視点を変えるとどうなるの?弱点を強みに変える方法

スポンサーリンク

視点を変える 方法

 

仕事もプライベートも冴えなくて、

ダメな自分を何とかしたいと思ったことはありませんか?

視点を変えることで生き方が大きく変わると言いますが、

具体的には、どのような方法があると言うのでしょう。

人生でどん底から這い上がった人とうのは、

 

自分のダメなところを強みに変えています。

 

それこそ視点を変えることによって、

自分に対して自信を得たからなんです。

そうなると生き方そのものも変わります。

僕も今では好きなことで独立してますが、

やはり視点を変えることで弱さを強みに変え、

ダメな自分から自由な生き方を実現しました。

 

けどいつまでも今のままでは嫌ですよね?

あなたも自分に対して視点を変える方法を知って、

理想の生き方に少しずつ近づけていきませんか?

 

前回は、不満のある日々から変わっていくための、

具体的な方法として「捨てる」ことテーマにお伝えしました。

自分らしい生き方を仕事にするために捨てるべきこと

 

人間は見たいものしか見えない

 

僕達は肉眼で見ているものを見ています。

なので目で見ることで物事を認識するのが普通です。

では視点を変えるって一体どういうことなのでしょう。

実は人間は”見たいもの”しか見えていないのです。

 

たとえばコップに水が半分入っているとします。

Aさんはまだ半分も入ってる思っていて、

Bさんはもう半分しかないと思っているとします。

目の前の現実は何も変わらないのに、

”感じ方”が違うだけで見方が変わってしまうのです。

 

視点を変えるとは、

Aさんのような考えだと不都合と感じる場合に、

Bさんの考えを意識して、

 

物事への”感じ方”を変えることです。

 

解釈を変えると目の前の出来事も変わります。

それは視点を変えることで”感じ方”が変わり、

問題と感じることも乗り越えていけるのです。

 

視点を変えるとは問題解決に必要な要素です。

 

けど僕達は問題が起こると、

どうしても越え難い壁のように感じてしまいます。

ネガティブな出来事に限って視点が固まってしまいます。

どうして視点が固まってしまうかというと、

 

今までの習慣がそうさせてしまうからです。

 

たとえば犬に噛まれた経験があれば、

その後は犬を見る度に怖いと認識して避けます。

これを犬を見る度に繰り返してしまうので、

犬が無条件に怖いと脳内に習慣化されてしまうのです。

 

けど視点を変えて見ることで、

今まで思い込んでいたことが違うと気付きます。

視点を変えることで”感じ方”が変わったからです。

 

 

視点を変えるたった1つの方法

 

視点を変えるとものの見方が変わるので、

人によっては人生すら大きく変わってしまいます。

それほど視点を変えることの影響は大きいのです。

けどその方法をそれほど難しくはありません。

非常にシンプルで、

 

「どうして、そう思うんだろう?」

 

このように当たり前に思ってたことに疑問を持ってみることです。

そもそも視点が固まってる状態って、

ひとつの考えに囚われている状態のことです。

それを言い換えると思い込みと言います。

つまりこの思い込みを変えるだけなんですね。

 

僕だって20代の頃は、

ずっとお金に恵まれないと思い込んでました。

けどどうして恵まれないと思うんだろうと疑問を抱き、

そしてどうしたら状況を変えられるのかを考え続け、

ネットビジネスというものに出会うことができました。

 

家も仕事も苦痛しかない毎日でしたが、

なぜ今こんなにも苦しいんだろうと疑問を抱き、

この苦しさって一体何だろうと自問するようになり、

 

「自分って一体何なんだろう・・・?」

 

と今の当たり前が変に感じられるようになって、

今の自分がおかしいことに気付いたのです。

そして止めようと決意することもできました。

 

当たり前に思ってることに”感じ方”が変わったからです。

 

自分の中で調和が取れていたことが、

自分に疑問を投げ掛けることで不協和音が生じ、

そこから本当はどうなりたいかを見つめ直し、

本当の自分に周波数を合わせていったのです。

 

 

欠点だと思ってたことが最大の強みに

 

視点を変えることは他にも大きな効果があります。

自分の強みを見つける5つの方法~にも書きましたが、

弱点は最大の長所であり、人生すらも大きく変えます。

また冒頭で人生でどん底から這い上がった人とうのは、

 

自分のダメなところを強みに変えている・・・

 

と言いましたが視点を変えることで、

ダメな部分が強みだと気付くこともあるのです。

たとえばまた僕の事例になりますが、

僕はずっと人前で話すことが苦手でした。

何を話すか考えてからでないと怖くて話せませんでした。

 

一通り頭の中で内容がまとまって話すのですが、

それでも強い緊張感が解けずにいつも苦しかったです。

けどある心理学セミナーで講師の人が、

 

「ただ、感じたことを話せばいいだけ・・・」

 

ということが心に響いて今までパターンを捨てて、

人前で話すまで何も考えないようにしたのです。

すると降りてきたものを言語化するだけで、

緊張してても言葉を出すことができたのです。

 

今まで考えてまとめないと話せない・・・

という思い込みがずっとありました。

けど講師の一言で視点を変えることができ、

その通りに実践したことで自分の世界が広がりました。

その後はこれが自分の強みだとプラスに思い込み、

自分の強みを育てていくこに徹してきました。

 

やがて自分の本音に素直に生きる世の中を創る

 

という自分のミッションが見えてきて、

今ではサラリーマンから独立するに至っています。

なのでブログ記事を書くのにも

一生懸命に頭を絞り出して考えるのではなく、

降りてきたものを言語化して書いてるだけなんですね。

 

そうなると湧き水のように言葉が溢れ出るので、

ブログを書くこと自体が苦にならないのです。

何をするにもこうした自分の軸を持つことで、

努力を努力と感じず楽に成功することができます。

 

 

視点を変えると見える世界が変わる

  • 視点を変えるとは感じ方が変わること
  • 今の当たり前に思ってることに疑問を持つ
  • 欠点すら最大の強みに変えられる

 

いかがでしたでしょうか。

視点を変えると生き方すらも変わります。

それは僕自身も経験してきました。

 

そして何かの壁にぶち当たってるときって、

大概は視点が固まっているケースが多いです。

そこで上手く乗り越えている人の視点やなど、

今の自分とは違う視点を持つ人の思考に触れることで、

 

難攻不落と思える壁でさえも越えることができます。

 

スポーツで体格差など物理的なことだと、

視点を変える云々どころではない部分もありますが、

少なくとも考え方や感情面においては通用します。

視点を変える方法がお役に立てれば幸いです。




 
サブコンテンツ

このページの先頭へ