職場の人間関係に疲れたときの気持ちが楽になる考え方

スポンサーリンク

職場 人間関係 疲れた

 

職場の人間関係ってホントに難しいですね。

悩み続けることに疲れて辞めたいと思う人も多いです。

僕なんてあきらめて関わることすら避けてました。

けど職場の人間関係で疲れる人の特徴は、

 

自分1人で頑張ってしまうタイプの人なのです。

 

こういう人は頑張ってることに自覚がありません。

なぜなら頑張ることが当たり前になっているからです。

なので無理してるのを分かってて頑張ろうとします。

けど頑張ったところで追い込まれるばかりなんですね。

 

すると疲れが溜まると精神的な病気を発症してしまうか、

あるいは急に会社に行かなくなったりしてしまいます。

僕も職場があまりに辛くて逃げ出したことがあります。

 

だけど会社を簡単に辞められないのも実際のところ。

そうなると今の時点で対策を考える必要があります。

今回は他人は理解してくれないというテーマですが、

あなたの気持ちが楽になれる内容をお伝えします。

 

これを読み終わる頃には、

人間関係を今までとは違った視点で見れるようになり、

何を言われても受け流せる考え方が分かるでしょう。

 

前回は、辛いくて辞めたいのに続ける心理的な原因と、

状況を変えていくための考えについてお伝えしました。

仕事が辛いから辞めたいというのが甘えだと思われる誤解

 

なぜ職場の人間関係で疲れてしまうのか

 

冒頭にもお伝えしたように、

職場の人間関係で疲れてしまう人の特徴は、

 

自分1人で頑張ってしまうタイプの人です。

 

そもそも頑張ること自体が無理をしてるので、

本来の自分とは違うことを意味してるんですね。

けど頑張ることの全てがいけないのではありません。

ときには頑張らないといけないこともあります。

 

ただ頑張っても疲ればかり溜まるのが問題なのです。

 

職場の人間関係を良くしようと努力し続けても、

逆にジリ貧で追い込まれいくような感じはありませんか?

それが続いてしまうことで無理してることに慣れ、

自覚も曖昧になって自分でも分からなくなるのです。

 

なのでもっと頑張らないといけないとか、

自分ってなんでこんなにダメなんだろうとか、

どうして自分のことを分かってくれないのかとか、

自分や他人を責めることになってしまうのです。

 

そうした追い込まれてしまう職場にいたら、

誰だって責任転嫁してしまうのは当然ではないでしょうか。

これってあなたが悪いと言ってるわけではないんです。

ただ頑張り過ぎてしまってるだけなんですね。

 

 

他人は理解してくれないという前提

 

職場の人間関係で楽になっていくには、

他人は理解してくれないという前提が大切です。

これはネガティブな印象を受けるかもしれませんね。

 

けど人間って本来は他人のことを理解してないのです。

というのも100%相手の考えなんて分かりません。

あなたも好きな異性の気持ちが100%分かりましたか?

分からないから恋に悩んだのではないでしょうか。

 

だから苦しくなってしまうのです。

そして自分や他人を責めてしまいます。

 

けど他人は理解してくれないという前提だと、

理解して”くれている”と思い込まないので、

無意識に過剰な期待を持たなくて済むわけです。

 

なので理解してもらえるよう努力することはせず、

理解してくれるだろうと安易に考えてしまいます。

それが他人は理解してくれないというのが前提だと、

理解してもらうために考えたり工夫したりします。

 

期待してしまうとは、たとえば常に優しい人が、

急に冷たい態度をとったらショックに感じてしまいます。

けど普段から冷たい人だとそういう人だと思いますね。

むしろ優しくされたら感動してしまうくらいです。

 

つまり他人への過剰な期待をやめることなんです。

 

他人は理解してくれないという前提だと、

他人に期待しない分、気持ちが楽になれるのです。

そうなると他人の行動の背景を考える余裕ができ、

自分を客観的に見れるようになってきます。

 

背景とはその人がなぜその行動をとったのか?

というところを冷静に考えられることです。

 

自分を客観的に見れるとは、

他人は理解してくれないという前提で考えるなど、

考え方を変えて感情に流されないようにすることです。

 

これは職場で精神的に辛い人間関係に書きましたが、

人間関係をあきらめるという考え方と同じです。

不要なこだわりを見極め、捨てる覚悟が決めることで、

変え難いことに躍起になる必要もなくなります。

 

 

 

結果を出す人ほど頑張ってないという事実

 

職場の人間関係で疲れてるときって、

それってうまくいってない状態ですよね。

エネルギーの消費はハンパなく多いです。

毎日繰り返してたら続くもんじゃありません。

 

では反対にけどうまくいってるとどうでしょう。

うまくいってないときよりさほど疲れないのです。

同じ疲れでもやりきった感とか心地良い疲労感とか、

疲れそのものにもポジティブな印象があります。

 

僕も定期的にジムに通ってトレーニングしてますが、

しっかりと筋肉に負荷を掛けてジムを出たあと、

心地良い疲労感がかえって充実感を味わえたりします。

それが生きた心地を味わえたりするわけなんですね。

だからまたジムに行ってトレーニングしたくなるんです。

 

仕事で結果を出してる人って、

さも頑張っているように見えるかもしれません。

だけど実際はさほど疲れてはいないのです。

 

というのもうまくいくパターンを確立してるからです。

なのでその流れに身を任せているだけなんです。

それは職場の人間関係にしたって同じことです。

人間関係がうまくいくパターンを持ってるんですね。

 

職場の人間関係をよくしたいなら、

よくするための考え方に変える必要があります。

そのために他人は理解してくれないという前提が、

過剰な期待をあきらめて感情のバランスが保つことができ、

 

結果として人間関係の距離感をうまく作れるわけです。

 

人間関係って距離感が最も大切です。

それは家族や恋人や友人などの身近な関係もです。

距離感だけでもうまくパターンにすることができます。

 

 

他人もOK!自分もOKになれば気持ちが楽になる

本日のまとめ:

  • 疲れやすいのは1人で頑張るタイプ
  • 他人への過剰な期待をやめる
  • 人間関係は距離感が最も大切

 

今回お伝えした内容で、

他人は理解してくれない前提という考え方ですが、

これは人間関係の距離感をうまく図るだけでなく、

 

自分自身を俯瞰して見ることもできるんですね。

 

他人は理解してくれないからこそ、

じゃあどうすれば理解を得られやすいのか?

という視点で物事を考えるようになるからです。

 

そんなことを考えてると、

過去の自分って出来事に流されてたけど、

今の自分は過去の自分と違って冷静に考えられてる。

このように過去と今の自分の違いに気付いたりします。

そんな違いに気付くことで、たとえ上手くいってなくても、

 

自分を一方的にダメと思わなくなってくるんです。

 

他人は理解してくれない前提で考えれば、

必要以上に相手を否定的に見ないで済むようになりますし、

自分に対しても否定的に見ないで済むようになります。

つまり他人も自分のOKと思えるようになるんですね。

そうなると気持ちがスッと楽になっていきます。

 

職場の人間関係って難しいです。

自分の思った通りになれば理想かもしれませんが、

思った通りにいかないときは考え方を変えること。

 

他人と過去は変えることはできないけど、

自分と未来は望む方向へと変えていくことができます。

厳密には過去は書き換えることはできるんですが、

それはまた追々お伝えしていきたいなと思ってます。

ぜひ、今回の内容を参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ