新しいことに挑戦するときの壁を乗り越える4つの考え方

スポンサーリンク

新しいことに挑戦するときの壁を乗り越える4つの考え方

 

やりたい事をやるとき、新しいことに挑戦するとき、

それが成功できるかどうか不安に感じませんか?

「できる」とはじめから分かっているのなら、

 

「大丈夫だろうか・・・」

「途中で分からなくなったらどうしよう・・・」

 

このように不安にならずに済みますね。

どうすれば、この不安を解消できるのでしょうか。

 

  • 失敗を怖れず勇気を持って行動する
  • 他人と比較することをやめる
  • 自分で自分の限界を決めない
  • すべてが思い通りになるとは限らない
  • 他人に認めてもおうとしない

 

上記のような項目は、

新しいことに挑戦するときには必要な考えだと思います。

 

ただ、

 

そんなことは分かっているけど、

それだけではどう乗り越えるかのイメージが沸きにくくありませんか?

 

そこで、

 

今回は、僕自身が実際に行動しているときに気づいた、

新しいことに挑戦するときの壁を乗り越える考え方を紹介します。

 

(前回は、今、やるべきことをやる-先送りで1年後に後悔しないためににて、

やるべきことを面倒に感じて先送りにしてしまうのが人間の性でもありますが、

後悔しないためにしっかりとやるべきことをやる秘訣を紹介しました。)

 

 

1、休日や空いた時間からはじめる

 

新しいことに挑戦するために、

何もかも犠牲にしてはじめることはありません。

 

興味のあることなら、

仕事の休日や仕事が終わったあとの時間を有効に活用するべきです。

 

なによりも、

 

自分に本当に合っているのかどうか?

 

それは実際に行動に移してみて、

それなりに時間をかけて味わってみないと答えは出ません。

 

また、

 

新しいことに挑戦すれば、

結果がでるまである程度の期間がどうしても必要です。

働きながら空いた時間に行うのは、賢い考え方ではないでしょうか。

 

 

2、年齢は決して壁にはならない

 

「新しいことに挑戦するのに年齢は関係ない!」

 

これは、よく聞く言葉ですね。

実際に成功している人を見聞きすると、確かに関係ないんだとうなずけます。

 

また、

 

自分のやりたい事をやると決めて行動していると、

身内だとか、友人だとか、会社の同僚だとかの近しい人から、

 

「どうせムリなんだから・・・」

「今さらやっても成功しないんじゃない?」

「そんなことより現実を見ないと」

「年齢を重ねてからの再就職はキツイよ」

 

こんな風に言われて、

今までの自分へと引っ張り戻そうとする力が働きはじめます。

 

これは、人間関係の力学なのです。

 

今までの関係を保とうと、周囲の力が働いているのです。

新しいことに挑戦するということは、

 

この力学の外側に出ようとすることなので、心に痛みを感じやすいです。

 

予め、このことを知っておくことで、

現実を冷静に見極めることができると思います。

 

 

3、1日のどこかで触れる時間をつくる

 

新しいことに挑戦しはじめて、

 

「今日は、このくらい進めておこう」

 

と自分の中で、どの程度まで進めるかの目標があると思います。

1日の目標、一週間の目標、一ヶ月の目標、半年の目標などありますね。

 

ただ、

 

目標は定めたけど実際の行動をとると、

想定した通りにいかない・・・ということはありませんか?

思っていたことと現実との差がどんどん開いていき、

 

「もう、どうでもよくなってきた・・・」

 

そうして壁を乗り越えられずに挫折してしまうことも・・・

 

そんなときは、

目標のことは一旦、脇に置いておいて、

 

1日のどこかで触れる時間をつくって継続することです。

 

とにかく触れる。

 

ただそれだけのことし続けます。

1日ある程度の時間触れて眠って翌日にまた挑戦すると、

 

不思議なことに昨日より少しだけ理解力がUPしているのです。

 

眠っている間に脳の中で整理されるからです。

この脳の機能をうまく活用することで壁を乗り越えることができます。

 

 

4、やる気のエネルギー「何を感じたいか?」

 

あなたが新しいことに挑戦するとき、

どんな目的でそれを行うのでしょうか?

人は自分一人で描く目的は達成しにくいものですが、

 

誰かのためになることを目的とすると強いエネルギーになります。

 

偽善でもなんでもなく真実です。

これはなぜなのでしょう?

 

きっと、自分の中でなにかをあきらめたからかもしれません。

 

自分の中でなにかを手放したとき、

心の中で湧き上がる強い思いのエネルギーを感じられます。

これが、あなたの本来感じたいやる気のエネルギーとなるはずです。

 

 

新しいことに挑戦することはワクワクする

 

僕も今、新しいことに挑戦しています。

それは今までやっていることのステップアップですが、

実は、挑戦していると言うよりその前段階でつまづいてます。

 

なので、

 

まだ実際には実行できていません。

 

当初、予定していた日数から9日過ぎてしまいました。

今だにいつはじめられるかの目途もたってないです。

 

ですが、

 

やればうまくいくという自信があります。

マニュアルを読み返す度に、理解力が増してイメージが膨らみます。

 

「はやく実行に移したい」

「はやく楽しみたい」

 

そんな気持ちになります。

本当は、ワクワクできるようなものに挑戦したいと思いませんか?

 

「いつの間にか、ここまできてました♪」

 

て思えるくらい楽しめると良いと思います。

また新しいことに挑戦すると挫折しそうなときが訪れます。

そこでなりたい自分になるための挫折に負けない4つの切り替え方にて、

気持ちが折れそうになったときの切り替え方についてお伝えしています。

 

さらに問題解決能力の高い人が持つ「壁」を乗り越える6つの手法では、

壁を乗り越えるときに立ち向かっていく際に重要な考え方を紹介しています。

新しいことに挑戦するなら、合わせて読むまれることをお勧めします。

 

楽しみながら挑戦できることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ