断捨離のやり方とは?部屋をすっきりして心も軽くする4つの手順

スポンサーリンク

断捨離のやり方とは?部屋をすっきりして心も軽くする4つの手順

 

断捨離が一時期はブームになるくらい、

多くの人が心の中をすっきりしたいと思っているのかもしれません。

しかし、断捨離のやり方を正しく行わないと後悔することもあります。

 

僕が断捨離を実践する中で後悔しやすいモノは、

身近な人との思い出が記憶の中にある場合だと思っています。

 

なぜなら、自分しか関わっていないモノというのは、

最初こそためらいがあるものの思い切って捨ててみると、

すっかりと忘れて普段の何気ない生活をしていたからです。

 

つまり、身近な人との思い出が詰まっていないモノに関しては、

ガンガン断捨離してもまったく問題ないと言えます。

捨てることにためらいはあっても、後悔することはありません。

そこで今回は、断捨離のやり方をお伝えしていきたいと思います。

 

(前回は、引き算の美学で「できない」を「できる」に変える考え方にて、

多くの人は失敗すると「できない」とあきらめてしまいそうになりますが、

引き算の美学で「できる」にシフトする考え方をお伝えしました。)

 

 

断捨離とはただ捨てるだけじゃない

 

断捨離とは、モノを捨てることを通して、

心の中にある無意識に染みついた執着を手放すことです。

この執着を手放すことに断捨離の本質があると言えます。

 

部屋の中にあるモノを捨てると、頭がすっきりしてきて心も軽くなります。

年末の大掃除や、机の片付けをするとすっきりした気持ちになりませんか?

 

それは、心と身体が繋がっているからです。

実際に身体を動かして行動することによって心にも影響します。

人は視覚から得られる情報を約80%くらい頼っていると言われています。

 

部屋の中の実際のモノを捨てることで、視覚的に変化を与えることになり、

心に与える影響もかなり大きくなるということなのです。

 

ですが問題は捨てることがなかなかできないこと。

すっきりすることは分かっているけど実際に行動に移す人は極僅かです。

僕も実践して感じたことは、捨て方に困るという事実でした。

それは、モノによって捨て方が異なるからです。

 

ただ、捨てることができないのは、

捨てる方法ではなく捨てるときの考え方に目を向ける必要があります。

それは断捨離そのものが方法ではなく考え方に意味を置いているからです。

 

 

1、分けるときの考え方

 

まず1つのカテゴリーを決めて集めます。

たとえば洋服なら、タンス、ハンガー、収納ケースなどの服全部です。

中には、持っていたことすら忘れていたモノもあるのではないでしょうか。

そしていらない服を分けて捨てていくのですが、すべての服にたいして、

 

今現在で使っている or 今現在で使っていない

 

このたったひとつのシンプルな考え方で決めていきます。

なぜなら、今現在で使っていない服は今後も必要にはならないからです。

そこで「もしかしたら使うかもしれない」と思うからモノが溢れてしまうのです。

このシンプルな考え方を徹底することが重要です。

 

 

2、それでも迷ってしまうモノ

 

だけど今現在で使っていないからと簡単に捨てることができれば、

断捨離なんて誰もが最後まで完了させられると思います。

 

そんなときは、ルールを決めて一時的に残しておきます。

そのルールとは30日間のみ保管するというものです。

一回目に分けてから、30日程度保管しておいてまた分けます。

このときの分け方も、

 

今現在で使っている or 今現在で使っていない

 

この考え方のみで捨てることを判断していきます。

あとは、この手順を何度も繰り返していくのですが、

この考え方で行うことによって1回目よりも2回目の方が、

手放すことが意外と簡単に思えることを実感できるでしょう。

 

 

3、捨てる方法に困る場合は?

 

いくら考え方が大切だと言っても、

やはり実際に捨てるときの方法も考えなくてはいけません。

基本的には以下の3つの方法を軸にして考えていきます。

 

  1. 欲しいと思っている人に譲る
  2. リサイクルなどお金に変えられれば売る
  3. デジタル化などデータに変換できるモノ

 

そしてこの3つの方法で手放せないモノは廃棄します。

このように考えてみると断捨離を行うこと自体はとても簡単です。

断捨離ができないとかむずしく思っている原因は、

 

断捨離ではなく捨てることができない執着している心です。

 

そのために断捨離のやり方では、捨てるための考え方を大切にしています。

何よりも本当に必要な物だけを選び抜く力を身に付けるには、

どうしても捨てることの大切さを知っておく必要があるのです。

本当に大切にすべきことのために執着は手放すのです。

 

 

4、これから手に入れるモノへの考え方

 

断捨離を実践して、これからのモノへの考え方も必要になってきます。

ではどのようなモノへの考え方をすれば良いのでしょう。

まず「これいい」「可愛い」「安い」などそのときの感情で判断しないこと。

 

  1. 本当に欲しいかどうかは、一度離れて冷静に考える
  2. 迷いを感じるようならば、今すぐ手に入れないこと
  3. 「○%OFF」、「今だけ限定」などの付加価値は判断基準に入れない

 

この3つの考え方が重要です。

なぜなら、部屋に入れても愛着が薄れて手放してしまうからです。

あるいは忘れてしまって部屋の中が散らかってしまうでしょう。

これから手に入れるモノにも、しっかりルールを決めることが大切です。

 

 

本当に必要なものを選び抜く力

 

断捨離は、モノを捨てて執着を手放すだけではありません。

捨てるときに使う使わないで判断して行動し続けることで、

 

本当に必要なものとはなにかを選び抜く力を養う。

 

このことも大事な要素として含まれています。

ただ捨てるだけではなく、これからの生き方を考える力です。

あなたが断捨離を実行したいと思っているのでしたら、

ぜひ参考にしてみてください。

 

またせっかく綺麗になった部屋の状態はキープしたいものですね。

部屋に物を増やさないための片付いた状態を保つ7つのコツでは、

物を増やさないための具体的な方法をシンプルにまとめました。

誰にでもできる簡単な方法なのでぜひお役立て下さい。

 

心がすっきりして快適な日々を送れることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ