人生がうまくいかない人の大切にするべき6つのこと

スポンサーリンク

人生がうまくいかない人の大切にするべき6つのこと

 

家でも、仕事でもうまくいかない・・・

目的があっても壁に当たってうまくいかない・・・

人生がうまくいかないときってどうしてますか?

 

「人生がうまくいかないからこそ面白い」

 

このように、もの事に深刻になり過ぎないよう、

自分をうまくコントロールできれば苦労は知らずかもしれません。

もの事がうまくいかないときって大抵の人は、

 

  • 他人の幸せを妬んでしまう
  • なにかと人のせいにしてしまう
  • 悪いところばかりを数えてしまう
  • すぐにイライラしてしまう
  • 生きることそのものに悩みはじめる
  • 努力が足りないと自分を責めてしまう
  • なにをしても辛いと感じる

 

人生がうまくいかないと感じるようになると、

このようなところに視点が集中してしまうのではないでしょうか。

 

ですが、

 

誰だってうまくいかないときはあります。

このようなときは、どう気持ちを切り替えるといいのでしょうか。

今回は、人生がうまくいかない人へ大切にすべきことをお伝えします。

 

(前回は、なぜ夢が叶わないのだろう?努力が報われない本当の理由にて、

人生は期待どおりにいかないことが多くて夢が叶わないと思いがちですが、

夢を叶えるために、潜在意識のあることについてお伝えしました。)

 

 

1、友人との関係

 

自分が目的をもって進みはじめたとき、

友人との関係になんらかの影響が出てくることがあります。

昔は同じ目線でいられたのにその均衡が崩れてしまうからです。

そうしてあっという間に1年、2年と時間は経っていくことでしょう。

 

ここで大切にしたいことは、

意識の中で常に思いを馳せておくことです。

 

「アイツは俺のことを否定するいけすかないヤツだ!」

「それぞれ違う道を歩み出したから仕方がない」

 

このように思って距離を置くことは簡単ですが、

それが自分に呪いをかけていることになるかもしれないのです。

 

なぜなら、

 

他人に関係なくその思いは、今ここで自分が感じていることだからです。

 

思いを抱く方向へと人は進んでいきます。

もっとシンプルに言えば、他人を呪えば自分にかえってくるということです。

 

 

2、家族との関係

 

家族との関係は、

 

  1. 自分が生まれ育った家族
  2. 自分が新しくきずいた家族

 

この2つの家族関係があると思います。

僕たちは、家族との関係は大事にするべきなのは知っています。

だけど家族との時間を積極的に取ろうとはしません。

ですが大切にするべきなのは時間ではないのです。

 

たとえ1ヶ月に5分だったとしても、

どれだけ、本音で真剣に向き合っているかが大切です。

 

仕事で忙しいときは、時間など取れないと思います。

時間をたっぷりかけてもダラダラ関わっては心は通いません。

関われないのなら、せめて気持ちだけは意識を向けておくことが大切です。

 

 

3、運動を取り入れる

 

僕は週に2~3回、ジムに行って汗を流しています。

ランニングマシーンで1~2時間ほど走っています。

 

運動を習慣にすることで風を引かなくなるし、

仕事では集中力や持続力、それから疲労の回復力も良くなりました。

運動を習慣にすることで、セットで食生活も考えるようになりました。

少しは健康的な食事をしようという意識が出てくるのです。

 

ときには面倒に感じるときはあります。

僕が実践している面倒に感じているときの乗り越えるコツは、

 

運動をすることで手に入れる未来の自分の姿をイメージすることです。

 

1回行えば、それ分だけ理想に近づけると考える。

とてもシンプルで単純ではありますが効果的です。

 

また行動の意味を感じられるように、

回数や時間をちょっとずつ増やしたりと工夫すると良いでしょう。

 

 

4、外出して違う景色を楽しむ

 

僕たちは、毎日が同じルーチンを繰り返しがちです。

朝起きて仕事に行き、夕方に帰って夜に眠る。

人生がうまくいかない人は、思考が固まりがちなのです。

 

もっと違った視点から見れるようになると、

今、置かれている現状を違う側面からとらえ、プラスの意味を見出せるはずです。

 

そのためには、

 

ときには外出して違う景色を楽しむことです。

 

近くの公園を散歩するのでもいいし、

隣町までドライブしてみるのもいいでしょう。

 

五感に取り入れる情報を変えてみることで、

良いアイデアも浮かびやすくなってきます。

お金と時間をこのような使い方にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

5、人生に残された時間

 

あなたが仮に80歳まで生きるとして、

それまでの時間をどのように使うと良いでしょうか。

 

僕たちは学生の頃は、時間は無限にあるかのように感じてました。

成人してからは、時間が経つのが早いと言いつつも時間をムダにします。

 

  • 価値の薄いゴシップの雑誌をみる
  • 無意味にテレビを付けっぱなしにする
  • 気の進まない人間との付き合い
  • SNSの流し読み

 

人生がうまくいかない人は、

このような意味のないことに時間を奪われやすいです。

なにもかもすべてをシャットアウトする必要はありませんが、

やるべきことの邪魔になっていないかの点検はするべきです。

 

 

6、お金の使い方

 

お金のバランスを考えるなら、

たくさんあるときは節約して、重要なときはしっかり投資することです。

そうすると、お金の使い方もバランスが整ってきます。

 

僕もそうですが節約が苦手という人は、

部屋の中にあるモノをパッと捨ててしまうことです。

シンプルに部屋の中のモノがなくなれば、買い入れることもなくなります。

 

そして、

 

金運アップの最もシンプルかつ効果的な方法は、他人を儲けさせることです。

 

儲けさせるとは、価値を提供すると言い換えることもできます。

自分のなにが、どんな相手を喜ばせることができるのか?

そのためにお金を使って学ぶことです。

 

 

人生をうまくいかすには全体を底上げ

 

人生がうまくいかない人は、

どれかに偏って意識を傾けているのかもしれません。

 

全体をバランスよく上げていくことが大切です。

 

なぜなら、

 

潜在意識の世界は全体性だからです。

 

家族1、友人1、時間1、健康1の中でお金だけ3になっても、

潜在意識の現状を維持する機能から1に戻されてしまいます。

人生がうまくいかない人のカラクリはここにあるのです。

 

そして、

 

時間はたくさんかけるよりかは、

どれだけ気持ちを集中して取り組むかが大切です。

 

人生が望む方向へ進むことを祈っています。



 
サブコンテンツ

このページの先頭へ