一人暮らしの部屋は狭い…今を変えたい気持ちに隠された心理

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋は狭い…今を変えたい気持ちに隠された心理

 

1K、1Rの狭いアパート・・・

一人暮らし部屋はそんなに広くはありません。

多くの人が30㎡以下の部屋に住んでるのではないでしょうか。

実際に僕も22㎡の1Kのアパートに住んでます。

 

ですが、それでも快適に過ごすことはできます。

 

キッチンが狭くて炊飯器、レンジ、オーブンの置き場に悩む、

間取りが四角じゃないから家具の配置がうまくいかない、

冬はファンヒーターやこたつを置くから、余計に部屋が狭い、

ベッド、テレビ、机、タンス、とにかく狭くて何もできない、

 

便利な生活のために家具や家電を揃えたくなりますが、

一人暮らし部屋だとすぐに窮屈になってしまうものです。

 

そこで家具のレイアウトを変えてみようとか、

おしゃれなインテリアにしてみようかなど、

目に見えるところでいろいろと考えると思います。

 

自分の部屋を見つめ直すことは素晴らしいと思います。

だけどいきなり配置だけを考えてもうまくいかないものです。

憧れの部屋にしたいけど途中でつまずく人も多いはずです。

 

またそれだけでなく、部屋を通して今の自分を変えたい・・・

 

このように部屋に求める何らかの思いがあって、

だからこそ部屋に変化を求めるのではないでしょうか。

ただ、家具の配置を変えるだけで満足したいわけではなく、

部屋の状態を変えることで自分自身への変化も求めている・・・

そんな部屋に対する思いから見える心理についてお伝えします。

 

(前回は、一人暮らしに必要な費用と社会人でお金に困らない節約術にて、

生活をする上で一番悩みの種となるのが必要な費用におけることですが、

僕自身の実際の生活費と誰でもできるシンプルな節約術をお伝えしました。)

 

 

貧しい家ほど物が溢れかえっている

 

ぎっしりと詰め込まれた家具や、

あまり使用しないけど取りあえず置いてある家電、

床の上には物やゴミが散乱して足の踏み場もない。

引き出しの中を見ればごちゃごちゃと要らない物がいっぱいで、

クローゼットもタンスも中を開ければ隙間がないほどぎっしり。

 

そんな状態になって部屋が狭いなんて言ってませんか?

 

それではどんなに広い部屋に住んでも同じことの繰り返しです。

一人暮らしの部屋は狭いので、つい部屋のせいにしてしまいがちですが、

それは部屋が狭いというのが理由なんかではありません。

 

要らない物を溜め込んでいるから・・・

 

たったそれだけのことなのです。

ただでさえ狭いのに息苦しく感じるのは当然です。

 

そして何よりも余計な買い物をするのでいつまでも貧しい・・・

 

日頃からお金のことで悩んでいないでしょうか。

何も考えずに買い物をすると部屋に物が溢れてしまい、

その反対に、財布の中身はどんどん減ってしまいます。

 

必要な物と不要な物を見分けることができないからこそ、

自分が本当は何をしたいのか、どんな生き方が望みなのか、

そんな自分の人生のあり方も分からなくなるのです。

 

 

部屋に対する思いから見える心理状態

 

あなたに今、空の箱を手渡されたとします。

その箱を「自由に使っていいよ」と言われたらどうしますか?

誰でも一度は何かを入れようと考えると思います。

 

逆にぎっしりと詰まっていたら、

そんなことは絶対に考えることはないですね。

 

ではあなたが新しいアパートに引っ越したとします。

そのアパートは、当然まだなんの家具も入ってない状態です。

するとどんな家具や家電を入れようかと考えませんか?

 

逆に生活に十分すぎるほど家具や家電があれば、

もうそれ以上は買い入れようなんて思わないはずです。

ましてや足の踏み場もないほど物が溢れていれば、

何とか片付けてすっきりしたいと思いませんか?

つまり部屋が狭くて何とかしたいと思っているとき、

 

それは今現在が貧しい状態にあるということなのです。

 

「部屋の状態は心の写し鏡」と言われています。

部屋の状態と心の状態はリンクしていて誤魔化しは効きません。

 

ということは自分が本当はどんな生き方を求めているのか・・・

 

部屋が乱れてる人は生き方に迷っている人が多いのです。

なぜならこれまでの人生で自分自身を整理整頓していないからです。

自分を知るには一度、人生の棚卸というものをする必要があります。

それは片付けのときの要るもの要らな物を分けるような作業です。

部屋を片付けることは、実はそのような意味もあるのです。

 

 

何もない空間にすることで感じる心地よさ

 

  • 部屋を片付けるとすっきりする
  • 思い切って要らない物を捨てるとすっきりした
  • 整理整頓をすると気持ちも軽くなった

 

物理的に物を手放すことで気持ちまで変化します。

そして同時に自分の気持ちも整理されていきます。

たったそれだけのことなのに不思議だと思いませんか?

 

また人生がうまくいかなくてどうしようもなく、

いろんなことに手を出しては失敗続きで終いには借金まで背負い、

職を失って家族や友人や兄弟にも見放されてしまい、

自分は生きる術を失ってしまった・・・

 

叩いても蹴っても叫んでも自分には何もない・・・

今まで必死になってしがみついていたけど、

それらはすべて幻想でしかなかった・・・

このように何もかもない状態になったとき、

 

何もないからこそ心の中ではすっきりするのです。

 

自分を棚卸していくと、

やがてたくさん要らないものを抱えていたことに気づきます。

捨てるときに「勿体ない」とか「使えるかも」など、

自分の気持ちと向き合いながら何もない空間にしていくと、

すっきりして本当は何がしたいのかが見えやすくなります。

 

 

自分の部屋から自由になることができる

 

ただの模様替えや家具の配置を移動するだけでは、

自分自身を見つめるほどの影響力はありません。

もちろんちょっと気分転換でやることもOKだと思います。

 

ただ自分の部屋から自由になることはできるのです。

 

何もない空間こそ、本当の豊かさがあると言います。

それは古くから日本にある文化というだけでなく、

西洋の城や宮殿などの国王や貴族の人々も理解してました。

それは空の箱だと何を入れようかと考えるように、

 

本当の必要なものだけを見極めて増やしていくために大切です。

 

つまり段取りをしておくということです。

手に入れたい結果のために先に準備をしておくのです。

もちろん分かっていて簡単にできることではないかもしれません。

 

今の自分を変えたいという気持ちがあって、

一人暮らしに限らず部屋が狭いと感じているなら、

このような視点で考えてみてはいかがでしょうか。

 

本当に必要なもののために先に準備をするということです。

 

自分の本音に素直になれることを祈っています。

スポンサーリンク



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ