もう嫌!職場で嫌いな人との接し方が楽になる3つの解決策

スポンサーリンク

もう嫌!職場で嫌いな人との接し方が楽になる3つの解決策

 

職場では自分と合わない人ともムリして付き合わなければいけません。

最初は何とも思わなくても、一緒にいることが苦しくなるときもあります。

そんな嫌いな人との接し方が楽になる方法を知りたくありませんか?

 

まず、あなたにお聞きします。

 

あなたは、ブレーキのない車を運転したいでしょうか?

 

そして、

 

あなたが高いところが苦手として、バンジージャンプを飛べるでしょうか?

 

いかがでしょうか。

当然、この2つの質問には「NO」ではないでしょうか。

この2つの質問から何が言えるのかと言うと、

 

人はコントロールできないものを嫌い、先の見えないことを嫌うのです。

 

自分で自由にコントロールできないと、苦しくて嫌ですね。

先の未来が見えないと、大丈夫だろうかと不安になりますね。

 

反対に、

 

人は自分でコントロールできるものに心地よく感じ、先の見えることに安心できます。

 

職場という自分が自由になれることが制限された空間の中で、

いかにして限られた自分のコントロールできる範囲を活用するか、

ここでの行動が少しずつ自由を拡げることができるかと言えます。

 

(前回は、自分の強みを見つける5つの方法-挫折に負けない強さにて、

自分の強みを見つけることで生活にどのような変化が訪れるのか、

また、自分の強みを見つける方法を経験から得た知恵として紹介しました。)

 

 

嫌いな人ができてしまうメカニズム

 

なぜ、あの人のことが嫌いになってしまうのでしょうか。

なぜ、あの人はあんなこと言ったり行動したりするのでしょうか。

 

この「あの人」に対して嫌いになってしまう理由はシンプルです。

 

それは、

 

自分の中の無意識にきずいた”ルール”に逆らっているからです。

 

あなたが仮に「挨拶をするのは当たりまえ」だと思っていると、

自分のことを無視して目の前を通り過ぎれば、ムカッてきませんか?

自分の中の”ルール”は、自分でも気づかないうちに形成されていきます。

 

さらにもう少し噛み砕いていきましょう。

 

実は、僕たち人間はもともと嫌いなものは3つしかありませんでした。

 

  1. 暗いところ
  2. 大きな音
  3. 高いところ

 

人は本来、この3つしか嫌いなものはなかったのです。

では、なぜ嫌いな人も含めてたくさんの「嫌い」が増えたのでしょうか。

それを教えてくれるのがあの有名な「パブロフの犬」の話です。

 

この実験では、まず犬にエサを与えるときに必ずベルを鳴らしていました。

犬は食べながら唾液を出す習性があり、今後はベルだけを鳴らしてみると、

エサを出していないにもかかわらず、唾液を垂らしはじめたのです。

 

僕は宮島にて、生牡蠣(かき)を食べて食中毒になりました。

以来、生牡蠣を見るとあのときのことを思い出して食べることができません。

 

  • Aという出来事 = Bという感情

 

もし、あなたが職場で嫌いな人との接し方に悩んでいるなら、

それはあなたが過去に苦しんだ経験をした出来事と似ていることになります。

 

なぜなら、

 

脳は、似たような経験をひとつの感情にまとめるからです。

 

  • Aという出来事 \
  • Bという出来事 ― = Dという感情
  • Cという出来事 /

 

このように似ている経験はひとつの感情でひとくくりにしてしまいます。

これを「一般化」と言い、これによってスムーズに情報処理を行っているのです。

 

 

1、あきらめる

 

僕は、過去嫌いな人にたいして常に批判的な気持ちになっていました。

頭のなかで嫌な出来事を思い出してはイライラしていました。

 

このようにして自分を守り正当化していましたが、

これではいつまで経っても自分が苦しいままでした。

 

あるときから、

 

「ま、どうでもいいや!」

 

他人と自分の違いをあきらめることにしました。

自分が正直に気持ちを打ち明けて、相手が心を開いてくれなかったとしても、

 

「ま、どうでもいいや!」

 

これを習慣にすることで、

心を開いてくれなかった相手の「理由」を想像する視点が持てるようになりました。

こうして、相手への批判の気持ちをあきらめることで、

 

見えてくる新たな視点を楽しむことができます。

 

2、相手は自分の写し鏡

 

嫌いな人との接し方で嫌いな部分が気になってしまうとうのは、

自分にも同じような心を持っている事実があるからです。

僕自身、この事実をはじめて聞いたときは、

 

「そんなもん、あるわけないだろ!」

 

と、反発したい気持ちになりました。

また、上記の自分の”ルール”でもお話ししたように、

自分自身に許していないことを相手がすると、嫌な気持ちになってしまいます。

 

つまり、

 

嫌いな人によって感じる感情には、自分を見つめる機会でもあるのです。

 

その事実を知って以来、

嫌な感情を味わう瞬間が訪れると、

 

「うっ、まだ卒業できてない部分がある!」

 

と、自分を感じるという視点ができたように思います。

ただ、職場の人間関係は価値観の異なる人同士の付き合いです。

どうしても職場の人間関係がうまくいかない人の本当の理由では、

どうしてもうまくいかないときの自分の何が引き金となっているのか、

無意識にやってしまっている本当の理由について説明しています。

 

3、相手の長所はどこだろう

 

嫌いな人にたいして相手の長所なんて考えるのも嫌かもしれません。

僕も実際にむずかしいですし、今でも抵抗感が出てきます。

 

そして、

 

ぼくたちは、相手の欠点を探すことには得意です。

 

ですが、思い出してみてください。

あなたと仲の良い友人は、決して欠点が目立っていないし、

その友人と過ごす時間は実際に楽しいですね。

 

また嫌いな点が出てきたとしても、

「パブロフの犬」の話のように、なぜだか楽しい感情が優先しませんか?

嫌いな人を前にして、相手の長所を意識的に探そうとしてもむずかしいです。

 

だからこそ、

 

これまでお話しした心のメカニズムを知識として持っておくことが大切だと思います。

 

そうすれば感情に流されていた自分に気づき、

自己修正も可能になるのではないでしょうか。

 

 

人間関係で楽になれた先の自分

 

職場などで嫌いな人との接し方に悩んでしまう場合、

それを克服して楽になれた先の自分がどんな風に過ごしているのか?

なぜ思考が現実化する人としない人がいるのか?でもお伝えしていますが、

人はイメージが明確であるほど現実化する確率が高くなります。

 

そこのところが明確になっていないから、

目で見えることに自分が振り回されてしまうのかもしれません。

 

あなたは将来、どんな自分になりたいですか?

 

嫌いな人ともうまく接しているときの自分を想像してみてください。

そのときのうまくやりとりをしている自分が目的となります。

あとはそこに向かって行くだけ。

 

たったそれだけのことだと思います。

 

実際はむずかしいことはなくシンプルです。

あなた自身で人生を楽しくしていきましょう。

 

また、仕事のストレス解消法には5つの楽しみ方で心をリフレッシュでは、

僕が実践して効果のあるストレス解消法ですので参考にしてみください。

また人間関係ってめんどくさい-職場でラクになる為の5つの方法も、

職場の人間関係の問題を解決するためにお役に立つでしょう。

 

嫌いな人との接し方が良くなれることを祈っています。

スポンサーリンク

関連するお勧めの記事一覧です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ