シンプルに考えることで仕事も人間関係も楽になるコツ

スポンサーリンク

シンプルに考える 仕事

 

僕が2011年の夏くらいの時期でした。

実家に戻って派遣社員として働き始めて約1年、

実家も職場も自分の居場所がなくてあまりに辛く、

そんな現状を変えたくて部屋を断捨離しました。

 

自分の使っている部屋の95%以上を捨てました。

そうすることで何か変わるかもしれない・・・

とにかく現状を抜け出したかったのです。

 

けど部屋を断捨離してシンプルになったことで、

いつの間にかシンプルに考えられるようになりました。

そして現在は脱サラして独立することができたのです。

 

自分の望んでいる生き方を実現するには、

シンプルに考えると実現力が格段に上がります。

今回は、シンプルに考えるとは具体的にどうするのか、

望んでることが実現できない思考についても紹介します。

 

前回は、できなくさせてしまう心理的な壁についてと、

成功できる人とできない人の違いをお伝えしました。

本当に必要なものだけで暮らすための心理的な壁の越え方

 

できるはずのこともできなくなってしまう

 

何か新しいことに挑戦して自分を変えたい・・・

そう思ってるのに、お金がないとか忙しいとか、

またそれ以外で大小様々なトラブルが起こったり、

外部的な要因で思うようにできないことがありますね。

挑戦してる最中もそうなってしまう場合もあります。

けどこれにはそうなってしまう思考が原因なのです。

 

それは「足し算」ばかりしている・・・

 

ということです。

今の生活に新しいことを足していけば、

当然、生活が窮屈になるのは目に見えています。

 

また足し算の思考だと上手くいかないことが続くと、

不安に負けてあれもこれもと手を出してしまいます。

いろんなことに目移りして欲張ってしまうことで、

余計に頑張らなくてはいけなくなって失敗します。

できるはずのことすらできなくなってしまうのです。

 

これはシンプルに考えることとは真逆です。

複雑に考えてしまうから不安が大きくなっていき、

結果として複雑な思考が複雑な行動へと繋がります。

僕が断捨離をして部屋がシンプルになったとき、

考えることもシンプルになったのに気付きました。

 

つまり、行動と思考は繋がっているのです。

 

なので手っ取り早くシンプル思考になりたいなら、

部屋の物を思い切って断捨離してみることもお勧めです。

視覚的に余計な情報が入らないので自然とそうなります。

よく物がない状態が落ち着かないという人がいます。

けど余計な物のせいで自分の本音に気付けないのです。

 

仕事でも、なぜ今好きでもない仕事を我慢してやるのか。

それは生活のために働く日々…の記事にも書きましたが、

余計な思考が邪魔をして自分の本質が見えなくなります。

 

 

決断力がある人ほど「引き算」が上手い

 

人生で成功している人ほど、

一つひとつの決断がどっちに転ぶか分からない・・・

そんなプレッシャーの中で行動してたりします。

そしてしっかりと結果も出し続けなければいけません。

このような人達に共通して言えることは、

 

物事をシンプルに考える「引き算」。

 

ということなのです。

言葉を変えると「エッセンシャル思考」とも言います。

これは大事なことは意外と少ないという考えで、

まず何を捨てるべきか?が先にあります。

 

また「8対2の法則」にも当てはまりますね。

やるべきことの2割が最も大切だという考えです。

8割を捨てて2割に集中すればシンプルに考えられます。

別名で「パレートの法則」と言われる有名な法則ですが、

あれもこれもやらないといけないという混乱から、

抜け出すことができる考え方でもあります。

 

引き算で考えると仕事も人間関係も楽になります。

なぜなら悩みの原因は考え過ぎてしまうことだからです。

悩みがない状態は、そのことに深く考え過ぎません。

どちらかというと分かっているから行動するだけです。

 

そこでできないことにフォーカスしてしまう場合、

それは今までの考え方に執着しているからなんです。

なのでシンプルに考えられるようまず何を捨てるべきか?

そう考えるとまず執着を手放す必要があると分かります。

 

以前に引き算の美学で「できない」を~の記事を書きましたが、

足し算では息苦しくなり、心の栄養も奪われてしまいます。

引き算をするとやりたいことも見えてくるのです。

 

 

シンプルに考えることと潜在意識の関係

 

思考は現実化するという言葉があります。

これは事実であり、実際に誰もがそうだと思います。

けど望んでることが実現できない人も多いです。

 

その原因は自分の中で止めているものがあるから。

 

ということなんです。

例えば年収400万の人が1000万になりたいとします。

1000万なんて未知の世界なので意識としては望んでも、

潜在意識では危険と判断して現状に戻そうとするのです。

 

恋人が欲しいと街コンや婚活パーティに参加はするけど、

良い人が見つからないとか、いざとなると臆してしまうとか、

こうした原因も潜在意識が現状に戻そうとするからです。

なので自分の意志とは別の現実を引き寄せられるのです。

 

あなたは本当に実現したいですか?と問われると、

必ず心のどこかで引っ掛かるものがあるはずです。

それがまさしく自分の中で止めているものの正体です。

 

ここでもシンプルに考えることが重要です。

なぜなら上手くいかなくて考え過ぎてしまうからです。

そこで心の中で引っ掛かっているという部分に集中し、

どうすれば止めているものを外せるかと考えるのです。

 

普通は上手くいかないことが起こると、

どうしたらそれを解決することができるかと考えます。

けどその前に止めているものは何かを知る必要があるのです。

その方が解決に至るまでが非常にスムーズになります。

 

 

人生は有限だからこそ増やさない

本日のまとめ:

  • できることもできなくなる「足し算」の思考
  • 決断力がある人ほど「引き算」が上手い
  • 実現できないのは自分の中で止めているものがある

 

もし止めてみたら、もし捨ててみたら、

それによって良くなることは何でしょう?

 

シンプルに考えるとは、

止めること、捨てることを最初に考えるだけです。

パレートの法則で言えば8割は不要なことです。

望んでいることが実現できない原因もそのひとつです。

 

僕達は思っていることを実現したいと考えます。

けど思い通りにならないのは「足し算」をしてるから。

上手くいかない日々を過ごしては時間だけが過ぎます。

実はお金や知識や人脈よりも大切なものって、

 

有限である時間なのです。

 

今という時間は二度と戻ってきませんし、

20代、30代、40代をやり直すことができません。

一発勝負だからこそ「選択と集中」なんです。

 

今あなたが望む人生に変えていくために、

まず、何を捨てる必要があるのでしょうか?

もし何でも達成することが可能だとしたら、

あなたは何を選択して勝負したいと思いますか?

 

僕もネットビジネスをはじめた最初の頃は、

できる範囲からそれのみに集中する環境を作りました。

それでもやってる最中は不安や思い通りにならないなど、

自分の中で止めてくるものが常にやってきてました。

 

だけど限りある残りの人生を思いっきり自由に楽しみたい!

 

そう思ってたらそれでも向き合い続けました。

結局は物事って自分の感情との向き合い方なんですね。

そこで自分の感情に流されるから実現できなくなります。

けどそれを越えることで望みは実現できるのです。




 
サブコンテンツ

このページの先頭へ