がんばらない心の節約とシンプルな暮らしを求めて

スポンサーリンク

がんばらない心の節約とシンプルな暮らしを求めて

がんばらない心の節約とシンプルな暮らしを求めて~

がんばっても行動は思った通りにはなかなか変えられないもの。

あなたもそう思いませんか?
「よし、やろう!」
と意気込んでも、

最初だけ。

数か月数週間、

下手をするとたった数日。

またいつもの生活に逆戻り。

そうすると、
「ああ、自分は何をやってもだめだ…」
このように心の中で認めたくない思いと認めざるを得ない気持ちの葛藤。

頭の中がギクシャクしてきて何だかイライラする。

すっきりしない毎日。

それは、

行動を変える前に自分がまず変わっていないからなのかもしれません。
「自分が変わっていない!?」
これは一体どういうことなのでしょう。

シンプルライフを送るために大切な頭をシンプルにする方法。

今日は物を捨てることではなく、

考え方の視点から行動できる自分になる方法を探っていきたいと思います。

どうぞ一緒に考えていきましょう。

(前回の記事、シンプルライフ!物を捨てることができないあなたへ

 

 

まず在り方を見つめる

どうして行動できないのでしょう。

そこにはいろんな理由があると思います。

ですが、

決して自分を責めないでください。

ちゃんと肯定的な理由がありますから。

そこをあなたが知ろうとする意識を持ってみることが大切です。

それはもう一人のあなたとコンタクトをとるということ。

つまり潜在意識です。

潜在意識とは今現実を見て聞いて触れて感じること以外の人の身体の約97%を支配している世界。

それをもう一人のあなたと解釈できます。

もっと具体的に言うと、

心臓はあなたの意識で動かしているわけではありませんよね?

これは身体が生命を維持するために自然と動いています。

ではこれは誰が行っているのでしょう。

飛行機を的確に役立たせるためには管制塔が必要です。

要は司令部が必要となります。

それが、

人の身体で言うと潜在意識となります。

そして実を言うと今見て聞いて触れて感じている世界も潜在意識の影響をもろに受けています。

たとえば、

あなたは好みの異性を見るとどのように感じますか?
「可愛い」

 

「付き合いたい」
このような気持ちになりませんか?

それは誰がそうさせているのでしょう。

つまり潜在意識から行われているのです。

そのことから、

あなたの行動できない理由も潜在意識が必要なこととして、

”行わせないよう”にしている可能性があるのです。

なぜならば、

脳は生命の維持を第一優先として考えるからです。

なので、

行動できない理由は一体何なのか?

その行動できない肯定的な意図を探ること。

そこに気付くことが重要です。

あなたの行動できないことで守っていることは何ですか?

 

 

今ここにいる自分の状態が未来を決める

あるセミナーに参加したときのこと。
「では一人ずつ前に出てスキルの説明をしてください」
僕は緊張しやすいタイプでした。

ですがこの日だけは違いました。

何故かというと、
「自分の感じたことを話せばいいから…」
この言葉が妙に頭の中に残っていた。

そして一生懸命テキストを見て覚える準備を諦め、

時間がきたらその場に立って感じたことを話すようにした。

そうしたらどうなったと思います?

結果僕は思うように話すことができませんでした。

ですが、

ここからが違うんです。

ぼくは、

ゲームで負けたように悔しがって、
「もう一回やらせてください!」
と自らリベンジを志願しました。

楽しくてもう一回やりたくなったんです。

結局2度目も失敗。

なぜ失敗したのか。

当然です。

今までしてきたことのない考え方だったからです。

感じたことをそのまま言葉にすることがこれほど楽しいとは思いもよらなかった瞬間でした。

あなたはこの話を聞いてどう感じましたか?

在り方を変えるというのは、

今この瞬間に何を感じるかということです。

今この瞬間が苦しいのであれば、

潜在意識は痛みを避けるので行動を取らせません。

ですが、

今この瞬間が楽しいならどうでしょう。

潜在意識は快楽を求めるので行動を取らせたがります。

つまりがんばっても行動できない理由は、

脳が嫌っていたからなんです。

がんばらないことが悪いわけではありません。

なのであなたがいくら意識的に頑張っても行動ができなかったのです。

だからこそ行動できない自分をどうか素直に認めてあげてください。

そして未来は今の自分の延長です。

なので今ここにいるあなたがどのような心の状態なのかで、

未来に得られる結果が決まります。

大事なのは今この瞬間で何を感じているかということ。

 

 

意識的に状態を変化させる方法

僕がセミナー中、
「これは大事だ!」
と感じたもう一つのことは、

今の自分から脱却して違う自分を演じることです。

そのときは動物になりきったり、

有名な武将や俳優になりきってました。

最初はかなり抵抗がありましたよ。

今までやったことがなかったので。

ですが自分なりに思い切ってやってみればやってみるほど、
「これは大事だ!」
と思えたんです。

それは全く違って視点でものごとを見ることができた瞬間でした。

世界がまるで違って見えてきたんです。

太刀魚のモノマネをすると海の底から海面を見ている風景が見えました。

そのときの海の中の明るさや肌にあたる水の温度や感触など、

そしてどんな気持ちになっているのか。

よく見えてきたんです。

あのときの体験は今でもしっかりと覚えています。

そして同時に楽しかったなぁと…

皆同じようにやってましたから、

仲間の力は大きいものですね。

それは何も特別な環境がなくても行えることです。

たとえば、

気になる人の姿勢や目の動きや呼吸や歩き方など、

その人の雰囲気や特徴をよく観察して真似てみることで、

気になる人の心の中が見えてきたりします。

同様に、

あなたの理想とする人で最も行動的な人を一人選び、

その人の雰囲気や特徴を観察して真似てみると、

自然と行動できるあなたへと変化することができると思います。

 

 

その後の僕の「今この瞬間」はどう変わったか?

大きく変わったのは、

本音を語ることが心の軸となったことです。

それによってコミュニケーションで迷いが減りました。

どういうことかと言うと、

自分の価値観に合わない人にくよくよ悩まなくなり、

今まで一生懸命考えながら話していることをあきらめ、

感じたことを素直に話し人に応じて変化させることで、
「今日の自分は良かったなぁ」
と素直に自分を認められるようになれたこと。

そして相手と心を通わせることができるようになったこと。

そのスタイルは自分でビジネスを立ち上げるところまで広がり、

今では本業の収入に徐々に近づいてきています。

望む結果を手に入れるためには在り方を変えること。

これが最も大切なことなのだと思います。

あなたのシンプルな暮らしが実現できることを心より祈っています。



 
サブコンテンツ

このページの先頭へ