節約貯蓄独身のための黄金ルール

スポンサーリンク

節約貯蓄独身のための黄金ルール

節約貯蓄独身のための黄金ルール~

お金を貯めたいけどなかなか貯蓄することが難しくないですか?

何とか節約も心掛けているけど上手くいかない。

このようなことになるとどうして良いか分からなくなりますね。

それに、

日々生活にはお金が必要になってきます。

毎日使わなければいけないけどどう貯蓄をしたら良いか分からない。

今回はこのようなお悩みの方に少しでも参考にして頂ければと、

お金が貯まる人の「黄金ルール」をお伝えしたいと思います。

 

 

貯蓄の方法が3つ

お金を貯めるための方法は、

1、出費を減らす

2、収入を増やす

3、運用して増やす

以上の3つになります。

そしてこの3つのポイントとなるのが、

ひとつのことに集中するのではなく相互にバランスを保って行っていくということです。

そしてこの中で最も取り組みやすいのが1、出費を減らすになるのではないでしょうか。

もし出費を減らして貯蓄をしたいのでしたらまず、

1、浪費をなくす

2、最低限の必要な物だけに出費

3、自己成長のための投資にお金を使う

以上の3つを基準として考えると良いと思います。

 

 

貯蓄をする為の3つの考え方

上記の3つの基準をそれぞれご説明致します。

1、浪費をなくす

浪費でお金を使うとは何かお分かりですか?

それは「見栄」と「恐れ」です。

見栄は「人より良くみられたい」とか「他人に自慢したい」という気持ちです。

恐れは「変な目で見られないだろうか」などの気持ちです。

共通しているのは物事の基準を自分の外側に向けている点です。

自分の本当は何がしたいのかの基準で選ぶことが重要になります。

2、最低限の必要な物だけに出費

これは「断捨離」と言って実際に今ある物を90%以上捨ててしまうと、

どれが必要でどれが必要でないかがはっきりと分かります。

スポンサーリンク

そこまでしなくても日常の生活必需品である洗剤やティッシュペーパーなど、

消耗品などに厳選してお金を使うように心掛けるだけでも節約になります。

3、自己成長のための投資にお金を使う

自分が成長するためにお金を使います。

どういうことかと言うと、

スポーツで練習してできないプレイができるようになるように、

自分が将来自分の力でお金を稼ぐことができるようになるための学びにお金を使ったり、

自分の目標を達成したときの自分へのご褒美として欲しい物を買ってみたり、

親しい人への贈り物や招待などにお金を使うことを投資といいます。

実は貯蓄だけを考えるなら1、2でも十分だと思います。

3の場合はお金を増やすための考え方になります。

生き方を豊かにするためにも3を取り入れてみても良いかもしれません。

 

 

先取り貯蓄法

なかなかお金が貯まらない人にはお勧めの方法です。

黄金ルールには、

収入 - 貯蓄 = 支出

とあります。

つまり収入が入ったらまず先に貯蓄するお金を抜き出します。

その上で日常生活を送る。

このように考えます。

最も良い方法は銀行などの積立貯金の制度を使ってみると良いと思います。

僕は積立制度を使って50万円貯蓄しました。

では実際にどのくらいの金額が目安となるのでしょうか。

一般的には一人暮らしだと手取り収入の15%と言われています。

実家暮らしの場合だと35%が目安です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最も確実な方法が積立貯金になると思います。

予め給料日の翌日あたりでも引き落としを指定しておくと、

後は自動的にお金が貯まり続けるのでとても便利な方法だと思います。

そうして残ったお金で生活するわけですから生活のやりくりもしやすいかもしれません。

そして更に貯蓄をするための方法として、

出費を減らすことを考えると良いと思います。

その際は、

浪費をなくして出費を減らし投資にお金を使うです。

実は使うところがしっかりしていないとお金を貯めることが難しいです。

なぜならば、

お金は水やガソリンなどと同じように一種のエネルギー的な存在だからです。

エネルギーは性質上一つのところに留まることはありません。

なので効率的なお金の流れ方をすると結果的にお金があなたの方にやってきます。

ぜひ参考にしてみてください。

あなたの節約と貯蓄がうまくいくことを心より祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ