仕事って何ですか?やりたいことへ踏み出す「諦め」の瞬間

スポンサーリンク

仕事って何ですか

 

突然ですがあなたにとって仕事って何ですか?

これは新卒入社の面接で聞かれることだそうです。

と同時に社会人が悩む永遠のテーマでもあります。

ホント、仕事って何のためか分からないですね。

 

では質問を変えて本当はどうなりたいですか?

 

このように聞かれると大概の人は、

おぼろげながらでもなりたい自分があります。

例えば楽に生きたいとか、自由になりたいとか、

給料はそこそこでも自分に合う仕事がしたいとか、

誰だって本当はどうないりたいかはあるのです。

 

今回は仕事って何なのかを僕の経験を通して、

「諦め」というのをテーマにお伝えしたいと思います。

これを読むことで意外な盲点に気付けるかもしれません。

 

前回は、他人は理解してくれないというテーマで、

何を言われても受け流せる考え方をお伝えしました。

職場の人間関係に疲れたときの気持ちが楽になる考え方

仕事はお金を稼ぐために仕方なくやっていた

 

20代、30代、僕にとっての仕事とは、

特にやりたいこともなくお金のためでした。

生活をするためにはどうしてもお金は必要だし、

友達と遊ぶにしてもお金は必要になってくるし、

暇つぶしをするにもある程度お金が必要でした。

 

そのために好きでもない仕事なんだけど、

お金のために我慢して働かなければいけない。

取りあえず働きさえすれば何とかなるって感じでした。

今思えば仕事に対して真剣に向き合ってませんでした。

ただ、それでも漠然とした思いはありました。

 

「お金のことを気にせず自由に生きたい!」

 

これが自分の求めてる生き方の断片だったのです。

本当はどうなりたいのかを自分に問い掛けてみたとき、

それを思い描くとワクワク感のようなものがありました。

つまり想像するだけ感情に変化が起こってたわけです。

よく新卒入社の面接で仕事って何ですかと聞かれたとき、

 

  • 社会貢献がしたいから
  • 自分を成長させたいから
  • 仕事を通して達成感を得たいから
  • 人の役に立てる自分になりたいから
  • 仕事を通して生きがいを見つけたい
  • 仕事を通して自分を知りたい

 

こんな風に返答するかと思いますが、

感情が揺れ動くほど求めてるものでなければ、

結局は絵空事でようなもので現実は真逆になります。

上記の内容を本気で思ってる人はほんの一握りで、

ほとんどの人は生活のために働くのが現状です。

 

それもそうでたった1回で合う仕事が見つかれば、

今頃、転職という概念すら存在しないはずなのです。

やりたいことが見つからない人は本当に多いですが、

それは見つけ方も自分で探さないといけないからです。

 

 

もうこれ以上はダメだなって思った

 

僕は20代後半から製造業の派遣社員として働き、

その後は派遣の抵触日で契約社員となりました。

この製造業で働いてた頃はたくさん悩みました。

 

  • 孤立化やパワハラなどの人間関係
  • 機械の操作に毎日イライラする業務内容
  • 夜勤や毎月100時間残業の勤務体制

 

いろんなことが積み重なっていきました。

こういうのっていつの間にかなってたりします。

気が付いたら随分と追い込まれてたって感じです。

そしてそれでも止まらずジリ貧で追い込まれていき、

最終的にはその会社から離れてしまうものです。

 

「何で、どこに行っても上手くいかないんだ・・・」

「この先、自分はどうなってしまうんだろう・・・」

「仕事って何だろうか?一体何のために働くのか?」

 

僕はこのままだとヤバいことは分かってました。

最終最後の部署をたらい回し状態に陥ったとき、

もうこれ以上は続けてはホントにダメだと悟りました。

その瞬間、今までの生き方にこだわってたものを、

 

諦めるという覚悟が僕の中で芽生えたのです。

 

それまでは今までの自分にしがみついてました。

なぜなら辞めることへの怖れがあったからです。

それに苦しくても何とかやってこれたのもあって、

ずっと今までの生き方にしがみついてました。

 

当時は社内専用の携帯電話を持たされてました。

課長に伝えるために電話マークのボタンを押すのが、

恐怖心から一線を越えるのをずっと踏み留まってました。

 

何度も悩み、その最後の一押しをした瞬間、

自分の中で何かを諦めたような感覚になり、

パッと開き直った感じがしたのを覚えてます。

 

 

今までの生き方を諦めても今は全く後悔はない

 

僕は現在サラリーマンではなく、

独立して今までと全く違う道を選択しました。

 

本当はどうなりたいのかという本音に気付き、

そこに向かうことに覚悟を決めて進んだ!

なんて言えば聞こえはいいのですが、

本当は状況がそうさせてはくれなかった・・・

というのが恥ずかしながら本当のところです。

とても人に言えるほどカッコいいものではありません。

 

でもそんなカッコ悪い生き方でも、

今はこの道を選択して全く後悔はないのです。

もちろん、不安や苦しいことだってあります。

サラリーマン時代に味わったことのない恐怖もあります。

だけど同じ不安や苦しみにしても好きなことなら、

 

捉え方が変わって、むしろ成長の糧になるのです。

 

もしあなたが別の生き方を選択したときに、

マイナスの状況でも前向きに考えられるようなら、

その道を選択したことは正しかったと言えます。

それに人生を本気で生きるとは?にも書きましたが、

ネガティブな出来事は人生を変える種が眠っています。

 

もしここで仕事って何ですか?と聞かれたら、

僕なら自分の本音に素直になることだと答えます。

なぜなら結局そこじゃなければ実現できないからです。

 

それはアクセルとブレーキを同時に踏んだようなもの。

たとえ実現できてもお金はあっても家庭は不幸とか、

なんかアンバランスな状態になってしまうのです。

どうせならやりたいことはやった方が良いのです。

 

 

あなたにとっての仕事って何ですか?

本日のまとめ:

  • 仕事はお金を稼ぐために仕方なくやっていた
  • もうこれ以上はダメだなって思った
  • 今までの生き方を諦めても今は全く後悔はない

 

人生で大きな選択になればなるほど、

同時に手放すものも大きくなっていきます。

僕達は失うことへの怖れに敏感になりがちですが、

先にリスクをとるのはかなり重要な考えです。

 

例えば仕事を辞めて転職することだって、

今の仕事を手放す必要がありますね。

つまり今までの自分を諦めることです。

 

けどあなたにとって仕事って何ですか?

と聞かれたときにお金を稼ぐ単なる労働なら、

そこは本当に自分の居るべき場所なのかを、

もう一度自分に問われていると言えるのです。

 

いえ、むしろ場所ではないと分かってる人も多いです。

けどやりたいことへ一歩踏み出す勇気がなかったり、

そもそもが何をしていいか分からない人も多いです。

 

だからこそ今ここで向き合う機会が訪れてるのです。

 

それに結局人生はなるようになります。

そんなこと言うと無責任に聞こえるかもしれませんが、

生きてる限りは何かしら道を歩むのも確かです。

どうせなら後悔しない生き方がしたいですね。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ