あなたの目標達成を邪魔する悪魔の声に負けない2つの方法

スポンサーリンク

あなたの目標達成を邪魔する悪魔の声に負けない2つの方法

 

自分で決めた目標を達成できないことに悩んでませんか?

3日坊主だったり、なかなか結果が出なかったり、

人生は、どうしてこうもうまくいかないのでしょう。

 

目標達成に必要なものは、

 

コツコツ淡々と行動し続けることです。

 

だけど、

 

このシンプルなものほど、僕たちは続きません。

 

恥ずかしながら僕もセミナーやコーチングなど、

コツコツ続けていれば結果が出ていたかもしれないのに、

途中で継続することを”自分の意志”で辞めてしまいました。

 

どれも、とても素晴らしいギフトを与えてくれたのに・・・

 

今日は、目標達成を邪魔する誰の中にも存在する悪魔の声について、

自分の中からどう見極めてどう対処すれば良いのかをお伝えします。

 

(前回は、不安な気持ちを落ち着かせる「今この瞬間」に集中する方法にて、

不安な気持ちを感じてしまうのは、あることが原因で起こってしまうのですが、

気持ちを落ち着かせて前向きになる「今この瞬間」に集中する方法を紹介しました。)

 

 

甘い甘い悪魔の声のワナ

 

ダイエット、節約、片付け・・・

その他のありとあらゆる目標達成に向かっていくとき、

 

僕たちに問われるのは「忍耐」です。

 

たとえばダイエットを例にすると、

ダイエットでは、食事を制限する必要がありますね。

痩せるためには、痩せる習慣にする必要があります。

 

ですが、

 

どうしても今までの習慣があるので、

ダイエット中であっても甘いお菓子を食べたくなってきます。

 

ここで、

 

「ダイエット中なんだから、今は我慢するべき」

 

というのが天使の声。

 

「多少は大丈夫、少し気持ちを満たしてダイエットに臨めばいいよ」

 

というのが悪魔の声。

 

いかがでしょうか、

あなたの中にも、この天使と悪魔の声がささやいてきませんか?

ここで天使の声にしたがう「忍耐」が問われるのです。

 

ですが、

 

我慢するべきなのは頭では「いけない」と理解しているはずなのに、

では、どうしてそれを守ることができないのでしょうか。

 

 

目標達成を排除するメカニズム

 

どうして頭では分かっていても、

この悪魔の声にしたがって自分を甘やかしてしまうのかと言うと、

 

目標達成を排除するメカニズムがあるからです。

 

これは、

 

自分を良い方向へと導いてくれるものや、

せっかく今まで頑張って努力してきたことにたいして、

 

ある日、突然に「バカバカしい」と冷めてしまうメカニズムのことです。

 

女性が結婚前にマリッジブルーになるのもそのためです。

ここまで大好きな彼と一生懸命に頑張ってきたのに、

 

「彼を選んで本当に良いのだろうか」

 

と急に冷めてしまうのです。

目標達成には、大きく2つの壁があります。

 

  1. 最初のもっともエネルギーを必要とする瞬間
  2. 目標達成が目前に迫ってきている瞬間

 

この2つです。

このことを知っておくことは、

目標達成するためには大切なこととなります。

 

 

1、苦しいと感じる選択

 

目標を達成するとはどういうことでしょう。

 

それは、

 

達成できていない状態 ⇒ 達成できている状態

 

このように、ある状態からある状態へと移行することですね。

そうなると、移行するときは必ず「痛み」を感じてしまうものなのです。

 

ダイエットの例で言えば「甘いお菓子を我慢する」ことです。

ここを「忍耐」で乗り切る必要があります。

 

天使と悪魔の声、

 

迷いを感じるときは苦しいと感じる選択をしましょう。

 

それが、目標達成で重要な要素となります。

 

 

2、優先順位の1番のみ厳守する

 

もしダイエットで目標達成したいのなら、

痩せるのにもっとも重要なものはなにかを明確にして、

 

そこだけは厳守するようにします。

 

そうすることで、

周辺の近いところから広がっていきます。

 

たとえばダイエットなら、週3回ジョギングすることを厳守するです。

そうすれば、次第に食事への意識も高まります。

 

部屋を片付けられないなら、床の上に物を置かないようにするです。

そうすれば、今度は机の上や周辺の片付けもするようになります。

 

要するに、

 

なにか1つ軸となるものを定めるということです。

 

軸を築けば、それを基準に考えることができるので、

天使と悪魔の声もしっかり聴き分けることができるのではないでしょうか。

 

 

痛みを感じるからこそ安心感を得られる

 

いつもラクばかりしていては、

 

「このままで、いいのだろうか・・・」

 

と現状に不安を感じはじめると思います。

無職の人が、ずっと何年も家の中でこもっていたとしても、

頭ではそのままではいけないことは、分かっていると思います。

 

それと同じように、

 

ラクばかりしていては不安に感じてしまうのです。

 

もし自分のライフワークと言える好きなことを、

痛みを通して、それを乗り越えながら成長し続けていけば、

 

なにものにも揺れない、限りなく強い安心感を得られるとおもいます。

 

そこに本当の生き方や幸せがあるはずです。

しっかりと目標達成ができることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ