精神統一の方法-何もしないことでシンプルな心をつくる

スポンサーリンク

精神統一の方法-何もしないことでシンプルな心をつくる

 

外の刺激によるストレスや心の中のわずらわしいノイズに惑わされないために。

「何もしない」ことによる精神統一の方法があります。

精神統一をしてシンプルな心をつくること。

 

せかせかと落ち着かない状態。

自分のリズムを失って場に流されてしまう状態。

もの事をサッと進めてしまおうとするせっかちな状態。

 

忙しいこの時代に生まれたことによる悪い習慣なのかもしれません。

そんな時代だからこそ、

 

あえて「何もしない」時間をつくる。

 

あなたのスケジュール帳はどれだけの予定がつまっていますか?

 

まずは、

「何もしない」という練習をしてみましょう。

 

もの事をもっとシンプルに考えるようになるために、

いろんなことが舞い込んで頭が混乱してしまう前に、

 

「何もしない」という練習が必要です。

 

何もしないことは精神統一する方法のひとつです。

そして、

何もしない贅沢を味わうことで心は豊かさを感じられるようです。

(前回の記事、何もかもがうまくいかないとき-不要な執着を手放す思考法

 

 

止まることへの恐怖

 

僕たちはなぜだか止まることを恐れているようです。

 

空いた時間、

予定の空いた日、

会話のときの間、

 

どこか、心に空白ができることを嫌っているかのようです。

 

「少し忙しいくらいが丁度いい」

 

このように感じたことはありませんか?

僕たちは何かをし続けているときが心地がいいのかもしれません。

では、それはなぜでしょうか。

 

それは、

 

何も考える必要がないからです。

 

なぜならば、

 

思考するときはエネルギーを多く消費するからです。

 

つまり、面倒に感じてしまうようです。

流れに身を任せて何も考えない状態は心地良いものです。

 

しかし、思いかえしてみてください。

何かを達成するときには必ず思考しなければいけません。

 

思考するときは、

流れに身を任せていた状態から一度離脱して、

立ち止まって考えなければいけません。

 

止まらなければいけないのです。

 

 

何もしないことで精神統一する方法

 

まずは「何もしない」自分を許してみましょう。

ギアをトップからサード、セカンド、ローへ。

心の速度をゆっくりと下げていきます。

 

もの事をゆっくりと受け止めていきます。

 

もっと丁寧に考えることができるようになります。

 

整った心の状態を手に入れるために、

もの事をもっとシンプルに考えれるようにするために、

ゆっくりと「何もしない」自分に向かっていきます。

 

アクセルを上げると速度が上がり、周囲への注意が薄くなります。

 

アクセルを緩めてゆっくり走ると、視野が広がって見えなかったものに気づくようになります。

 

いままで気づくことのなかった自分の心、

そこにも視野が行き届くようになります。

ネガティブ状態の負のスパイラルから抜け出すこともできるでしょう。

 

 

何もしない時間をつくる

 

人は無意識に常に思考し続けているようです。

 

流れに身を任せている状態であっても、

一日起きている間は、

ずっと絶えず思考し続けています。

 

はじめは数分だけで構いません。

 

ただ何もしない。

ただただ、無の状態。

 

「何もしない」を終えたあとは、

はじめる前と比べるとすっきり爽やかな気持ちになれます。

あさ日が指しこめてきた寺院のような澄み切った心地です。

 

心がシンプルになる状態です。

 

 

心にも休日を

 

休む時間があったとしても、

心は休んでいないときもあるようです。

 

「何もしない」ことへの罪悪感を許すことができれば、

もっと自由にもっとリラックスできるようです。

 

精神統一の方法として、

発想の転換のひとつとして。

 

あなたの心がシンプルにすっきりできることを心より祈っています。




 
サブコンテンツ

このページの先頭へ