節約が苦手で貯金も出来なかった僕が劇的に変わった方法

スポンサーリンク

節約が苦手で貯金も出来なかった僕が劇的に変わった方法

 

僕は昔から節約が苦手でした。

それに計画性もないので貯金も出来ず、

給料日前になると金欠で苦しんでました。

 

今回はそんな節約が苦手な僕が、

劇的に変わった方法について話します。

 

節約が苦手で貯金も出来なかった

節約が苦手で貯金も出来なかった僕が劇的に変わった方法

 

節約しなくても貯金が出来るようになりました。

 

常に借金を抱えた20代を過ごしてきた

 

振り返ってみれば僕の20代は、

常に毎月のローンを支払ってました。

理由は車を購入してたからです。

だけど中古車ばかりでした。

 

それがかえって悪かったのもしれません。

何故なら何度も買い替えてたからです。

 

数年は乗ってましたが、

事故をして乗れなくなったのもありますが、

20代で7~8台は乗り換えてました。

 

田舎に住んでいたので、

車は必需品でもあったんですね。

それに車が好きというのもありました。

 

だけど100万以上する車は購入せず、

数年落ちの型落ちばかり乗ってました。

 

それから20代後半には心理学を学び始め、

30万や40万の高額セミナーに通い、

それもローンを組んで学んでいました。

 

県外での特別に開催されるセミナーとか、

心理学セミナーの再受講を繰り返したりと、

お金の許す限り徹底して学んでいました。

 

こんな感じで常にお金に縁が無くて、

貯金も30万くらいが関の山でした。

僕は貯金が苦手なタイプでした。

 

生活が厳しくて色んな節約に挑戦した

 

常に借金のある日々だったので、

何とかしようと節約にも励んでました。

僕が試した節約は以下の通りです。

  • 家計簿を付ける
  • 1日に必要な分だけ財布に入れる
  • クレジットカードを使わない(解約する)
  • 銀行の定期預金で積み立てをする
  • 雑誌は全て立ち読みで済ます
  • 昼は100円の菓子パンと缶コーヒー
  • コーヒーを水筒に入れて持参する
  • スーパーの閉店間際の値引き品を買う
  • 固定費を削る
  • コンビニに近寄らない
  • 500円玉貯金をする

 

今思い出してみただけでも、

これだけのことはやってきました。

 

だけど全てに続きませんでした。

 

せいぜい雑誌を買わない程度です。

節約が苦手な僕はどうしても誘惑に負けて、

忘れるか途中でやめるかのどっとかでした。

 

けどそんな節約出来ない僕でしたが、

たった1つだけがカチッとハマり、

そこから劇的に変わった方法があります。

節約を意識せずとも今現在も続いてます。

 

自分の所有している物に答えがあった

 

このブログでは何度も言ってますが、

僕は2011年頃に断捨離をしました。

部屋の95%以上はとことん捨てました。

 

全く関係のない分野で節約が出来た

 

当時は断捨離の効果は分からなかったですが、

スポンサーリンク

だけど自分の中で満足した感じはありました。

そして以下の記事にも書きましたが、

関連記事

 

ほとんど物を買い入れなくなりました。

今でもその状態をキープしていますが、

 

お金もあまり使わなくなったんです。

 

少なくとも20代の頃と比べると、

明らかに自分の違いは実感してます。

 

無駄にお金を浪費することに関心がなくなり、

だからこそブログを書いて情報発信をしたり、

そういった生産性のある行動にシフトしました。

 

お陰で今では独立という夢も実現してます。

確かに山もあれば谷を経験することもあり、

決して楽な道という訳ではないんですが、

自分にとっては生きた心地を感じてます。

 

どんな手段も合う合わないがある

 

今は全く節約なんて全く意識してません。

何故なら必要以上に物に関心がないからです。

 

なので節約が苦手な人は、

節約を頑張ろうとなんて考えないことです。

合わないこと頑張っても報われません。

 

仕事にも合う合わないがあるのと同じで、

合わない仕事だと頑張っても報われませんが、

節約にしても同じことが言えると思います。

 

勿論、断捨離が合わない人もいるでしょう。

その場合は無理にやらない方が賢明です。

 

それに断捨離も覚悟を決めて思い切りしないと、

中途半端だと何も変わることはないでしょう。

まして人生レベルでの変化は訪れません。

 

ただ当時の僕のように、

本気で変わりたいけど具体的な方法が分からない。

そんな人には断捨離は手段の一つだと思います。

当時の僕はそれで人生が変わっていきました。

 

節約で効果を得られる人は限られる

 

僕は節約も適性があると感じてます。

他のスキルと同じくらいノウハウがあり、

そして楽して出来ないものだからです。

 

節約も立派なスキルでありノウハウがある

 

ネットビジネスの怪しい広告とかで、

1日30分で3ヵ月後に10万稼げるとか、

そもそも楽して達成できるものはありません。

 

節約にしたって求められるスキルがあり、

それを見に付けるまで忍耐が求められます。

決して簡単に出来るほど甘くはありません。

 

当時の僕も節約に対して考えが甘かったせいか、

結局色々試したけど効果を得られませんでした。

対して断捨離の場合は相当の覚悟でやったので、

だからこそ結果が伴ったんだと思います。

 

実際、このブログでは片付けや断捨離など、

そこをテーマにして収入を得ているので、

年数は掛かっても利益にもなってます。

 

目的の為の手段なんて何でもいい

節約が苦手で貯金も出来なかった僕が劇的に変わった方法

 

という訳で節約が苦手だった僕が、

劇的に変わった方法は断捨離でした。

 

断捨離って節約と関係なく思えますが、

物の入り口と言えば買い物なので、

物自体を部屋に買い入れなくすることで、

 

意外と節約効果は高いんですね。

 

節約に限らず苦手意識があるものは、

確かに節約に向き合うのは大切なんですが、

そもそも節約が苦手という人にとっては、

非効率で報われないこともあります。

 

それより少し視点を変えてみて、

節約以外の方法でアプローチすることで、

 

本来達成したい目的を得られるのです。

 

そもそも節約をしたい本当の目的は、

節約をすることそのものなんかじゃなくて、

お金を貯めることであって、

 

そによって安心を得たいからじゃないですか?

 

だったら手段は何でもいいはずなんです。

手段とは自分に合っているものさえ選べば、

後は目的に向かって進むべきなんですね。

 

ということで今回はここまでです。

最後までお読み頂き有難う御座います。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ