心の断捨離に方法ってあるの?ほとんどの人が勘違してます

スポンサーリンク

心の断捨離に方法ってあるの?ほとんどの人が勘違してます

 

今でも引きずってるものがある・・・

あの時のあの人のことが許せない・・・

こうした執着や妬みってありませんか?

 

今回は心の断捨離というテーマで、

人間の感情を捨てる方法なんてあるのか?

実は意外と知られてないことを話します。

 

心の断捨離の勘違い

心の断捨離に方法ってあるの?ほとんどの人が勘違してます

 

断捨離って言っても感情は捨てられません。

 

心の断捨離ってどういうこと?

 

心の断捨離って何かと言うと、

 

執着してることを手放す

 

という意味なんですね。

その為にいろんな方法があるんですが、

そこでブログやYoutubeを観て試してみても、

 

その後の人生が変わった気がしない・・・

 

ていう人が結構多いんです。

或いは曖昧なことしか書いてなくて、

結局どうすればいいねん!みたいな感じで、

ツッコミを入れたくなる内容だったり。

 

じゃあ、それらの情報が悪いのか?

というとそういう訳じゃないんですね。

 

心の断捨離って実は簡単

 

そこでめちゃくちゃ簡単な方法で、

心の断捨離が出来るのは何かと言うと、

 

執着してる物を捨てる!

 

ということなんです。

例えば彼氏と別れて忘れられない場合、

彼との思い出の品を捨てるとかです。

 

後、僕だったら仕事でよくやるんですが、

2年とか3年ていう期限を予め決めといて、

新たな挑戦をして結果が出ないならやめる。

そういったことも心の断捨離になります。

 

いつまでも執着していたら、

今のままの延長線上を歩くことになるので、

それでは未来は何も変わらないからです。

なので期限を決めてスパッと切るんです。

 

心のガラクタによって蝕まれていく

 

心の断捨離とは執着を手放すことで、

執着とは言い換えると心のガラクタです。

ガラクタって何の役にも立たないですね?

溜まり続けると邪魔になってしまいます。

 

けど執着って手放すとか、

或いは捨てるとかよく言われます。

確かにそうすることで心が軽くなって、

それによって前に進めるのも確かです。

 

けど厳密には心の一部なので、

捨てることなんて絶対に出来ません。

なので何かの拍子にフッと現われて、

 

「やっぱ自分って変わってない・・・」

 

て感じで落ち込んだりするんです。

意外と経験してる人は多いんじゃないでしょうか。

例えばやっと怒らない自分になれたと思ったのに、

別の状況で呆気なく怒ってしまったりとか・・・

こういうのって結構落ち込みますよね。

 

心のパーツは取り外せない

 

そもそも感情なんて捨てられないからです。

そりゃ、だってロボットのパーツみたいに、

カポッって取り外しが出来ればいいですが、

そんなこと絶対に出来ないじゃないですか。

 

手放すとか捨てるとかよく聞きますが、

その言葉を鵜呑みにしてはいけないんです。

確かに間違ったことを言ってるんじゃないけど、

ただ結構勘違いしやすいところなんですね。

 

捨てる以外の方法ってあるの?

 

物の断捨離と心の断捨離は、

似ているようで全く違います。

はっきりと大別できるところは、

  • 物は目で見ることが出来る
  • 心は目には見えない

 

というところですね。

スポンサーリンク

物は物質なんで捨てることが出来ます。

なので物に執着した心は物を捨てることで、

心の中に変化を与えることが出来ます。

 

実は成長に繋がる大切な要素がある

 

一方で心は目に見えません。

例えば誰かに傷付けられた経験をして、

トラウマになってしまったとしましょう。

 

これって物がある訳じゃないので、

いくら物を捨てても解消出来ない訳です。

何故なら心に直接刻み込まれているからです。

けどこうしたネガティブな感情って、

 

本当にネガティブだけでしょうか?

 

ということが言いたいんですね。

例えば僕はビジネスやトレードをしてますが、

今でも上手くいかないことや失敗をしていて、

いくらでもネガティブになったりするんです。

 

そこで文句を言って解決するならいいけど、

絶対に状況を打破することは出来ないんです。

じゃあ、そんな時はどうするかと言うと、

上手くいかなかったことや失敗に対して、

 

とことん向き合っていく訳です。

 

だってそうしないと次に進めないからです。

腹が立つことや文句を言うこともあります。

けどそれだけじゃなく冷静な部分もあって、

冷静になってしっかり向き合うんですね。

 

ここってサラリーマンやってた頃は、

こういう考え方が必要なかったんですが、

自分で食う道を選んで重要性を感じました。

 

じゃあ具体的にどうすればいいの?

 

感情は捨てることが出来ない訳で、

捨てるとか手放すって間違いじゃないけど、

それってその前段階があるんです。

 

それが感情と向き合うことで、

つまり自分ととことん向き合うことです。

 

「じゃあ具体的にどうすんの?」

 

ていう話になりますよね?

僕がビジネスやトレードをやってる時は、

 

まず向き合う気持ちになるまで待ちます。

 

だって気持ちの問題だからです。

けど僕の場合は食っていく必要があるので、

意識の中に向き合う必要性を感じてるんです。

じゃあそうでない場合はどうするかというと、

 

「本当に変わりたいと思ってんの?」

「本当のところはどうしたいんだろう?」

「自分って結局どうなりたいんだろう?」

 

こんな感じで自分に問い掛けるんです。

自分が本当のところでどう思っているのか?

ちゃんと確認しないと分からないからです。

 

仕事だって確認作業しないままやると、

後で大きなミスに繋がる場合もありますよね?

 

心にやり方や方法を求めないこと

心の断捨離に方法ってあるの?ほとんどの人が勘違してます

 

ここでお話しした内容って、

テクニック的なことは一切話してません。

というかそんなものはないんです。

 

例えば僕は去年の9月、

ネットビジネスの詐欺被害に遭いました。

総額にして200万という大金です。

 

こんな傷、簡単には癒えないんですよ。

未だに引きずっているところはあります。

けどあるYoutube動画を観た時に、

 

プラスの恩人とマイナスの恩人がいる

 

という言葉を聞いた瞬間、

自分の心が軽くなった感覚を覚えたんですね。

それは僕の中で自分の足を引っ張る人間は、

マイナスとしか思ってなかったからです。

 

けどマイナスの「恩人」という言葉で、

マイナスを通して成長することがあると、

そう感じて心に沁みてきた訳です。

 

要するに心のバランスが取れたんです。

 

数ヵ月引きずって何も出来なかったのが、

その言葉を聞いて日常を取り戻せましたね。

 

そんな感じで人の心って、

何がきっかけでどうなるか分かりません。

テクニックでどうこうなる話じゃないんです。

 

ということで今回はここまでです。

お読み頂きまして有難うございます。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ