目標の達成は続けるだけではダメ!意外と知らない3つのコツ

スポンサーリンク

目標の達成は続けるだけではダメ!意外と知らない3つのコツ

 

目標達成するには継続が大切だと言われますね。

でも継続しても達成できなかった経験ってないでしょうか。

そうなると次第にモチベーションが下がって挫折します。

 

だからこそ、ただ続けるだけでなく目標達成のコツを知る必要があるのです。

 

なぜなら目標を達成できない理由は、

いつの間にかできないマインドにすり替わっている・・・

このようなケースも決して少なくはないからです。

 

そして、そんな自分を冷静には判断できないものです。

もし自分を見つめられるのなら問題が何かが分かります。

何が原因か分かっているのなら解決することもできますね?

自分は大丈夫と思っている人ほど罠にハマりやすいのです。

 

  • 自分を無理に褒めて望む結果が出ないのに頑張ってませんか?
  • 今まで続けてきたからと中身のない行動だけになってませんか?
  • 本当は無理かもと思いつつ矛盾に気づかないフリをしてませんか?
  • ただ偉い人が言っているからと闇雲にやっていませんか?
  • 他人への反発心で必死になってやっていませんか?

 

目標を達成するにはコツがいります。

そこで予め自分で立って歩いていくための知識が必要です。

そのための大切なことをお伝えしたいと思います。

 

(前回は、プライドが高い人の心理と本当の「誇り」を持つことの意味にて、

プライドには2つの意味がり、人生に多大な弊害をもたらすこともありますが、

本当の意味を知って生き方を変えるための「誇り」についてお伝えしました。)

 

 

1、目標は決して誰にも言ってはいけない

 

あなたは嬉しいことは人に言いたくなりませんか?

欲しかった車を購入したら人に見せたくなりますね。

欲しかった洋服を買ったら街に出掛けたくなりますね。

お洒落なカフェを見つけたら恋人と行きたくなりますね。

 

このように僕達は喜びを誰かと共有したい気持ちがあります。

しかし、そこであえて言いたい気持ちをグッと抑えるのです。

言いたい気持ちを抑え込むことで何が起きるのかというと、

 

心の中で圧縮が行われて、早く実現したくなるのです。

 

目標を達成する前に伝えるより、

目標を達成した後に伝える方が楽しくないですか?

「凄いだろ!」って結果を見せた方が驚きが違うはずです。

楽しみを後にとっておくことでより楽しくなるのです。

 

でも一方で自分の目標を伝えることでやる気を加速する、

確かにこれも方法としては間違いのないことだと思います。

だけど、伝えることで義務やプレッシャーになる人もいます。

 

そうなるとその人にとって目標そのものが苦しいものとなってしまうのです。

 

あなたが継続していても結果が得られないのなら、

もっと自分の目標を大切にするべきなのかもしれません。

まるで神聖なものを扱うかのように心に止めておくのです。

 

 

2、ネガティブメッセージから自分を守れ!

 

僕達は1人では生きられないので、

人と助け合いをしながら生きることが大切です。

あなたも一度は困ったことを助けてもらった経験がありますね?

だけど一方で何か新しいことにチャレンジしようとすると、

 

「危ないからやめときなさい!」

「独立するより副業からやればいいじゃない」

「そんなこと誰だって思いつくことだよ」

 

このように止めてくれる有難迷惑な存在でもあるのです。

この傾向は、身近な存在であればあるほど強くなっていきます。

なぜ身近な存在ほど邪魔になってくるのでしょう。

 

それは潜在意識の現状を維持する機能によって起こっているからです。

 

なぜなら困ったことを助けてくれるのも挑戦を止めてくるのも、

今のあなたがそのままの状態でなくなってしまうからです。

できるだけ現状を維持して安心していたいのです。

 

ですがもっと怖いのは上記のように言葉で伝えてくることではなく、

無意識レベルでやりとりが行われていることにあるのです。

あなたも相手を何となく雰囲気でムカついたことがありませんか?

ちょっと不機嫌そうな顔したり、態度をとられると嫌ですね。

 

怖いのは無意識にネガティブメッセージを受け取って感化されることです。

 

そうなると目標を達成するという意識は少しずつズレていきます。

厄介なのは少しずつなので気づかないうちに大きく変わってしまうのです。

嫌いな人っていつの間にかもの凄く嫌いになってたりしませんか?

思い返してみると最初の嫌いとは大きく違ってたりします。

 

この目に見えないところで何が起きているのか・・・

そこで無意識に行われていることに目を向けることが大切なのです。

またそんなことで友人や家族関係を壊したくないですよね?

ネガティブメッセージに避けることも大切なのです。

 

 

3、あなたは誰のために目標を達成する?

 

あなたは何のために目標を達成したいのでしょう。

それは自分のためではないでしょうか。

どんなに相手のことを思ってやってたとしても、

結局は自分がしたいから思うからやりますね。

 

だけどそこで他人に褒めてもらうことが目標になってしまうこともあります。

 

誰かに認めてもらうための行動になってませんか?

他人の目を気にしたような行動になってないでしょうか。

目標を他人に伝えることで他人の目を気にしてしまうのです。

 

スポーツの練習でも誰かが見てないところでやると、

意外と集中できて早く上達ができてって経験がありませんか?

勉強だって静かに1人で集中できる方がはかどりますね。

 

あなたの目標が誰かの目を気にして誰かのためになっていないか。

 

ここも実現を阻んでしまう大きな要因になるのです。

僕達は社会で生きているので気づかずいろんな影響を受けます。

「わたしには影響力はない」なんていう人がいますが、

人はただそこに存在しているだけで既に影響力があるのです。

 

 

目標達成には自分自身にカタをつける作業でもある

 

あなたはなぜその目標を達成したいのでしょう。

そして達成したその後はどうなりたいのでしょうか。

 

今この瞬間に集中することは良いことですが、

同時に先の未来の自分を見据えることも大切です。

 

また今がうまくいっていないと目先だけになりがちです。

そこで先の不安や恐れなどの思いと実際の行動の間に矛盾があり、

無意識に自分の行動を止めてしまっていることもあるのです。

それを回避するには自分が臨終を迎えたときに何を思うのか。

 

「あのとき、思い切ってやっていれば・・・」

「あそこであんなこと言うんじゃなかったな・・・」

「もっと自分に素直になっていればよかった・・・」

「どうして、あんな選択をやってしまったんだ・・・」

 

こうなってしまうであろう結果に対して、

どれだけ自分の気持ちにカタをつけられるのか。

目標を達成するとはここに繋がるのではないでしょうか。

 

  1. 目標を神聖なもののごとく大切にすること
  2. 無意識にネガティブメッセージを受け取らないよう注意すること
  3. 他人に認めてもらおうとしている自分になっていないか

 

この3つのコツを意識として持っていれば、

いくら努力しても結果が得られないことは飛躍的になくなります。

 

またあなたの目標達成を邪魔する悪魔の声に負けない2つの方法では、

目標達成は続けているとそれを邪魔する声が心の中から出てきますが、

その正体と甘い悪魔のワナに打ち勝つ2つの方法を紹介しています。

こちらの記事もおすすめなので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

あなたが自分の人生を生きられることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ