素直になれないのはなぜ?心理状態を変えて自然体になる5つの方法

スポンサーリンク

素直になれないのはなぜ?心理状態を変えて自然体になる5つの方法

 

素直になれないことに後悔したことはありませんか?

僕も素直になりたいけど、なれない自分に苦しむこともあります。

どうしたら自分に素直になることができるのでしょうか。

 

僕たちは、素直であることが良いことは知っています。

 

ですが、

 

自分の気持ちを偽って、本音とは裏腹の行動をとってしまうことがあり、

自分でややこしい状態にして「負のスパイラル」を繰り返してしまいます。

 

「もう、訳がわからん!ふざけんなよー!」

「アイツのせいで、今こんな状況になったんだ!」

 

このように自分以外の誰かに責任を押し付けてしまってませんか?

このようなときは、僕たちはついつい他人のせいにしてしまいがちです。

 

なぜなら、

 

他人のせいにすることで自分が楽になれるからです。

 

ただ、他人のせいにしてしまうと一時的には楽になれますが、

自分の行動を反省しないので、同じこと繰り返してうまうようです。

では、同じことを繰り返して苦しくしないようにするには?

 

(前回は、ソウルメイトとは?引き寄せの法則で出会う5つのステップにて、

まず混同されがちなソウルメイトとツインソウルのそれぞれおの特徴は何なのか?

そしてソウルメイトを引き寄せるためのシンプルな5つのステップを紹介しました。)

 

 

素直になれる人、なれない人の違い

 

なかなか素直になれない人でも、

どんな自分になれば良いかという「素直な自分」のイメージがあると思います。

 

しかし、

 

もう少しだけ、素直な自分にたいする認識を深めるとより素直になれます。

では、自分にたいする認識を深めると言ってもむずかしくはありません。

 

  • 素直になれる人は、相手を信頼することができる
  • 素直に成れない人は、相手を信頼することができない

 

相手に対して心を開いているか、閉じているかという2つの違いだけです。

 

そして、

 

他人は自分の心の投影ともいわれているので、

自分が無意識に「信頼できない行動」をとってしまうことがあるのです。

 

相手の反応が冷たく感じたり、違和感を感じたりした経験はありませんか?

 

それは自分では認識していない「信頼できない行動」が原因なのかもしれません。

 

つまり、

 

相手を信頼できる、できないの違いは、

自分を信頼できる、できないの違いでもあるのです。

 

無意識に行っていた「信頼できない行動」を「信頼できる行動」に変えることが、

素直になれない心理状態から変わる手掛かりとなります。

では、次に具体的な5つの方法を紹介します。

 

 

1、自分の直感を信じる

 

誰もが当たりまえのように持っているのが「直感」です。

直感的な人とそうでない人の違いは、

 

自分の直感を信じて行動ができるかどうかです。

 

パッと良いアイデアが浮かんでも「でもなぁ…」と踏みとどまったことはありませんか?

確かに根拠もないし、可能性も分からないことには自信を持つことはできませんね。

スポンサーリンク

 

一瞬のうちに出てくる直感を信じて行動に移せる人は、自分を信じています。

そうなるには、普段からパッともの事を決める習慣が大切です。

たとえば、コンビニで菓子パンを買うときは良い練習になりますね。

 

 

2、自分の気持ちに正直になる

 

あなたは本当はどんなことがしたいのでしょうか?

いろいろと考えてしまううちに、自分で難しくしてしまうことがあります。

 

本当は一番最初に感じた「シンプルな気持ち」だったはずです。

 

後から肉付けするように、思考していろいろ考えすぎてしまうと、

次第に他人の目や見栄が邪魔をして、シンプルな気持ちが薄れてしまうのです。

 

抑えきれず動きたくなるほどの気持ちは初心にあります。

あなたがさいしょに感じたときの気持ちを思い出しましょう。

 

 

3、子供の頃の純粋さを思い出す

 

僕たちは子供の頃は、とても好奇心と素直さに溢れていました。

実は好奇心と素直さの2つはリンクしているのです。

 

興味のあることへは好奇心が沸いてきますね。

好きなことをするときは自分に素直になっています。

 

大人になるにつれてエゴやプライドが優先して、

本当は何がしたいのかを見失い、後に苦しくなってしまうのです。

想像力を鍛える5つの方法-子供の頃の純粋さを取り戻して現状打破では、

そんな子どもの頃の素直さを想像力を鍛える方法として紹介しています。

 

 

4、素直になれない人は小利口な人

 

先のことを考えてしまう人のことを小利口な人と言います。

 

ですが、

 

最も大切なことは、とりあえずやってみることです。

 

頭で考えていることは、あくまで想定の段階でしかありません。

よくバカ正直という言葉があるくらい”まずやってみる”ことが大切です。

そのあとで、良いか悪いかを判断しても遅くはないのかもしれません。

 

 

5、結局は素直に行動すること

 

僕たちは、つい疑ってしまい行動できないことがあります。

人に言われたことや、もの事にたいして信じることができないときがあります。

 

その真実は、

 

自分自身にたいして信頼できるかどうかなのです。

 

今、この瞬間に行動を起こしているのは自分です。

実際に行動しているのは自分なので、自分の行動を信じるか信じないかなのです。

誰かのせいにしたくなるのは、自分が楽になれるからなのです。

 

「あ、今の自分は誰かのせいにしようとしているな」

 

このように、まずはそのときの自分の心理状態に気づいて感じてみることが大切です。

 

 

素直になる心理とは?

 

素直になるための心理とは、心を開くこと。

いきなり他人と接するときにムリする必要はありません。

 

なぜなら、

 

他人や出来事は、心の投影だからです。

 

普段から自分の気持ちに正直になろうとする心掛けが肝心です。

あなたも最初に感じたシンプルな気持ちを大切にしませんか?

 

また素直さについて関連する別の視点でお伝えしてる記事で、

自分の本音が言えない-自分を素直に表現するには?では、

家族や恋人や友人などの心の距離が近しい関係について。

 

素直な気持ちを伝える4つの方法-相手の警戒心を解くには?では、

親しくなりたい相手に対しての素直な気持ちの伝え方など、

それぞれお伝えしてますのでお役立て下さい。

 

自分の気持ちに素直に生きられることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ