持たない生活-シンプルライフで持たない豊かさへ

スポンサーリンク

持たない生活-シンプルライフで持たない豊かさへ

 

持たない生活の豊かさ。

本当に必要なものだけの洗練されたシンプルライフ。

自分のお気に入りに囲まれた、充実した空間を創りたくありませんか?

 

そのためには、

 

まず「豊かさの病」から抜け出すことも大切です。

 

  • いい車
  • いい洋服
  • いい家
  • いい食事

 

僕たちの暮らしは、手元にあるお金の額に応じて、

実際の生活の物が豊かになる傾向があります。

 

決して贅沢がいけないというのではなく、

 

まわりの目や他人に認めてもらいたいと思っている自分に気づくことが、

結局のところ自らを苦しめる原因から逃れる唯一の方法だからです。

 

自分にとって本当の「幸せ」や「楽しさ」とはなんなのかを知ることが、

今の自分を変える人生の目的そのものとなります。

 

「今、生きているんだなぁ・・・」

 

こんな風にしみじみと感じた経験はありませんか?

そのときの心にいっぱい満たされた感じ、

何もなくてもただそこにいるだけで充実した気持ち、

 

言い換えると、

 

命を感じさせてくれる時間。

 

それをシンプルライフで実現することが可能です。

苦しくて満たされないことを勇気をもって手放してみませんか?

 

(前回は、シンプルな考え方-後悔しない生き方をする4つの教えにて、

シンプルな考え方をすることによって後悔しない生き方が可能であり、

どうしてシンプルに考えられないかの理由を交えて紹介しました。)

 

 

持たない生活の豊かさ

 

持たないことは「物」そのものもそうですが、

 

「○○の資格が欲しい」

「○○スクールの上級コースに上がりたい」

「○○に参加したい」

 

などのように、実際の物いがいにも当てはまります。

これらのまず間違いなく言える特徴としては、

 

欲しいことへの強い囚われです。

 

頭の中は常にそのことでいっぱいになり、

誰に何を言われようと、どんなに生活が困難な状況になろうと、

 

「欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい!」

 

ただただ、この一点張りで、

何としても自分の欲しいものを手に入れようとします。

自分では冷静なつもりでも意識は常に囚われた状態です。

 

「これをすればみんなを幸せにできる」

「自分が手に入れることで身近な人を助けることができる」

 

自分が欲しいという視点のまま、

都合のいい言い訳を作ってしまうことも特徴です。

 

僕は見事にこの罠にハマってしまい、

生活は常にギリギリで苦しい日々を送っていました。

 

稼いだお金を欲しいもののためにドンドン使うことより、

 

まずは少ないもので豊かに、シンプルに暮らし、

なにに執着をしているのかに気づいて手放すことで、

自分にとって本当に必要なものはなんなのかを知ることができます。

 

 

自由に生きたい

 

お金がたくさんあることが自由のように思えるかもしれません。

確かにお金があれば、ほとんどのことが解決できると思います。

 

ですが、

 

どれだけお金があっても幸せになれない人がいると言います。

 

それは、

 

自分のことをないがしろにしてしまったからかもしれません。

よく「頭の中を整理」すると言う言葉を目にしたり聞いたりしますが、

じゃあ、具体的にどうればいいんだよ!って思いませんか?

 

頭の中を整理するとは、

 

頭の中でグルグルと回って囚われの元となっているものを捨てることです。

 

整理整頓の整理と同じ意味で、

 

整理 = 捨てる

 

ということです。

自由に生きるとは、まず精神的に自由になることが大切と言います。

では精神的に自由になるとはどういうことかと言うと、

 

自分の頭の中で囚われているものを捨てることなのです。

欲しいと思うものをあきらめるということです。

 

欲しいものをあきらめた瞬間、

本当の意味で欲しいものが見えるようになってきます。

そこにお金をかけることは、心を豊かにしてくれます。

 

 

手放すことは勇気がいる

 

とは言え、

自分が欲しいものやしなければいけないと思い込んでいるものなど、

頭の中で囚われているものを捨てることは、

当の本人からすると、とても恐ろしくてできないことだと思います。

 

ですが、

 

自分の本当の意味で欲しいものではなく、

自分の価値観とズレたとろこで欲しいものを中心とする生き方は、

 

時間、お金、精神的に必要以上にエネルギーを消費してしまいます。

 

たとえば、

 

いい車を買えば、まわりから注目されていい気分になる。

だけどそれには身の丈以上の高額のローンが毎月やってきます。

必要以上にお金がかかり、そのために残業を頑張って時間を費やす、

さらにローンの支払いという精神的負担、

このように必要以上にエネルギーの消費をしてしまうのです。

 

  1. 勇気を持って捨てることで得られる未来の自由
  2. 後々の重い支払いがあるけど満たされる優越感

 

あなたならどちらを選択しますか?

 

 

所有しているものを手放すと楽になれる

 

部屋の中の不要な物を片付けて捨てることで、

すみずみまで部屋の状態を把握でき、しっかりと管理できます。

 

同じように、

 

頭の中の不要なものを片付けて捨てることで、

すみずみまで頭の状態を把握でき、心配ごとが解消されていきます。

 

持たない生活の豊かさ。

シンプルライフの持たない生活。

 

それは、

 

部屋の中の物を実際に処分して殺風景にすることではなく、

一度、部屋の中の物をゼロリセットすることで、

自分にとっての本当に必要なものは何なのか?

そのことに意識が向くようにするためです。

 

本屋でお洒落な部屋を紹介している雑誌を目にしたとき、

自分の「お気に入り」で満たされた空間を創って、

その中で過ごしている人々の表情は、

 

とても充実していて満足そうに見えました。

 

自分のお気に入りで満たせるなら、

部屋をゼロリセットする前よりも物が多くなっても良いと思います。

 

シンプルライフの「持たない」とは、

 

不要なものを持たないという意味です。

 

持たない生活が実現できることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ