物を捨てられない心理5つと捨てるコツ

スポンサーリンク

物を捨てられない心理5つと捨てるコツ

 

どうして、物を捨てられないのでしょう?

物を捨てられないのはある心の中にある心理的な要因があります。

 

しかし、物を捨てられないからと言って、

何でもかんでも捨てられないと言えばそうではありません。

 

今日買った弁当のゴミは簡単に捨てれますね?

全く着なくなって穴の開いたTシャツを捨てることはできますね?

興味のなくなって部屋に置きっぱなしの雑誌は捨てることができますね?

 

では、

 

今使っている歯磨き粉を捨てることはできますか?

 

いかがでしょう。

上記の3つは捨てることができても、

次の質問では捨てることに躊躇した気持ちになったのではないでしょうか。

 

このように、

 

捨てられないときというのは、

 

「ちょっとまてよ、それは捨てることはできなんじゃないか?」

 

と、心の中で抵抗感が出るのかもしれません。

物を捨てられない心理とは何か?

捨てられないときの心の動きを知ることが大切です。

そこのところを踏まえて捨てられない心理と捨てるコツを伝授いたします。

 

(前回の記事、シンプルライフ-財布が暖かくなるシンプルな財政管理法にて、

給料日前になると財布の中身が少なくて毎月貯金を崩してしまう対処として、

お金に余裕のある暮らしを実現するための方法についてお伝えしました。)

 

 

1、勿体ないから捨てられない

 

「まだ使えそう」

「何だか勿体ない」

 

このように勿体ないという気持ちがストップさせる原因となります。

一度、勿体ないと思うようになるとそれが習慣になって、

部屋の中に物がどんどん溜まってしまいます。

 

ですが、現実はおよそ70%以上は使用頻度がほとんどなくなった、

あるいは全く使用されない状態になっているのです。

 

勿体ないと残しておいて使用している物はありますか?

 

本当に使える物であれば、使えるor使えないの意識は頭にないはずです。

なぜならば、

使うという前提で使用しているからです。

使えるor使えないと考えるようになった時点で、

既にもう必要のない物になっているんだと自覚する必要があります。

 

なので、「迷い」が生じたとき、

それは捨てることを示唆するサインなのかもしれません。

 

 

2、物を大事にしないといけない

 

物を大事にしないといけないのは大切ですね。

では、どんな物を大事にしないといけないでしょうか?

ここを説明することができる人はほとんどいないと思います。

 

僕たちは聞いたことや見たことを鵜呑みしてしまうことがあります。

もの事を上手く行う上でもよく考えることが大切です。

 

それは、片付けの際も同じことが言えます。

物が多いことは良いことだと、どこかで信じてませんか?

本当に物を大事するためには、やはり不要な物を捨てなければいけません。

 

なぜなら、

 

自分にとって必要な物を見極められないと、

何が必要で何が不要なのかが分からずどんどん溜まっていくからです。

 

物を大事にしなければいけないのは、

物質に貧しかった時代に通じる価値観です。

ですが、今は物に溢れた時代になってますね?

 

それなのにいつまでも物質に貧しかったときの価値観のままでは、

上手く日常を送ることができないのです。

そして、厄介なのが本人に自覚がし辛いところです。

 

具体的に言うと、

 

何だかいけないという違和感はあるけど、どうしたら良いかわからない。

 

このような感じです。

なので、新しい時代の価値観を受け入れることです。

本当に必要な物だけを厳選して部屋に入れる習慣にしていくよう、

 

物が多いことは必ずしも良いとは限らない

 

と、認識を改めることが必要です。

 

 

3、もしかして使うかもしれない

 

断捨離や片付けの際によく陥りがちなのが、

もしかして使うかもしれないと思ってしまうことです。

ですが、残しておいて使ったことがあるのはほとんどないはずです。

 

このように「迷い」が生じてしまっている時点で、

既に不要な物であると自覚することが大切です。

あとは覚悟を決めて思い切ってゴミ箱へ入れます。

 

今・この瞬間にあなたにとって必要な物とはなんでしょうか?

今・この瞬間だけに集中することです。

ここを基準に考えることが、

もしかして使うかもしれないから脱却するコツになります。

 

 

4、貰い物が捨てられない

 

貰った物を捨てることは難しいですね。

 

なぜならば、

 

貰った物を捨てるのは「申し訳ない」と思うからではないでしょうか。

いかがでしょうか。

ですが、物は物であってそこに相手は存在しません。

 

ここで大事にするべきことは、

そのときに送ってくれた人の行為そのものに感謝することです。

行為であって貰った物ではありません。

 

もし、今までよりもっと感謝の気持ちを持って受け取ることができたら?

僕たちは受け取ることが実はヘタなのかもしれません。

受け取る感謝の気持ちが足りないお蔭で、

貰った物を捨てることに躊躇してしまうのかもしれません。

 

もっと受け取ることに感謝の気持ちを持ってみてはいかがでしょうか。

 

 

5、思い出の品物たち

 

思い出の品の数々…

とても捨てるに心苦しいものがありますね。

 

目にした瞬間、

手にした瞬間、

 

あのときの記憶が蘇ってきて、

 

「ああ、あのときは楽しかったなぁ」

「あのときはあんなこともしていたなぁ」

 

と、懐かしく感じてしまってつい時間も忘れてしまいそうです。

思い出の品を捨てられなくなっている理由は、

過去の思い出に浸ってしまうことです。

それによって情が移ってしまい、捨てることができなくなります。

 

物は何でもかんでも捨てれば良いと言うわけではないので、

プラスの気持ちになれるのでしたら、

遠慮なくとっておくことも方法のひとつです。

なぜならシンプルライフでは、

プラスの気持ちになれるものは所有するべきと考えるからです。

 

マイナスな気持ちになってしまう物に限ってすてるようにしましょう。

それでも捨てることへの決断ができないとお悩みでしたら、

自分で決断できない人の勇気が出る4つの方法にてお伝えしている内容が、

あなたを思い切って決断させてくれる力となってくれるでしょう。

 

 

物を捨てられない心理5つと捨てるコツ~まとめ~

 

物を捨てるコツというのは、

ダイエットと同じと言えます。

それは、一気にやろうとすると上手くいかなかったり、

逆にリバウンドして今までよりひどくなってしまうからです。

 

人は今の自分にできることしかできません。

 

今できることを毎日継続することで少しずつ広げていきます。

そうすることで、自分を確実に成長させることができて実現力が高まります。

 

なので、

 

最初は捨てやすいと思う物から少しだけ行い、

徐々に確信に迫るように自分のできる範囲を少しずつ広げることです。

 

どうしても今までの方法では捨てられないときがくたら、

オークションに出してみたり、友人にプレゼントしてみたりすると、

方法を変えるだけで、意外と簡単に手放すこともできます。

 

このように捨て方にも工夫することで可能にすることもできます。

 

また、

 

整理整頓や片付けがどうしても苦手でうまくできない人には、

片付けられない人に多い「捨てられない」を解消するシンプルライフのすすめにて、

捨てることへの苦手意識と、どのように向き合うかを紹介しています。

苦手意識を克服するためのヒントとなってくれるでじょう。

 

さらにものを捨てる基準-本気で減らす7つの考え方の記事では、

より具体的な捨てることが簡単に行えるための判断基準を紹介しています。

ほとんどのものは捨ててみると案外気持ちが楽になれことばかりなので、

失敗しないためにも、ぜひ読んでおくことをおすすめします。

 

スッキリした心地の良いライフスタイルを送れることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ