息苦しさのストレス解消-心をラクにする7つの考え

スポンサーリンク

息苦しさのストレス解消-心をラクにする7つの考え

 

息苦しさを感じて毎日ストレスが溜まっていませんか?

多くの人が生きづらさを感じながら暮らしているのかもしれません。

それは日々の不安から息苦しさを感じているのかもしれません。

 

誰かのせいにしても解決に繋がらないし、

自分を追いつめても息苦しさが増すばかりです。

ですが、

ちょっとした意識を変えてみるだけで、

心をラクにすることが可能なようです。

(前回の記事、自分を追い込むことが良くない4つの理由

 

 

1、重たい荷物を降ろす

 

人生、生きていれば多くのものを背負いこむことになりそうです。

その中には必ず背負わなければいけない荷物というのは、

案外少ないものだと思います。

 

余計な荷物を背負っていませんか?

 

それは、

時間を犠牲にしていたり、

許容範囲を超えて何かをしていたり、

心の中のこだわっているものだったり、

 

自分にとって本当に必要なものを見極めて、

不要なものを捨ててしまう覚悟を持つことが大切です。

 

本当に必要なものとは何でしょうか。

それは、

自分の「軸」となるような信念や価値観です。

 

そのためには自分を知ることが必要です。

 

 

2、余計なこだわりを捨てる

 

生きる上で大半のこだわりは余計なものなのかもしれません。

こだわりとは「こうあるべきだ!」という考えです。

 

それを言い換えると、

「執着」という言葉になります。

 

執着と聞いて何を連想しますか?

執着と聞くと何かに囚われていると思いませんか?

 

あなたの囚われていることは何でしょうか?

そして、

それを捨てることができたらどんな人生が待っているでしょうか。

 

 

3、競争というコースを自ら棄権する

 

よ~いドンで、

どちらが早いか競うことは、

人生においては必要のないことなのかもしれません。

 

生き方は人それぞれ、

目的に向かって進むペースもひとそれぞれです。

なのに、

他人と比べて一生懸命競うことに意識が囚われてしまうと、

いつの間にか勝つことが目的なってしまうようです。

 

そして、

本来の目的を見失い、

 

「なんだか思うようにいかない、俺は一体何をしているんだろう」

 

と、心の迷宮入りをしてしまうのかもしれません。

生きることに「勝ち」「負け」を持ち込まず、

本当に求めているものだけを追いかけることが大切です。

 

そして、

人は皆、違うものだと認めることが大切です。

 

 

4、自分の今現在できることに意識をむける

 

僕たちはできないことに意識が向きすぎてしまいます。

ですが、

世の中、できることよりできないことの方が圧倒的に多いのは、

誰しもが分かっていることだと思います。

なので、

できないことに意識を向けてしまうと癖になってしまうのかもしれません。

 

わざわざ自分にないものを見る必要はありません。

 

自分のできることから少しずつ広げることが大切です。

地味かもしれませんし、

退屈と感じることもあるかもしれません。

 

ですが、

結局はできることに意識を向けて着実に歩んでいった方が、

 

「これは絶対に無理だ!」

 

と、思えるような高い壁も乗り越えることができます。

なぜならば、

小さなことを少しずつ積み重ねていくからです。

 

 

5、シンプルに考える

 

もの事は本来どれもシンプルなのかもしれません。

複雑にしているのは自分がただそう思っているだけのようです。

 

難しく考えてしまうから悩んでしまうようです。

 

なるべくシンプルに考えるようにしましょう。

そうすることで、

余計な心配をすることなく、

意外とうまくいったりするものなのかもしれません。

 

 

6、自分の弱さをさらけ出す

 

自分の弱さを隠しても息苦しさが増していき、

ストレスの原因となってしまいます。

 

自分で何でもやる必要なないのかもしれません。

一人でできることには限界があるのかもしれません。

 

自分はこんな脆い部分があるんだと、

素直に自分の弱さをさらけ出してみると、

案外、人は受け入れてくれるものだと実感できるようです。

 

自分の存在を認め、

素直に人に頼ることで心はラクになれます。

 

 

7、完璧な人など存在しない

 

息苦しさを感じてストレスを抱える人ほど完璧を求めるようです。

世の中に完璧な人は存在しないことは、

これを読んで頂いているあなたは十分理解されていることだと思います。

 

完璧になることをあきらめて、

「もう、いいや」とこだわりを手放してみることで、

ゆる~くラクだけどしっかりと軸が通った生き方ができるのかもしれません。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

息苦しさを解消するための心をラクにする考えをお伝えしました。

力を抜いて、必要なところでしっかりと踏ん張れるよう、

緩急のある生き方ができると良いですね。

あなたの本来の生き方が実現できることを心より祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ