本当に必要なものだけで暮らすための心理的な壁の越え方

スポンサーリンク

本当に必要なもの

 

人生で本当に必要なものって何なのでしょう。

僕達は今ある物だけでは満たされなくて、

今足りない物に意識が奪われてしまいます。

かと言って今ある物に満足しようと思っても、

 

やっぱり足りないものへ意識が回ってしまう・・・

 

そうなると部屋が片付けられないし、

いつも給料日前にはお金がない状態になり、

日常生活も何となく気持ちが晴れなかったり・・・

 

本当に必要なものだけに満足して暮らせたら、

心に描いている心地良い暮らしができそうですね。

 

それには物に対して抱く心理的な壁を知る必要があります。

また自分に対してどんな前提を持っているかを知ることで、

実現できるかできないかの違いが大きく左右させるのです。

 

今回の内容を知ることで、

頑張らないで部屋を片付けることのヒントが知れます。

本当に必要なものだけの暮らしの実現するための、

お役に立てればと思います。

 

前回は、何かを得るにはまず何を捨てるかが重要ですが、

成功脳の土台を作ることの7つの効果についてお伝えしました。

空白の法則の7つの効果!シンプル思考でストレスに強くなれ

 

とにかく変わりたくて仕方がなかった・・・

 

僕は今でも定期的に物の整理をします。

一般的には断捨離なんて言われてると思いますが、

ただ単にスッキリするのが好きなだけなんですね。

 

そんな気持ちが最も強かったのが、

2010年の秋から2011年の春くらいでした。

当時は仕事も実家だったので家でも苦しくて、

自分の居場所と言えば移動に使う車ぐらいでした。

 

貯金もなくて借金があって身動きがとれず、

コンビニの250円のカップのパフェを躊躇するくらい、

些細な贅沢さえもお金を気にして我慢してました。

 

何もできない自分に腹立たしかったです。

同時に自分を苦しめる人間や環境を憎んでました。

誰とも分からぬ誰かにさえ憎んでしました。

 

閉塞感だらけで将来に何の希望も持てない日々・・・

このままどうなるかなんてイメージすら湧かない・・・

 

「とにかく変わりたい!」

「今の現状を何とかしたい!」

 

その意識は自分の部屋の物へと向かっていきました。

せいぜいできることと言えば物を捨てるだけでした。

 

「今できることやれば何か変わるかもしれない!」

 

そう心の中で決意して夜勤が終わった土曜の午前中、

月に2回のチャンスに大量の物を軽自動車に詰め込み、

ゴミ処理場へと半年間掛けて捨て続けました。

 

今思い返すと本当によく頑張ってたなぁって、

孤独の中で必死だった自分に伝えてあげたいくらいです。

自分を褒めるっていうのは何だか変な感じですが、

結局最後まで一緒なのはもう1人の自分なんです。

 

このもう1人の自分とは潜在意識のことですが、

ここと上手く二人三脚で歩くことが生きるコツなんです。

そして無意識に自分で自分の足を引っ張ってることに、

気付いてないので人生が上手くいかなかったりするんです。

 

 

できなくさせてしまう心理的な壁

 

本当に必要なものだけで暮らしたい!

けど、実生活は理想とはほど遠い状態・・・

そこには何かがあるからできないわけですよね?

本当に必要なものだけに厳選して暮らしていくには、

その前段階で不要な物を捨てる必要があります。

 

では、何のために捨てるのでしょうか?

 

意外と忘れてしまいがちですが、

何のためにという最初に掲げた目的を忘れて、

目の前のことだけを追い掛けてしまうことがあります。

そのまま挫折するケースは片付けに限らず多いです。

 

けど、何のためにというのは簡単に思い出せますし、

ないならないでこれから築けばいいだけの話です。

というよりは何か意味を感じるからこそ、

本当に必要なものだけで暮らしたいと思うわけです。

 

けどここを改めて見つめてみることで、

次にお伝えすることが見えやすくなってきます。

それは何かというと、

 

  • 自分を止めているものは何でしょうか?
  • そしてそれを外すとどうなれるでしょうか?

 

実はここが明確になることで、

もう一人のあなたと二人三脚で歩けるのです。

だってよくよく考えてみて下さい。

 

本当に必要なものだけで暮らしたい!

という望んでいる思いがあるんです。

後はそこに向かうのを止めていものを外せばいいんです。

 

「なぜこんな結果になってしまったんだろう?」

「どうしてこうなってしまったんだろう?」

 

僕達はよくこんな疑問を抱きます。

けどそこにフォーカスしてしまえば、

問題や悩みの底なし沼へとハマってしまうんです。

余計に答えは見え難くなってしまうんですね。

 

ということは自分に何を問い掛けるかなんです。

 

なぜなら人生の質は質問で決まると言われているからです。

自分らしい生き方を仕事にする~にも書きましたが、

人は1日に6~7万回も脳内で思考しています。

心理学ではこのことを「内部対話」と言います。

無意識に様々なことを自分に問い掛けてるわけです。

 

 

成功できる人とできない人の違い

 

あなたも小学生の頃の体育の授業で、

跳び箱を飛んだ経験があるかと思います。

 

最初は跳び箱も低いので、

飛び越えることに何の抵抗もなく、

 

「あ~、これなら何とか飛べる!」

 

て感じで実際に飛べることができました。

簡単に思えるから飛ぶ自信があったわけです。

けど跳び箱の段数が1段ずつ上がるにつれて、

その自信はちょっとずつ不安の色も出始めて、

やがて自分と同じ目線くらいになってくると、

 

「これ、ちょっと無理なんじゃないか・・・?」

 

と不安の気持ちの割合が多く占めていきます。

そしてそんな気持ちで飛んでいくと、

案の定、飛べなくてガッカリしてしまった・・・

 

僕もそんな気持ちを味わったことがあります。

この話を聞いて何か気付いたことはありませんか?

成功できる人とできない人の違いがあるんです。

 

それは何を前提にして行動してたかです。

 

最初はできると信じてたので跳び箱を飛べましたが、

だけど跳び箱の段が上がるにつれて不安になっていき、

信じてた気持ちが薄れてそれが現実になりました。

 

何を前提にしているかで結果に違いが出るんです。

 

跳び箱だと物理的に限界がありますが、

僕達は過去に痛い経験をするとその経験を元に考え、

本当はできるはずのことさえできないことがあります。

できると信じてやるか、できないと信じてやるか?

どっちの前提で行動するかは結果に大きく影響します。

 

 

ハードルを下げて生きていく

  • 潜在意識というもう一人の自分の存在
  • 自分を止めているものを外すとどうなれるか?
  • 前提によって結果に違いが出る

 

部屋を片付けられない人の心理は、

いきなり大きなことをやろうとするのがあります。

たとえば一気に部屋を片付けてしまおうとしたり、

捨てることが困難な物から捨てようとしたりです。

 

けどスポーツをする前には、

ストレッチをして準備運動をすることで、

ケガもないし、パフォーマンスも発揮できます。

なぜなら車の暖気運転のようにエンジンを温めたからです。

なのでいきなり大掛かりなことに取り組もうとせず、

 

「今日は引き出しの中だけ片付けよう!」

「明日は棚の不要な物を捨てよう!」

「慣れてきたらクローゼットに取り掛かろう!」

 

このように行動のハードルを下げてみると、

できないと思ってたこともできるようになります。

 

僕はブログを書き始めた頃なんて、

よくパソコンの前でフリーズしてしまい、

その日は全く書けなかったことがよくありました。

けど毎日向き合ってると自然と書けるようになったんですね。

それは実際には書くことができなくても、

 

脳内では神経回路が少しずつ繋がってたからです。

 

目には見えないところでは、

しっかりと行動した分だけの結果が出てたんですね。

そんなところも意識してみると良いかもしれません。

すると本当に必要なものだけで暮らせる日もくるでしょう。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ