物事がうまくいかない-実現力を上げるシンプルな3つのコツ

スポンサーリンク

物事がうまくいかない-実現力を上げるシンプルな3つのコツ

 

新しいことをはじめても途中で物事がうまくいかない…

そんな挫折を味わった経験はありませんか?

 

「これが実現したら、凄いことになりそうだ!」

 

期待に胸を膨らませて行動するも、

行動すればするほど色んな情報が入ってきて頭の中がごちゃごちゃ。

そうすると行動していく度に余計なことを考えだしてしまい、

考えれば考えるほどドツボにハマってしまう…

 

「もう嫌だ、どうして良いか分からない!」

 

物事を進めていくと、

このように途中で色んな情報が入ってきて、

情報過多で身動きが取れなくなるときがあります。

 

なぜ行動すればするほど身動きがとれなくなってしまうのでしょうか。

それにはある条件が発生するようです。

 

その条件とは、

 

「複雑」

 

になることです。

 

人は行動していくと色んなことが見えるようになってきます。

そうなると色んな情報がたくさん入ってくるので整理しきれず、

頭の中がパンクしてしまうようです。

 

また、

ある一定の期間に達すると、

アイデアが沸かなくなったり、

川の流れが淀んだ状態のように思考がスムーズに流れず、

苦しい時期を経験することもあるようです。

 

どちらにしても気付かないうちに「複雑」に考えてしまっているようです。

 

どんどん良いものを提供しようとすると、

どんどん質の向上を図ろうとすると、

どんどん良い記事を書こうとすると、

どんどん良いことをしゃべろうとすると、

どんどん人に会おうとすると、

どんどん行動すると、

どんどん回数を重ねようとすると、

 

欲張り過ぎたり、

追加し過ぎたり、

詰め込み過ぎたり、

調味料を加えすぎたり、

 

いつの間にか余計なことを考えて自分の首を絞めていませんか?

一度立ち止まってシンプルライフのように、

不要なものを捨てる必要がありそうです。

(前回の記事、シンプルライフ-冷蔵庫の中身を捨てるためのシンプル4ステップ

 

 

1、行き詰まったら「複雑」に考えているサイン

 

頭がショートしてきて、

途中で手が止まり、考える時間が増えてきたら、

自分の頭の中を点検してみましょう。

 

「もしかして複雑になっていないだろうか?」

 

「もっとシンプルに考えても良いんじゃないか?」

 

このように自分に問い掛けてみます。

自分に問い掛けることで、

気が付かないうちに明後日の方角に向いていた思考を、

目的に向けて軌道修正することができます。

 

どんどん、どんどん思考が先走りをし始めると、

今現在で行動できる能力は限られているのに、

能力が追い付かないので苦しくなって立ち止まってしまうようです。

 

思考と行動にギャップが出てくる。

 

このようになってくると、

行動がとれなくなり、

思考に追いつくためにどうすれば良いだろうと、

一生懸命考えながら答えを探しつつ行動することになるので、

動くことより考える時間の方が増えるようになります。

 

 

2、完璧主義をあきらめる

 

ではどうして「複雑」に考えてしまうのかというと、

完璧主義になろうとしてしまうからのようです。

 

頭に思い描いている通りにやりきろうとしていませんか?

 

どうしてもイメージ通りにいかないと気持ちが悪いですね。

しかし、

最初からイメージ通りにいかないことの方がほとんどのようです。

 

なので、

完璧にやろうとする自分に気付いてあきらめ、

完璧主義にこだわる代わりに、

シンプルにするように思考をシフトしてみてはいかがでしょうか。

 

物事をシンプルに考えて、

シンプルに行動して、

シンプルに提供する。

 

頭の中に思い描いたものをあきらめることは少し怖いことかもしれませんが、

物事を完璧にやるよりは、

物事を完成させる方が大事ではないでしょうか。

 

 

3、自分の貫く「信じる」ものにみに集中する

 

物事になれてくると色んなことが見えてくるので、

色んなことを取り入れて、

より質の向上を図ろうとする人が多いようです。

 

ですが、

本当の意味で質の向上を図ろうするならば、

 

自分が「信じるたったひとつ」のことにのみ集中することが大切なようです。

 

なぜならば、

いろんなことをしはじめると意識が分散してしまうからです。

その結果、逆に質が低下してしまうようです。

 

このように物事がうまくいかない人というのは、

あれもこれもといろんなことを取り入れようとすることが原因です。

 

本当はひとつのことに集中すること。

そして、

そのひとつのことをとことん磨いていくことに力を注ぐことで、

物事は洗練されていくようです。

 

なので、

できる限り減らしていきましょう。

増やすのではなく減らしていくのです。

 

シンプルライフのように、

減らして、捨てて、制限して、短くまとめていきましょう。

 

そして、

大切なたったひとつのことにのみ集中してつくりあげていきます。

このように思考をシンプルにしてクリーンな状態にしていきます。

 

物事を簡単に考えるようにしてみると、

何だか気持ちがパッと明るく軽くなったような感じがしてくるようです。

 

 

まとめ

 

1、行き詰まったら「複雑」に考えているサイン

2、完璧主義をあきらめる

3、自分の貫く「信じる」ものにみに集中する

 

いかがでしたでしょうか。

僕も自分の頭がショートしてしまうことがあります。

そのときは、

 

「複雑に考えすぎていないだろうか」

 

「もっとシンプルに、自分の伝えたい本質のみに集中して提供しよう」

 

と思考停止状態のサインから自分を修正するようにしています。

とても効果のある実現力を上げる方法だと感じています。

ぜひ参考にしてみてください。

あなたの理想が実現できることを心より祈っています。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ