自分が成長するために必要な成功する人が信じている7ヶ条

スポンサーリンク

自分が成長するために必要な成功する人が信じている7ヶ条

 

今、あなたはどんなことを目標に行動しているでしょうか。

ときには壁にぶち当たって挫折しそうになりませんか?

そんなとき、自分が成長するために必要なことを心得ておくと、

今を淡々と乗り切っていつの間にか暗いトンネルを抜けることができます。

 

人が成長するために必要な要素たくさんありますが、

シンプルに継続することが特に最初の段階では重要だと思います。

 

なぜならせっかく成長できるチャンスと巡り会っているのに、

自分を信じられなくなって途中であきらめる人が多いからです。

 

ですがやはり行動しているときというのは、

特に新しいことへの挑戦は分かっていても継続できなかったりします。

 

「ホントに成功できるんだろうか・・・」

「もしかしてダマされてるんじゃないだろうか・・・」

「あんなこと言うから信じてやってやったのに・・・」

 

僕もいろんなことに挑戦しては何度もあきらめてきました。

今回は、僕が先日あるセミナーに参加したときに、

年間15億円稼いでいる人の言っていた成功の7ヶ条をお伝えします。

 

(前回は、努力家の6つの特徴-続かない悩みを変えるシンプルな思考にて、

努力の才能と言われるように努力は特別な才能と思う人もいるかもしれませんが、

実はちょっとした工夫をするだけである努力家の特徴をお伝えしました。)

 

 

1、常に上の人をライバルに持つ

 

これは常に意識するべき人は誰かということです。

人は無意識に他人の影響を受けながら生きています。

 

  • 陰口、恨み、憎しみ、嫉妬の多い人と関わると同じように
  • 謙虚、感謝、与える、心配りの多い人と関わると同じように

 

これは自然とその人の雰囲気が感化されていくのです。

となると自分が成長するために必要なことは、

同じ分野で成功している人をライバルにすることなのです。

 

 

2、成長に限界はない

 

人は何歳になっても学べると言いますね。

それはつまり成長に限界はないとも言えるのです。

 

人の脳は生き続ける限りは成長し続けると言います。

 

そういった意味では成長に限界はないのだと思います。

それに人生は一度きりで今という瞬間は二度と訪れませんね。

ならば思い切って成長して自分の可能性を切り開く方が、

人生はずっと楽しいのではないでしょうか。

 

 

3、Winwinの関係

 

常に他人と比べては競争してしまう人がいます。

僕達から比べることをやめることはできないと思います。

なぜなら脳が現実を把握するために必要な機能だからです。

 

ですが相手の良い部分を見て、褒めることへシフトすることは可能です。

 

まずは自分が他人にどういう見方をしているのかに気づき、

そこからどうすれば人と良い関係をきずけるのかを考えることです。

そうすれば誰とでも対等な関係で接していけると思います。

 

 

4、自分が成長するための投資をする

 

自分が成長するために最も必要なことは、

 

自分への投資をすることです。

 

自分が成長することに投資をすることが一番確実です。

ですがあれもこれもと手を付けることは裏目に出てしまいます。

「これ!」とひとつに決めてとことんやりぬくことです。

わき目もくれず、ただひとつのことに集中することが重要です。

 

 

5、感謝と謙虚

 

僕たちは成長して望む成果を手に入れ出すと、

つい傲慢になったり物欲に走ってしまうことがあります。

 

  • 謙虚とは初心を大切に目上の人とは対等に目下の人とは礼儀正しく
  • 感謝とは言葉だけでなく恩を感じて心に留め置くこと

 

このような姿勢を100%できなくても、

そうあろうとする姿勢を持つことが大切ではないでしょうか。

 

 

6、自分から歩みよる

 

自分から歩みよるとは誰とでもできるなら構いませんが、

自分が好きだと感じる人にだけ少し意識すると良いと思います。

また人それぞれ安心感を保てる距離感があると思います。

 

特に自分が成長するために必要な人に自分から歩みよることです。

 

そうしてその人の雰囲気を感じてさらに成長できるはずです。

誰だって良い影響のある人と一緒に過ごしたいものですね。

自分から歩みよりたい人を予め決めておくのも良いでしょう。

 

 

7、幅広い視野を持つこと

 

ひとつのことに絞って集中することは、

自分が成長するために必要なことだと思います。

 

同時に好きな分野のいろんな側面を見ることも大切です。

 

なぜなら壁にぶち当たったときに、

ひとつの視野だけだと乗り越えることが困難だからです。

まずは自分のやっている分野を違う側面から見る意識を持ち、

そして余裕があれば興味のある分野も見てみると良いかもしれません。

そうして視野を広げていくとひらめきも生まれやすくなります。

 

 

自分が成長するために必要なことは楽しむこと

 

たとえマニュアルで決められた方法があるとしても、

自分の理解力が高まってくると改善点がいくらでも見えてきます。

 

それは自分がやっていること自体が楽しいからこそです。

 

テレビゲームのようにハマってしまえば、

自然と好きなことを考えてしまって行動に移します。

今、あなたが行動していることは楽しいと感じてますか?

もし今やっていることが楽しいと感じるのであれば、

 

自然と成長することはむしろ当たりまえなことなのです。

 

たとえ停滞期や壁を目の前にしても同じことです。

ただ目には見えないだけで無意識の世界では成長し続けています。

 

楽しみながら成長していけることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ