人付き合いに疲れたときのシンプルに整理する5つの人間関係構築術

スポンサーリンク

人付き合いに疲れたときのシンプルに整理する5つの人間関係構築術

 

人付き合いの難しさに壁を感じて疲れてきてませんか?

「過去と他人は変えられない」と言われるように、

誰もが1回は人付き合いに疲れたという経験があるのではないでしょうか。

 

そんなとき、どうやって立ち直れば良いのでしょうか。

自分を勇気づける方法ってあるのでしょうか。

人付き合いに疲れたけど一人は寂しいしものですね。

 

人付き合いで疲れる人には以下の4つのパターンがあります。

 

  1. 気を使い過ぎて、発言や行動をガマンしてしまう
  2. 他人からどう思われているのか気にし過ぎてしまう
  3. 他人の腹を探る習慣があり、思い込みで判断してしまう
  4. 自分の本音を素直に伝えられず、陰口を言ってしまう

 

このように自分にガマンして他人に気を遣い過ぎてしまうと、

過度のストレスで人付き合いに疲れてしまうことになります。

 

新しい人間関係を構築していくこともひとつの答えだと思います。

 

ですがその前に、

 

自分が無意識にどんな価値観を抱えて、どんな人と関わるべきか。

もし、あなたが自分が何者かを知った上で人付き合いをしたなら?

 

あなたがこのままでいることと、本質を意識しての人付き合いとでは、

どのような差となって結果に表れるでしょうか。

 

(前回は、人生やり直したい-30代からゴールを目指す6つのリセット法にて、

30代から人生やり直したいと思ったときに再スタートするための6つの方法をお伝えしました。)

 

 

人付き合いはシンプルに整理していく

 

上記で上げた人付き合いで疲れる4つのパターンは、

自分にとって支えにならない無益な関係だと割り切る必要があります。

 

なぜなら、

 

相手を批判しつつも正したいという気持ちを持ち続けてしまうからです。

 

批判を覚えてしまう相手とは、一旦距離を保つことです。

お互いが気持ちを理解しあえない関係とは、自ら一線を引く勇気が大切です。

正義感から居心地の悪いシチュエーションに、ムリに適応することはやめましょう。

 

まずは本当に付き合いたい人とだけ、生活に占める割合を増やしていくことです。

次に、人付き合いに疲れないための5つの人間関係構築術をご紹介します。

 

 

1、自分の本音に正直になって「拒否」することを学ぶ

 

猫をかぶった親切というのは、実は受け入れやすいものなのです。

自分の「痛み」を避けることができるからです。

 

ですが、

 

どんな理由があるにしても、自分を偽ることは苦しさを呼びます。

本当の人付き合いとは、シンプルに「NO!」と言える関係です。

また、それを受け入れることのできる関係です。

 

全てをここに合わせようとムリに頑張る必要はありませんが、

こうありたいと思う自分になれる関係を持つことは大切です。

 

 

2、最後まで聞く耳をもつ

 

本当の人付き合いとは、相手が話をしているときに全身全霊で聞こうとします

そのときは不思議なことに特殊な感覚になることもあります。

 

話すことをやめ、考えることをやめることです。

 

頭をフル回転させて一生懸命に話すことをやめて、

心を落ち着かせて相手の話を最後まで聞く耳をもつことです。

親切とは本来、何をすることだと思いますか?

 

それは、

 

何も言わないことです。

 

相手に敬意と思いやりを持ち、相手を信じて待つ。

気の利いた言葉を言うより、その姿勢が伝わっていればよいのです。

 

 

3、自分を許し、他人を許す

 

他人を批判してしまうのは、自分が許せないからです。

他人のことを許す意識を持つと、自分の足かせを外すことができます。

 

「あいつは、あんなことをしているから許せない」

 

もし、そのルールを自らが破ってしまったら?

破らないまでも、そんな不要なルールに縛られる生き方は苦しいです。

 

そして、

 

他人を許すことは、自分自身のために行う行為です。

 

起こった事や、他人のためにすることではありません

自分に自信を失い、自分は愛される価値のない存在と思い込んでしまうからです。

自分を肯定し、当たりまえに評価してあげることで、ストレスから解放されます。

 

 

4、他人に期待しない、変えようとしない

 

自分ができることは、自分に対してだけです。

自分でやることは、自分で責任を持つことができるからです。

 

そして、

 

他人に対して責任を押し付けることをしなくなります。

 

他人に期待してしまうと、責任を押し付けてしまうのです。

自分の人生にだけ、責任を持つことが大切なのです。

自分に責任を持って、自分が変化の中心となれば、

やがてその影響力が他人へと乗り移っていきます。

 

真の人助けとは、

 

自分の生き方、姿勢、考え方を真似してみたいと思わせることです。

 

 

5、自分が唯一できること

 

僕たちが他人に対してしてあげられることは、

僕たちの生き方を通して、その人が自発的に考えて動けるようにすることです。

それが、他人にしてあげられる最大唯一の人助けだと思います。

 

あなたはどんな生き方がしたいでしょうか?

 

幸せとは所有することという昔の価値観は過ぎました。

酒、煙草、仕事、テレビ、賭け事、暴飲暴食、浪費癖、

本当の貧しさとはお金の有無ではなく、

このようなことに依存してしまうことを言います。

 

また、このような関係での人付き合いも疲れる原因となります。

不要な関係を断ってシンプルな生き方をすることで楽になれます。

 

 

人付き合いに疲れたときこそシンプルに

 

人付き合いに疲れたときは、シンプルに「好き」と思える人とだけ関わること。

それが、まずあなたがすべきことだと思います。

 

自分が「好き」だと思える人から少しずつ広げることで、

今までの人間関係よりずっと深く価値観の一致した付き合いになれます。

 

そのためには、まず自分とは何者かを知ることです。

 

あなたはどんな生き方がしたいでしょうか?

 

シンプルなライフスタイルで人付き合いができることを祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ