人生やり直したい-30代からゴールを目指す6つのリセット法

スポンサーリンク

人生やり直したい-30代からゴールを目指す6つのリセット法

 

「ハーァ、うまくいかない・・・」

夢や理想があっても、現実はうまくはいかないものですね。

頑張っても報われないこの人生やり直したい・・・

 

30代、働き盛りの年齢。

今、あなたは順調でしょうか?

おそらく、そんなはずはないでしょう。

 

なぜなら、

 

この記事のタイトルに目がとまったからです。

 

それは同時に、あなたがまだ希望を失っていないからでもあるのです。

仕事でビジネスでうまくいかないことは誰にでもあります。

人生やり直したいと思うほど苦しい時期は、とてもツラいものですね。

 

ここで踏ん張って道が開けるなら、それは良いことです。

 

あなたは自分の進むべき道がイメージでき、その通り進めますか?

もし、そうでないならせっかくの努力もムダになりかねないのです。

 

そんなときは何が大切になるかと言うと、

 

一度、原点に戻る「ゼロリセット」をすることです。

 

あなたの進む道が分かれ道で、一方を選択して迷ってしまったなら、

一度、来た道を戻ることを考える必要があります。

 

「人生やり直したい・・・」

 

道を迷われたら、ぜひリセット法をお試しください。

 

(前回は、望む結果が得られず気持ちが沈むあなたへ-心のケアをする6つ対処法にて、

気持ちが沈むときの理由と、心をケアする6つの対処法についてお伝えしました。)

 

 

1、潔く受け入れる

 

人の気持ちは常に変化します。

最初に打ち立てたゴールは、今では色褪せているのかもしれません

 

「絶対にやってやる!」

「俺は、人生変えてやるんだ!」

 

当時の意気込みは、今では魅力のないものに変わってしまうものです。

人は毎日、成長して変化するからです。

 

昔の気持ちは潔く捨ててしまいましょう。

そして、新しい自分になることを受け入れるのです。

今のあなたは何を求めているのでしょうか?

 

 

2、負けを認める

 

今行っていることがうまくいかないなら、潔く負けを認めることです。

人は今の自分を素直に認められた時点で、前に進むことができます

 

古い価値観にしがみついて、こだわり続けることをやめて、負けを認めましょう。

 

今のあなたを受け入れて、自分との戦いを終わらせます。

自分と闘うから空回りして、疲れて人生やり直したいと思ってしまうのです。

 

ムダな戦いをやめれば、新しい勝利を手にするチャンスが巡ってきます。

腹をくくって、今の自分を正直に認めましょう。

 

 

3、やり直したいことを語る

 

今、抱えている思いを誰かに打ちあけてみます。

自分の気持ちを整理して言葉に変換して外に出してみると、

 

スッと楽になれて、新しい道が見えてくることもあります。

 

言葉に出すことは、今すぐできることでもあります。

特に自分の考え方を変えたいと思うときに、

 

誰かにありのままの本音を語ると、自分を素直に受け入れられます。

 

人生やり直したいと思うほどの思いなら効果的なリセット法です。

 

 

4、思い切った行動をする

 

もしかすると、何かやり残したことはありませんか?

人生やり直したいと思うほどの気持ちがあるなら、

思いっきり高いところから飛び込んでみたり、

恐れていることに挑戦することもひとつの方法です。

 

僕たちは、安全なところからなるべく離れたくないと思ってしまいます。

安全な場所から離れる勇気を持たなければ、今のままなのです。

 

思い切った行動をしてみれば、今まで怖いと思っていたことが、

そこはもう安全なところへと変わることができます。

この目的は、自分の臨界点を越えることにあります。

 

 

5、これまでの人生を書き出してみる

 

言葉に出すよりも行動しやすいです。

紙に感情をブツけるように書き綴っていきます。

とにかく書いて書いて書きまくるのです。

 

書いたあとは、今自分がここにいる理由を書いてみましょう。

 

さいしょに感情をワーっと上昇させて、

今の自分を冷静に分析すると、自分自身が見えやすくなります。

今の自分に何が起きているのかが手に取るように分かれば、

人生やり直したいと道に迷うことはなくなります。

 

自分のことが見えれば、あとはスマートに解決法を見つけるのみです。

 

 

6、人生はコインの裏表

 

良い時期もあれば、悪い時期も訪れる。

それは誰にも避けることのできない人生の流れです。

それはまさにコインの裏表のように切り替わります。

 

なので、

 

悪い時期に落ち込んだり、良い時期にテンションが上がったりと、

目の前で起こるできごとに一喜一憂して、振り回されないことが必要です。

では、そのためにどのような考え方をすると良いかと言うと、

 

今感じている感情の反対のことを考えるのです。

 

人はひとつの思いに100%傾くことはありません。

どこかで数%は必ず反対の思いが潜んでいるものなのです。

 

苦しいときは、「良いところはどこだろう?」

楽しいときは、「見失っていることは何だろう?」

 

常に反対の意識をもつことが、自分を冷静にさせてくれます。

 

 

人生いくらでもやり直せる

 

「失敗は成功のもと」とは、誰もが知っていることですね。

「成功は失敗の種まき」とは、ほとんどの人が知らない事実です。

 

この事実を知らないから、出来事に振り回されてしまうのです。

目の前で起こることは、原因である心が起こした結果に過ぎません。

起こった事に処方箋を打つよりは、内面を見つめることに徹するのです。

 

あなたが自分を見つめられるならどんな方法でも構いません。

どうせ浮き沈みがあるなら、ジェットコースターのように楽しめると良いですね。

乗るまでは怖いけど、乗ってしまうと案外楽しいものです。

 

30代からの人生が輝けることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ