プライドを捨てる方法-染みついた習慣を変える4つのハコ

スポンサーリンク

プライドを捨てる方法-染みついた習慣を変える4つのハコ

 

恥ずかしい、バカにされたくない・・・

つい見栄を張るプライドが邪魔することはありませんか?

いらないプライドを捨てることが大切だと言うのは、

 

誰もが知っていることだけど、でも捨てられない。

 

僕たちは、どうして分かっていながら捨てることができないのでしょう。

潜在意識では、ネガティブな感情が浮かんできては、

その感情に見合う映像を、記憶の中から選んできて都合よく当てはめてきます。

 

とたえば、

 

自分「ああ、なんかイライラしてきた」

潜在意識「お、出てきた!この感情にはあのときの記憶を見せよう」

自分「そうか、アイツのせいでイライラしているのか」

 

いらないプライドを捨てることができないのは、

 

自分の中から湧き起こる感情と、

そのとき浮かんでくる過去の記憶を分けることができないからです。

 

そして、

 

自分を根本的に変えるには、習慣を変える4つのハコを知る必要があります。

今回は、染み付いて離れないプライドを捨てる方法を紹介します。

 

(前回は、あなたの目標達成を邪魔する悪魔の声に負けない2つの方法にて、

目標達成できない理由は、自分の心のある2つの声の存在を知ることであり、

誘惑や邪魔する者に負けずに行動し続ける方法を紹介しました。)

 

 

プライドは2種類ある

 

プライドには2種類あるのをご存知でしょうか。

 

  1. 自分にたいするプライド
  2. 他人にたいするプライド

 

この2つのプライドが存在します。

自分にたいするプライドとは、「自分は大丈夫だ」という信頼感、

「自分はやっていける」という可能性を信じる気持ちのことです。

このプライドの特徴は、行動力が湧き上がってくることです。

 

一方で、「アイツに負けたくない」とか「自分から素直になりたくない」など、

幸せや楽しい人生を台無しにしてしまう感情が、他人にたいするプライドです。

 

誰もが、生きている限りはずっと持ち続ける感情であり、

僕も、他人にたいするプライドから素直になれないことは今でもあります。

むしろたくさんあり過ぎるくらい、いらないプライドに気づかされます

 

他人にたいするプライドは、あまり良い感情にはならないですね。

ではなぜ、それでも捨てることができないのでしょう。

 

 

捨てることができないのは現状を維持するため

 

潜在意識には、現状を維持するようなメカニズムがあります。

それはよくエアコンの温度調節機能に喩(たと)えられたりしますが、

今の自分を維持する方法が、もっとも生き残る確率が高いからです。

 

変化が起こることは、分からないことが起こってしまうので、

生命の危機だと思ってなるべく避けようとします。

 

たとえば、

 

人が眠るために家を建てるのは外敵から身を守り安心して眠るためです。

雨が降れば風邪をひきますし、猛獣に襲われるかもしれません。

これでは安心して眠ることができませんし危険な状態です。

 

このようないつ襲われるか分からない状態では安心できないので、

そのためには、安全な状態を確保する必要があります。

 

つまり、

 

現状(安心)を維持するための家を建てる必要があるのです。

 

家を建てることで安全を確保することができて安心して眠れます。

今の現状を維持し続けることができて、危険な状態を避けることができます。

この家と同じような役割が、人の心の中にもあります。

それが、潜在意識の「現状維持メカニズム」です。

 

変わりたくても変われないのは、

変わることが変化であり、潜在意識が身の危険と判断してしまうからです。

頭で分かっていても、変わることができないのはこうした理由からです。

 

 

染みついた習慣を変える4つのハコ

 

自分を変えたいと思ったとき、

いらないプライドを捨てて素直になりたいと思うなら、

習慣を変えるための4つのハコを知ることが必要です。

 

頭で理解 =  頭で理解できることは1日でできます。

気持ち = 気持ち(感情)に変化を与えるには1週間かかります。

性格 = 自然とポジティブな考え方にするには1ヶ月かかります。

身体 = 身体に染みつかせるほど落とし込むには1年かかります。

 

本当に自分を根本的に変えたいなら、

1年単位で考えて行動に移すことが大切です。

ここまで聞くと自分を変えることはむずかしいと思うかもしれません。

ですが、その方法はとてもシンプルです。

 

それは、

 

自分の中にネガティブな感情が出てきたら、

 

「あ、今の自分はちょっとネガティブな感情になっていたな」

 

という風に、ただ気づくだけで大丈夫です。

 

気づくだけで既に50%は解決していると言われているからです。

 

この文章を読んで、既に気づきやすい状態は整っています。

あとは日常生活でネガティブな感情が出てきたとき気づくだけです。

 

 

プライドを捨てると清々しい

 

プライドを捨てることができるとどうなれるのでしょう。

僕も、たくさんのプライドを抱えているので、

人のことが言える立場ではないのかもしれませんが、

 

肩の力が抜けたような、なんとも言えない清々しさではないでしょうか。

 

あなたが今、手放せないプライドを捨てることができるとしたら、

どのような心の状態になれているでしょうか?

 

少しだけでいいので、ぜひ想像してみてください。

 

清々しい気持ちになれることを祈っています。



 
サブコンテンツ

このページの先頭へ