自由な生き方とは程遠い辛い仕事を続けてしまう理由

スポンサーリンク

自由な生き方とは程遠い辛い仕事を続けてしまう理由

 

仕事で煩わしい人間関係に悩まされ、

好きでもない業務に慌ただしく追われる日々を送る・・・

その上、こんな生活がこれから先もずっと続いていく・・・

 

自由な生き方ってどうやったら手に入るのでしょう。

 

それにお金だって何とか生活できるくらいしかなくて、

時間もお金も精神的にも不自由だと何もかも嫌になってきますね。

だけど仕事をしなければ生活することができない・・・

つまらない日々を変えたくても方法が分からない・・・

そして周りを見渡しても同じような人達ばかり・・・

 

だけど、その中でも自分だけが一番苦しい!

 

あなたは今、このようにに感じていないでしょうか。

僕も30代中盤で独立するまでずっと感じていたことでした。

だけど自由な生き方を実現するには何かを変えなければいけません。

僕達が頑張っても報わなない理由も実は秘密があるのです。

 

(前回の今の職場が合わないと悩む人の辞める判断基準20項目では、

精神的にも辛くて今の職場が合わないのに辞めることに悩んでる人へ、

居続けても報われない会社を20項目の判断基準にしてお伝えしまた)

 

 

自由な生き方への歩み方

 

インディージョーンズで有名なハリソン・フォードは、

35歳くらいまで家のリフォームを行う大工をしていました。

仕事を通じて映画ブロデューサーのフレッド・ルースと知り合い、

 

「大工をやってるけど、妙にダンディな男だな」

 

と思われて、その後は俳優として頭角を現しました。

アカデミー最優秀主演賞やゴールデングローブ賞など、

数々の賞にノミネートされ、大スターへとなりました。

 

もしハリソン・フォードがずっと大工のままなら、

これほどまでに脚光を浴びる存在にはならなかったでしょう。

どっちが良いとか悪いとかというわけではありません。

 

どちらの生き方を心から望んでいるかなのです。

 

そして心から望む生き方に飛び込んでいく勇気。

飛び込んでいく前段階でしっかりと段取りをしておくこと。

ハリソン・フォードにはチャンスを活かせるだけの、

それまでの下積みをしっかりと行っていたからです。

それが自由な生き方への歩み方ではないでしょうか。

 

 

なぜ今の仕事では不自由に感じるのか

 

どんなに努力しても報わないことがある。

 

残念ながらこれは事実ではないでしょうか。

極端な例ですが、両腕がなくては野球なんてできません。

これではどんなに努力しても難しいことだと思います。

 

だけど、その人に他に才能があるとしたら?

野球ではなく人の話を聞くという才能があるとしたら、

カウンセラーとして大成功を収めたかもしれないのです。

不幸なのは、それに気付かずに生きてしまうことです。

 

自分の才能に沿う生き方をすれば自由に感じることができます。

 

どんなことでも今の仕事で不自由を感じていて、

それが耐え切れないほど辛いとか身体に異常をきたしているなら、

その感覚こそが自分の生き方を見つめるサインなのです。

 

 

才能から見た4つのレベルの生き方

 

なぜ仕事が辛くなってしまうのか言うと、

あなたの本来の場所とは違うところで仕事をしてるからです。

それは才能から見た以下の4つのレベルで分かります。

 

  • 無能レベル:

毎日が精神的に辛くて苦しい日々の連続です。

どんなに頑張っても思っているほど評価されません。

不思議と価値観の合わない人間関係にも悩まされ、

終いには精神疾患などで社会復帰も難しくなります。

 

  • 普通レベル:

不満はあるけど取りあえず仕事をこなしていて、

特に問題なくごくごく普通の日々を送っている状態です。

この状態を喩えるならぬるま湯に浸かっていると言えます。

このタイプの人が世の中に最も多いのではないでしょうか。

 

  • 優秀レベル:

自分の得意なことで社会的にも評価されています。

学生時代から優秀でその延長で業界のトップを生きています。

ただし、その業界でトップを走るために頑張る必要があります。

なので時にそれがしんどいと感じることも少なくありません。

 

  • 天才レベル:

自分の才能を活かして自由な生き方をしています。

優秀レベルとの違いはひらめきやインスピレーションです。

なので頑張るとか努力しているという感覚がありません。

それは優秀レベルが自転車で一生懸命にこいでトップにいる中、

天才レベルは飛行機のオートパイロットで進むほどの差があります。

 

いかがでしょう、

あなたの今のレベルがどこかお分かりでしょうか。

僕は間違いなく無能レベルでずっと仕事をしてました。

なので毎日が精神的に辛く何をやっても空回りだったのです。

 

この才能から見た4つの生き方は、

本田健著作の「自分の才能の見つけ方」に書かれています。

興味があれば、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

それぞれのレベルから移動するには?

 

どんなに努力しても報われないことがあると言いましたが、

それはそのレベルで考えてることでいくら努力しても、

所詮はそのレベルでの思考なので越えられないからです。

 

レベル間を移動するには根本的に考え方を変える必要があります。

 

たまにテレビでセレブな生活をする人を観たりしますが、

その人達がどんな方法で稼いでるかなんて分からないですよね。

それは僕達の生きるレベルが全く異なるので見当もつかないのです。

 

反対のセレブな人達の視点から見てみると、

なんでそんなに辛いとか退屈な思いをして仕事をしてるのか、

抜け出す知恵を持ってるので理解し難くも思うのではないでしょうか。

 

僕の場合は副業をはじめた時は、

覚悟を決めて最初は今までの人間関係を一旦断ちました。

作業するために今までの染み付いた生活習慣を変えていきました。

1人暮らしという完全に没頭できる環境で残業も断り続けました。

そうやって完全にそれのみに身を捧げる2年間を送りました。

 

 

やるべきことは才能という鉱脈の在り処を見つけるだけ

 

生き方のレベルを上げようと思うなら、

今持っている日常の考え方を変えるくらいになります。

だからこそ”生き方が変わる”ことになるのです。

 

だけどそこまでとなると難しそうに感じませんか?

とても自分には生き方を変えられそうにないと思ってませんか?

中にはショックに感じてしまう人もいるかもしれません。

 

だけどそれは、それほど真剣に考えているからです。

 

真剣でなければ何も感じることはないからです。

僕はスノーボードでイメージした通りにやろうとして、

現実はイメージの10分の1しかできないことがありました。

 

けどそれは今の自分の立ち位置を把握したことになったのです。

 

そこから何をすればいいのかが分かりひとつずつ段階を踏むことで、

結果的にイメージ通りの動きができるようになった経験が、

1回や2回のことではなく何度もありました。

 

ここはしっかりと今の自分の立ち位置を見つめるのです。

 

そして自分の天才レベルを見つけるにはどうずればいいかですが、

自分には才能がないと思う人へ-シンプルな5つの見つけ方にて、

才能の見つけ方について紹介しているので参考にしてみて下さい。

 

日常の身近なところに自由な生き方は溢れています。

才能という鉱脈は常にあなたの中に流れ続けているのです。

そこにこそ見つけようと努力すべきなのです。

 

自由な生き方が実現できることを祈っています。




 
サブコンテンツ

このページの先頭へ