくこと。

 

そして、その違いを受け入れることができるのが、

本当に優しい人の特徴ではないでしょうか。

 

 

本当に優しい人と、建前だけ優しい人の違い

 

本当に優しい人は、相手の気持ちを理解しようとします。

それを簡単に言うと、

 

「与える」という行動ができる人です。

 

「与える」とは、相手が本質的に何を求めているのか?

それを身体で聴き取って、相手の本質的に求めているものに合わせることです。

 

反対に、建前だけ優しい人は心が自分に囚われている状態です。

なので、相手の気持ちを推し量ることなんてできません。

 

しかし、本当は建前だけ優しい人なんてやめたいのが本音ではないでしょうか。

なぜなら、人は誰一人欠けることなく「良くなりたい」という思いを持っているからです。

たとえ生活のために仕事をしていても、どこかで「良くなりたい」と思うものです。

 

そんな「良くなりたい」というシンプルな思いに意識を向けてみることで、

自分の本音が見えてくるのかもしれません。

 

優しい人は本当に仕事ができない?本当の答えを教えます!

の記事でも書きましたが優しさを誤解してしまうことがあります。

それはもの凄く身近なこと過ぎて気付き難いものなのです。

 

 

優しいことは良いこと

 

本当の優しさとは、心にグッと何かを感じさせるものがあるのかもしれません。

まずは自分に優しくなることからはじめてみてはいかがでしょうか。

僕も仕事なんかでつい自分に余裕がなくて、

 

「ちょっ、今、余裕ないけえ、よそいけや!」

 

と他人に言ってしまう癖があるので、

まずは自分に優しくすることを心掛けていきます。

そうして他人にも優しくできる自分になりたいと思っています。

優しさは長所であり、素晴らしいものです。

 

また具体的にどうやって自分に優しくできるのかについては、

本当の優しさとは-今の自分にできることからはじめる思いやりにて、

本当の優しさとは、どのような考え方が軸になっている必要があるのか?

今の自分から少しずつシフトチェンジする方法を紹介しています。

 

あなたの本当の優しさがみつかることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ