潜在意識を書き換えて成功する人が知っている意外な秘密

スポンサーリンク

潜在意識 書き換え 成功

 

変えようと頑張っても変わらない・・・

何かに挑戦してもどうもパッとしない・・・

人生は思い通りに生きられる人もいれば、

その反対に生きられない人もいます。

 

けどその違いは、潜在意識にあるんです。

 

言い換えるとセルフイメージのことです。

自分に対してどう自分がどう評価しているのか?

ということですね。

 

成功のカギは自分のことをどう思ってるのか?

と言っても過言ではないくらい重要なのです。

ですがこれは無意識に思ってることなので、

 

なかなか自分の本質に気付けない・・・

 

というところが問題だったりするんですね。

実際、自分が本当のところどう思ってるのか、

気付けなくて不安とか迷ってしまうわけです。

 

そこで今回は自分に気付く方法をお伝えし、

その上で潜在意識を書き換えをお伝えします。

 

自分の現在地を的確に把握して

その上で書き換えの方法を知ることによって、

不安や挫折に負けそうになっても立ち直りやすくなり、

成功への確率はかなり上がってきます。

 

前回は、潜在意識の現状維持を打破する方法として、

簡単にできる2つのアプローチ法をお伝えしました。

潜在意識の現状維持を打破する2つのアプローチ法

まずは理想とは掛け離れた状態を明確にする

 

さて冒頭でもお伝えした通り、

僕達は本当のところでは、

 

自分が自分に対してどう思っているのか?

 

分からないのが実際のところだったりします。

それもそうでそんなこと学校では習わないからです。

 

また自分に対する評価なので、

何となくこれかな?っていう程度なら思いついても、

これだ!って確信しきれないものです。

 

けど、まずは自分の現在地が分からなければ、

いくら目的地を定めたとしても、

どうやって行けばいいか分かりません。

 

それは車のカーナビを思い出せば分かりますが、

いくら目的地が決まっていて設定したとしても、

今現在で自分がどこにいるのか分からなければ、

結局のところ向かいようがないわけです。

 

そこで潜在意識下で自分が自分にどう思ってるのか。

ここのところを明確にしていく必要があるのです。

とは言っても非常にシンプルな方法です。

 

それは自分にとって嫌なことを思い出す。

 

これだけです。

何でもいいので嫌いなことなど、

紙に箇条書きにでも書き出してみて下さい。

 

仕事のことや家族や恋人のこと、

街で起こった出来事などなんでも構いません。

とにかく強く嫌だと感じたことを書き出します。

 

なんでこんなことをするのかと言うと、

普通、やりたいことって聞かれても分からないけど、

やりたくないことって割とすぐ出てくるものです。

 

とりわけ仕事に関することなんて顕著です。

やりたい仕事はいつまで考えても見つからないけど、

やりたくない仕事なら割と簡単に見つけられます。

なので反対側からアプローチするわけです。

 

でもホントこれだけなんですね。

それでも分からなければ人生経験が足りない・・・

と言われればそれまでですが、

 

本当に変わりたいと思ってるのか?

 

という大前提の部分を自分に問う必要があります。

なぜなら本当に変わりたいと思っているのなら、

見えてはこないはずはないからです。

 

 

最も理想の状態を顕在意識で明確にする

 

嫌な状態を書き出して明確にしたら、

次に理想の状態を明確にしていきます。

とは言ってもやり方なんて簡単です。

 

嫌なことの反対を考えるだけです。

 

例えば今の仕事に行くのが精神的に辛いなら、

好きなことで独立して自由に暮らすとかです。

何となく程度なら浮かんでこないでしょうか。

 

そして浮かんできた時に何を感じるのか?

その時に感じる感覚に意識を向けて下さい。

本当に心から望んでいるものならば、

 

必ず小さくとも感情が揺れ動くはずです。

 

このように潜在意識を書き換えること、

つまり潜在意識に落とし込んでいくには、

 

一旦、顕在化しておく必要があるのです。

 

なぜなら、先ほどお伝えしたように、

いきなりやりたいことなんて言われても

すぐには答えられないものだからです。

 

そもそも潜在意識と顕在意識の関係って、

ラジコンと同じようなものなのです。

 

潜在意識という本体をコントロールするには、

顕在意識というコントローラを使う必要があります。

 

自分が自分に対して本当のところどう思ってるのか?

そこが分からないから何でも成功もできないわけです。

なので顕在意識で明確に掴んでおく必要があるんです。

 

スポーツなら出来ることと出来ないことが明確なので、

自分の何を変えれば上手くなれるか分かりますよね。

それと同じで潜在意識の書き換えを行うには、

お伝えしてきた手順で自分を知る必要があるのです。

 

 

潜在意識の書き換えて成功に近付くカギ

 

自分にとって嫌なことを思い出し、

その反対を考えて理想の状態を明確にし、

その次にやっていくことは、

 

理想を実現しなければいけない理由を200個書き出す。

 

というのをやっていきます。

ここが潜在意識の書き換えの肝に当たります。

 

「200も書かないといけないの!?」

 

と、もしかしたら思ったかもしれませんが、

成功することってどんなことでもそうですが、

他人より抜きん出る人が成功しているわけです。

 

そもそも自分のことが分からない状態だと、

それでスタートしても行動が途中で緩くなり、

成功なんて夢のまた夢になってしまいます。

 

どんな些細なことでも、

どんなに自己中心的な欲求でも、

どんなに人には言えないような恥ずかしいことでも、

とにかく紙に書いて顕在化していきましょう。

 

紙に書き出すことって、

潜在意識に落とし込んでいくことにもなりますが、

フタをしてた自分を受け入れることにもなるので、

やってみると意外と楽しかったりするんですね。

 

僕の経験では恥ずかしいことなんか特にそうです。

自己中心的な欲求なんかも刺激的で面白いですね。

そもそもこうした思いって、

 

心のどこかでいけないと否定しているんです。

 

けど本当のところは求めているものなので、

潜在意識下ではアクセルとブレーキの同時押しで、

もの凄く生き難くさせてしまっているわけなんです。

 

けど実際に行動するわけではないので、

本音で思ってることまで否定しなくていいんです。

 

それを自分の中だけでは素直に認めることで、

自分の中で何か楽になっていったりするわけです。

この心の中の変化こそが潜在意識の書き換えです。

 

こうした自分と向き合うことって、

意識してやらないとなかなかやらないものです。

目に見えるものではないので軽視しがちなんですね。

けどこのブログでも大事にしていることですが、

 

目に見えないものほど本当に大切。

 

という真実があるんですね。

やはり自分がどう思うかで物事の捉え方が変わります。

この人は良い人だと思えばその人が良く見えるし、

この人は悪い人だと思えばその人が悪く見えるのです。

 

自分に対して自分でどう評価してるかも、

自分だからこそ上手くいくと思っているのか、

自分だからこそ上手くいかないと思ってるのか、

 

自分だからこそ許されると感じてるのか、

自分だからこそ許されないと感じてるのか、

 

自分だからこそ愛されると思ってるのか、

自分だからこそ愛されないと思ってるのか、

 

結局自分で自分をどう思ってるかで、

全てが決まると言っても過言ではありません。

どうせなら幸せになるように思いたいですよね。

 

 

人は心から納得することで行動が変化する

本日のまとめ:

  • まずは理想とは掛け離れた状態を明確にする
  • 最も理想の状態を顕在意識で明確にする
  • 理想を手に入れなければいけない理由を200個書き出す

 

潜在意識を書き換えることって、

書き換えることにフォーカスしがちですが、

本当に大切なことはそこではなくて、

 

自分をありのまま受け入れること。

 

たったこれだけのことなんですね。

自分を受けれることができれば、

誤解を恐れずに言うと何でも成功できます。

なぜなら自分を信じることができるんですから。

 

だって成功できずに途中で諦めるのって、

結局は自分を信じられなくなったらかですよね。

 

自分を受けれることができれば、

自分が本当は何を望んでいるのかも分かるので、

下手な情報に惑わされることもなくなるのです。

 

そして自分を受け入れることができれば、

自分を信じるという大前提でやっていけるので、

頑張っても、休んでてもどんどん良くなっていくし、

 

反対に自分に対してネガティブな前提でやると、

下りのエスカレータを上がるのと同じになるのです。

疲れて休むと下がると感じて焦るのもそうです。

 

それを解決するには、

潜在意識を書き換えること云々より、

潜在意識を書き換えることを通して、

 

ありのままの自分を受け入れる姿勢。

 

言い換えると自分を知ることなのです。

目に見えないところに目を向けることこそ、

成功の早道なので言うまでもありません。

 

関連記事:

潜在意識の最後の抵抗をなくすたった1つの方法

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ