食べたい時に食べたいものを食べる-5つの質問で食を見直す

スポンサーリンク

食べたい時に食べたいものを食べる-5つの質問で食を見直す

 

お腹が空いたら食べたいものを食べる!

いつだって食べたい時に自分が食べたいものを食べる

和食、洋食、中華、イタリアンに台湾料理・・・様々な種類の食事。

 

肉が好きな人は肉を中心に食べ、健康に気を使えば野菜中心に。

甘いものが好きならいつだって甘いスイーツを手に入れることができる。

あの人はガツガツと大食いで、この人は小鳥がついばむように小食。

 

兄は酒が好きでいつでもビールを片手に語るのが好きで、

母はバターたっぷりの食パンを朝ゆっくりとコーヒーを飲みながら食べるのが好き。

 

夜は家族揃ってみんなと食べる習慣があれば、

ひとりパソコンと睨めっこしながら食べる習慣の人もいる。

 

食事の仕方は、その人の生活環境や趣味趣向によって様々です。

僕たちはいつだって食べたい時に食べたいものを食べている。

 

つまり、

 

あなたは、あなたの好きなことで満たされているということです。

 

自分の選択しだいで、いつだって好きなことで心と身体を満たすことができる。

だからこそ自分への見直しを改めてする必要があるのです。

自分を見直すことで一体、なんの意味があるのか。

 

それは、

 

好きなことをすると心が緩みやすく、本来向かうべき先を見失いやすいからです。

 

自分を見直す5つの質問で自分に問い掛ければ、

人生のバランスを取り戻すキッカケとなるかもしれません。

 

(前回は、半断食のやり方で食べたい衝動を抑える30日間トレーニングにて、

半断食のやり方を身に付けて心の衝動をコントロールする方法をお伝えしました。)

 

 

誰が = あなたが一緒に食べたい人

 

楽しくて幸せを最も感じられるのは、

それはあなたが大好きな人と一緒にいるときではないでしょうか。

 

恋人と一緒に食べる?

親友と一緒に食べる?

家族全員が揃って食べる?

コミュニティやサークル仲間と食べる?

ひとりで食べる?

 

どんな人と一緒に食事をしたときが幸せでしょうか?

 

 

何を = あなたが食べたいもの

 

食べたい時に食べたいものを食べる

あなたはどんなものを食べたいでしょうか?

 

今、流行っているもの?

気持ちを高ぶらせてくれるもの?

落ち着いた気持ちにさせてくれるもの?

栄養がたっぷりなもの?

値段が高くて豪華なもの?

優しさを感じられるもの?

新鮮さを感じられるもの?

自然を満喫できるもの?

 

あなたが求めているものに合わせて食べたいものも変化します。

食べたいものをよく味わっていない人は、

もの事も深く理解しないまま次へ次へと行く人かもしれません。

 

あなたの成りたい理想の姿は?

 

 

いつ = あなたの食べたい時間

 

食べたい時に食べたいものを食べる。

時間を大切にしたいとは誰もが思っていることだと思います。

時間管理をする上でも、食事の時間は深くかかわるのではないでしょうか。

 

サッと短時間で食べてしまう?

時間を掛けてゆっくりと味わいながら食べる?

何かをしながらの時間短縮で食べる?

大事な用事を済ませた後で食べる?

食事を優先して食べている?

 

食べながら何かをしたり、短時間で食べようとしたり、

他のことを意識しながら食事の時間を調整することは、

何かをガマンして、ほかの何かをむりやり押し込んでいると言えます。

 

ムリをして自分を犠牲にしていませんか?

 

 

どこで = あなたの食べたい場所

 

人は食事を楽しみます。

人生で祝福されたときも祝い場所を設け、仲間と分かち合います。

 

家で家族と食卓を囲んで食べる?

カフェで一人落ち着いて食べる?

居酒屋で飲み友達と酒を飲みながら食べる?

道を歩きながらファーストフードをかじる?

車の中で缶コーヒーを飲みながらパンを食べる?

 

その中でひとつだけ自分い質問して欲しいことがあります。

 

それは、

 

心のどこかで罪悪感を感じながら食べていないだろうか?

 

 

なぜ = あなたが食べたい理由

 

あなたはなぜ、食べたいのでしょうか?

 

気晴らしのため?

生きていくため?

ストレス解消のため?

楽しむため?

癒されるため?

満たされたいため?

身体を強くするため?

 

食べたいものを食べる理由は、あなたの価値観で決まります。

どんな理由であってもここだけは気をつけなければいけないことがあります。

 

それは、

 

ストレス解消のが理由で食べるということ。

 

目の前のことから逃げるために食べることで逃げてしまうと、

肥満になったり、健康を害することになってしまいます。

 

あなたはストレス解消が理由で食べていませんか?

 

 

どのように = あなたの食べ方

 

普段日常でどんな姿勢で食べているでしょうか?

 

目の前の食事に集中して?

必死になりながら?

急ぎながら?

テレビを観ながら?

よく噛みながら?

感謝を感じながら?

 

食事を味わうことは、その時間を楽しむことです。

好きなことをしているときはひとつのことに集中していませんか?

食事をとるときの姿勢が普段の日常の姿勢にも反映されます。

 

あなたはどんな姿勢で食べていますか?

 

 

いつでも食べたい時に食べたいものを食べる

 

食事のときの姿勢は実は生き方と直結しています。

食事のときの姿勢を見直してみることで人生が好転するかもしれません。

 

シンプル イズ ベスト

シンプルライフ

 

理想の生き方ができることを祈っています。




 
サブコンテンツ

このページの先頭へ