成功するには達成感を感じること-チャレンジへの恐怖心を克服

スポンサーリンク

成功するには達成感を感じること-チャレンジへの恐怖心を克服

 

何かに挑戦するときの怖さを克服したくありませんか?

どんな人でも苦難を乗り越えて達成感を感じるような経験を持っています。

 

目をとじて、

何かに挑戦して乗り越えたときの達成感を感じた瞬間を思い出してみてください。

 

「もうダメかと思っていたけど実現できた」

「ひたすら続けていたら、いつの間にか抜きん出ていた」

「たくさんの人から歓迎してもらえた」

「みんなが喜んでくれた」

「好きな人と一緒になれた」

 

人生はチャレンジすることで成長していきます。

また、チャレンジすることで道が開けていくと思います。

 

逆に言うと、

 

何かにチャレンジしなければ、何も変えることはできないのかもしれません。

 

そして、

 

何にチャレンジするのかを決めることも、とても重要なことと思います。

まずどんな自分になりたいのかを決めて、そのための仮設を立てて行動すること。

成功するには達成感を感じて脳に刻んでいくことが大切なのです。

 

(前回は、地頭力を鍛える-悩みグセを解決する地頭がいい人の特徴4つにて、

地頭がいい人の特徴を知って、地頭力を鍛えることで問題解決力を養う方法をお伝えしました。)

 

 

挑戦することの問題は「失敗」と「停滞」

 

僕たちは、日々の生活で精いっぱいでチャレンジすることなんて考えれないかもしれません。

 

「今よりももっと変わりたいけど、しんどいし面倒臭い」

 

このように新しいことへの挑戦には、

知らないことばかりなので「失敗」は付きものですし、

道の途中でどこにいけば分からなくなって「停滞」することもあります。

そんなときは、答えを見つけるために一生懸命に考えなければいけません。

 

それが、

 

想像よりもたくさんのエネルギーを消費するので、面倒だと感じてしまいます。

 

”痛みを避けて”通ろうとするのが、僕たち人間の性です。

失敗をすれば痛みを伴うので、よりエネルギーを消費して面倒だと感じてしまいます。

 

このような状態では、達成感を感じることとは無縁となってしまいます。

 

 

達成感を感じる考え方「挑戦」から「検証」へ

 

あなたが何かを達成したいと思ったとき、「挑戦」と言う意識が芽生えるかもしれません。

挑戦することで成長すると言われるように、チャレンジ精神が大事なのかもしれません。

 

しかし、

 

チャレンジしようと思うから、構えすぎてしまって「失敗」を意識するのかもしれません。

 

「挑戦」から「検証」へ

 

イメージとしては、

 

「よし、やろう!」

 

から、

 

「取りあえず、やってみよう」

 

と言った感じ。

「取りあえず、やってみよう」だと、プレッシャーを感じないと思いませんか?

これが、「挑戦」することへの不要な身構えをなくして

冷静に「検証」して取りあえず試してみるという意識の変え方です。

 

では次に、具体的な検証の考え方についてご紹介します。

 

 

1、仮説を立てる

 

何を検証する必要があるのかをハッキリさせます。

ここがぼんやりとしていては、うまくいかなかったときに何も学べません。

それでは時間のムダとなってしまいます。

 

仮説を立てるコツ:

  • 他の成功事例を用いる
  • 自分の成功体験から
  • 過去のデータを参照する
  • 人から聞いたことを参考にする
  • 同じ分野の書籍を活用

 

上記の方法を使ってから仮説を立てて、

具体的にどのような結果が得られるかを明確にしましょう。

どんな結果が得られるのかという”ゴール”が見えていることが重要です。

 

 

2、具体的なアクション

 

仮説を立てたら、検証を行うとめにどんな行動をとるのか?

という具体的なアクションを決める必要があります。

 

しかし、

 

アクションには、ワクワク感のような達成感を感じることができる感覚が重要です。

 

なぜなら、

 

何も感じない行動には、意欲的に取り組めないからです。

 

「何も感じない行動」と「可能性を感じる行動」、

あなたならどちらを選択したいと思いますか?

 

また、

 

どちらを選択すると人生をより楽しめる方向へと導けそうですか?

 

 

3、不要な行動は捨てる

 

シンプルライフでは「選択と集中」を大切な考え方としています。

 

検証するためのアクションは、たくさんあることそのものは良いのですが、

複数のアクションがあるなら、どのような基準で優先順位を決めるかが重要です。

 

行動の優先順位を決めるコツ:

  • 確かめたいことのみをピンポイントで狙えるものは?
  • もっともアクションがコンパクトなものは?
  • もっとも時間の短いアクションは?
  • もっとも低コストで検証できるものは?

 

この優先順位を決める理由は、

うまくいかなかったときにリスクが低くリカバリーが早いからです。

 

 

達成感を感じる成功脳をつくるために上手に「失敗」しよう

 

さいしょからうまくやろうと思うことは、

そのプレッシャーから「失敗」の元となってしまいます。

それは、とても良い失敗の仕方とは言えません。

 

なぜなら、

 

あとに尾を引くような失敗のパターンだからです。

 

冷静に仮説を立てて、不要な気構えなく行えた行動には、

失敗したときの「感情」のリスクが少ないのでリカバリーが早いのです。

 

なので、

 

上手に「失敗」しましょう。

 

そうすれば、あなたは何度でもいくらでも成長できるはず。

理想が実現できることを祈っています。




 
サブコンテンツ

このページの先頭へ