読まれるブログの書き方-感動を与える「中心マインド」のつくり方

スポンサーリンク

 

読まれるブログの書き方-感動を与える「中心マインド」のつくり方

 

「こんな文章、誰が読んでくれるのだろう…」

これは2013年2月から無料ブログで毎日ブログ書き始めた頃、

僕が感じていたことでもありました。

 

特に最初の7ヶ月間はとても苦しい思いで書いてました。

そして文字数も少なく、内容も分かりにくい文章でした。

お世辞でも読まれるブログ書き方とは言えなかったです。

 

ネットを開けば、多くに読まれるブログを書ける人はたくさんいます。

 

文章を書くって一体なんなのでしょうか?

 

僕は2013年2月より毎日ブログを書き続けてきましたが、

2014年1月よりブログでブログを書いてお金を受け取る仕組みをつくり、

今ではインターネットを使って多少の収入を得ています。

 

ですが、

 

読んでもらえるブログの書き方には、何かがある。

 

読まれるブログ書き方ができるようになるには?

 

そのためのマインドのつくり方をお伝えしたいと思います。

 

(前回は、文章力をつける伝え方にて文章で何かを伝えるときの重要なことをお伝えしました。)

 

 

小学5、6年生が読んで理解できるブログを書く

 

ブログが読まれない理由のひとつは、

読んで理解しづらい文章ではないでしょうか。

 

もともと興味がないというのなら、仕方のないことかもしれません。

 

ですが、

 

このページに訪れたということは何らかの意図があってのことだと思います。

そうなるとブログの書き方が理解しづらいものになっている可能性があります。

なので僕がいつも意識していることは、

 

「読者にとって読みやすい文章にするには、どうすればいいだろう?」

 

このように毎日、必ず自分へ問い掛けています。

そうすると、脳は自動的に検索しはじめます。

潜在意識をうまく活用して常に洗練させていくことが大切です。

これが小学生5,6年生が読んでも理解できるマインドのつくり方です。

自分への問い掛けが読まれるブログの書き方です。

 

 

「見栄」を張るためにブログを書いていないか

 

僕がブログを書くときに注意していることがあります。

 

それが、

 

自分の「見栄」でブログを書いていないかどうかです。

僕たちは、些細なことでもつい見栄を張ってしまうものです。

 

たとえば、

 

ブランド品を身に付けて街を歩けば、

注目を浴びることができるかもしれません。

その代わり高いお金を払って生活を犠牲にしないといけないかもしれません。

見栄を張ってしまう理由は、

 

自分を認めてもらいたいからです。

 

読まれるブログの書き方で大切なことは読者に価値を感じてもらうことです。

そのためには自分が認めてもらいたいという気持ちと向き合わなければいけません

 

そして意外なことに多くの方がこのことに注意をしていなかったりします。

なので上から目線の書き方になったり、下手に出過ぎたり、

読者の感情を逆なでするような書き方になってしまうのです。

 

 

「恐れ」でブログを書いていないか

 

「こんなことを書いたら恥ずかしい…」

「批判されないだろうか…」

 

このように自分の「恐れ」が原因で、

自分らしい文章の書き方ができない場合があります。

この場合も上記の「見栄」と同じく、

 

誰のために書いているブログなのか?

 

ということを改めて考え直す必要があります。

 

ここまで読んで頂いて何となく感じることがありませんか?

 

ブログの書き方を意識されるあなたなら、おそらく無意識に感じ取っていると思いますが、

読まれるブログの書き方というのは、当然のことながらテクニックなんかではありません。

あなたと同じ価値観の人に共感されて、最後まで読んでもらえるブログを書くには、

 

自分の心と向き合い、自分の中にあるものを全て出す。

 

このような姿勢がとても重要なのです。

僕も最初の頃は当然のことながらできませんでした。

冒頭でも触れたように最初の7ヶ月間は苦しかったのです。

 

あなたのブログを読んでくれる人は誰ですか?

 

その人のことを思い浮かべてみてください。

そしてその人に語り掛けるように書きます。

余計なことは考えずシンプルに、ただ自分の本音に素直になって。

それが、読まれるブログの書き方です。

 

 

心を中心に添えて文章を書く姿勢を

 

では、どうすれば感動を与えるブログの書き方ができるのでしょうか。

 

それは、

 

自分の心を常に中心に添えることです。

 

少し分かりにくいかもしれませんが、これはどういうことかと言うと、

人の感情には大きく分けて喜怒哀楽の基本的な4つの感情がありますね。

そして僕たちは普段、この喜怒哀楽の出し方を本能に任せて生活をしています。

 

自由に怒ったり、自由に笑ったり、自由に楽しんだり。

 

もちろん社会生活を送っている以上、

全てが本能のままというわけにはいかないと思います。

 

読まれるブログを書く上で大切なことは「見栄」や「恐れ」に従わないことです。

 

この心はブログを書くときにも常に現れます。

そのようなときに自分で気づくことができるかどうかが鍵となります。

 

なぜなら、

 

気づくことができれば50%は解決したと言えるからです。

 

気づける自分になるには、

自分への問い掛けをしてマインドセットする必要があります。

 

「常に心を中心に保って文章を書くにはどうすればいいだろう?」

 

このように文章を書く前に、あらかじめ自分に問い掛けておきます。

自分への問い掛けをすることで潜在意識をフル稼働させるのです。

潜在意識に疑問を投げておけば、オートパイロットで答えを探し続けます

 

 

心を中心に添える実際の感覚

 

とは言っても、

 

「心を中心に添えるってどうすればいい?」

 

とあなたは疑問に感じるているかもしれません。

心の中心とは、喜怒哀楽の「中間」です。

僕たちは普段、喜怒哀楽を本能に任せています。

それでは片方に感情がかたより過ぎたりしてしまいます。

 

そのようなフラフラな気持ちでブログを書くとどうなるでしょうか?

 

上から目線や下手過ぎたり、感情を逆なでするようなブログの書き方になってしまいます。

心を「中心」に添えるというのは簡単です。

 

【1】まず自然の呼吸に意識を集中します。

【2】そこからゆっくりとヘソの10㎝下まで意識を降ろして中心を感じます。

 

たったこれだけです。

この状態になって自分への問い掛けをして執筆へと入ります。

 

 

感動を与える読まれるブログの書き方とは?

 

本当に読まれるブログの書き方とはテクニックではありません。

自分の心と向き合って、届けたい相手に自分の全てを出しつくすことだと思います。

 

そしてなるべくシンプルに。

 

文章を通して自分を表現できることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ