一人暮らしの節約生活で食費を無理せずに抑えるコツ

スポンサーリンク

一人暮らしの節約生活で食費を無理せずに抑えるコツ

あなたは一人暮らしをしていて節約をしたいと思っていますか?

食費はできるだけ削らない方が良いと言います。

なぜならば、

食事は生きる上で欠かせないからです。

しかし食費が過度に掛かっているなと感じる場合においては、

見直してみる必要もあるのかもしれません。

そこであまり無理をすることなく食費を抑えるコツをお伝えしたいと思います。

1、節約の基本は自炊

最低でもご飯は炊けることが必要です。

一人暮らしでの節約はとにかく自炊です。

これが一番効果があります。

何も弁当まで持参する必要はありません。

自炊がどうしても苦手という人はいると思います。

そこでご飯だけでも炊いておけば、

スーパーで安売りのおかずを買ってくるなどして工夫すれば、

それだけで食費を節約することができます。

2、ご飯はまとめて炊いて冷凍

ご飯は炊飯器や冷蔵室で保存するより冷凍した方が、

美味しく保存できるようです。

そして冷凍するときはなるべく炊き立ての状態から冷凍すると良いでしょう。

3、週末にまとめ買い

冷蔵庫の中のもなど工夫して料理することで無駄をなくすことができます。

毎日買う場合や2,3日おきに買う場合だと、

特売品などの誘惑に負けてしまい、

スポンサーリンク

必要のないものまで買ってしまうことも考えられます。

衝動買いを避けるためにも1週間に一回まとめて買う方が良いでしょう。

4、お腹が空いているときに外に出ない

お腹が空いている状態で外に出ると、

ついあれもこれもと食べたくなってしまい、

余計な物を買ってしまうことになります。

外に出るときはなるべくお腹を満たした状態で出るようにすると良いでしょう。

5、惣菜を利用

大抵のスーパーでは閉店の1時間ほど前になると、

惣菜が半額から3,4割引きになって売られています。

全てのおかず一品だけに決めて、

自分の作った料理をメインのおかずとした方法がおすすめです。

6、コンビニには入らない

コンビニは大変便利です。

24時間いつでも行くことができますし、

色んな商品を扱っているのでかなり便利です。

しかしスーパーと比べると値段が高いです。

そしてドラッグストアは意外と穴場でもあります。

ドラッグストアは物によってはスーパーより安い物があるからです。

レトルトやお菓子類などが低価格で買うことができると思います。

7、お茶は持参

毎日120円のコーヒーを2本飲むと、

120円×2本×30日=7200円となります。

そこで一ケ月分であれば、

コーヒー、砂糖、ミルクを買っても1500円も掛からないと思います。

そう考えると多少は手間はあるかもしれませんがしっかりと節約することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでご紹介した方法は、

あなたが気軽に始められる簡単な方法ではないかと思います。

たったこれだけのことを意識するだけで月に最低でも1万円は節約できるのではないでしょうか。

あとは継続あるのみです。

しっかり節約して人生を楽しむことにお金を使えるようになりましょう。

あなたの人生が少しでも変化があることをお祈り致します。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ