人生は思い通りにならない…逆境を乗り越える4つの視点

スポンサーリンク

人生は思い通りにならない…逆境を乗り越える4つの視点

 

僕たちは、いつも順調とは限らない。

いつの間にか訪れて、いつまで続くのだろう?この状況・・・

人生はいつも思い通りというわけにはいきません。

 

しかし、

 

自分の人生が思い通りにならないと思うときこそ、

本来の自分の姿勢が見えてくるものなのかもしれません。

逆境のときに、どう乗り越えていくか。

 

自分が試される貴重な機会でもあるこの状況を、

うまく利用して強くなり、

人生の難しさ、人との関わりの難しさを通じて成長する。

 

思い通りにならないと強く感じるときに、

以下にご紹介する視点で現状を見つめてみてください。

 

(前回は、恋愛運アップ!心を断捨離して効果を高める40の方法にて、

断捨離の視点から心の不要なものを手放して恋愛運アップの方法をお伝えしました。)

 

 

1、ただ、ただ感じてみる

 

鏡に映った自分をジーっとみつめてみると、

最初に思っていたことが、次第に変わっていくのを感じたことはありませんか?

 

心もただ、ただ無心で感じていると、次第にその変化に気づくことができます。

つまり、人の心は常に動き続けているということです。

いつまでも同じ気持ちが続くというわけではないということなのです。

 

犬恐怖症で目の前に現れて逃げ出してしまうと、追いかけてきますね。

 

しかし、

 

ただ恐怖だと思い込んでいるだけで実際に触れてみると、

案外思っているほど恐怖ではなかったことに気づくこともあります。

 

人生は思い通りにならないからと、嘆いていても、

そのときに感じる感覚に逃げずにただ、ただ無心に感じてみると、

案外思っているほどツラいことではなかったことに気づくことができるかもしれません。

 

 

2、今、行っていることを淡々とやる

 

僕たちは何かにつまづいてしまうと行動をとめてしまいがちです。

それは、あなたもご承知の通り、

自分の行動を信じることができなくなるからです。

 

逆境に立たされても、自分の信念を貫いて変わらぬ姿勢ってどんなものでしょうか?

 

またそのような人がいるとすれば、それはどんな人を想像しますか?

 

少し、その人の姿勢や目線などを真似してみてはいかがでしょうか。

そしてそんな人の気持ちを感じとって

今の自分のやるべきことに臨んでみると、淡々とやることができるかもしれません。

 

人はイメージしていることが現実化すると言われています。

岩のように強靭な精神で意思を貫く人の姿勢をイメージして感じることで、

あなたにも同じような強靭な精神で逆境を切り抜けられるかもしれません。

 

今、行っていることとは何も特別なことを意識する必要もなく、

日常の雑事であっても淡々とこなしていく行動が大切だと思います。

 

 

3、別のことに意識を向けてみる

 

どんなにもがいても、どんなに考えてもダメなときはあります。

今の自分の力量ではまったくのお手上げな状態のとき、

脳の中ではどのような働きをしているのでしょうか。

 

それは、

 

脳がこれまで得た情報を整理している最中なのかもしれません。

 

これまで蓄積された新しい情報を落とし込んでいる期間と言えます。

記憶には、短期、中期、長期とそれぞれの記憶の仕方には違いがあります。

長期記憶として深く落とし込んでいくには、内容に応じて時間差があるようです。

 

僕は器械体操をしていたときにどうしてもできない技がありました。

なので一旦そのことを忘れて、別のできる技を淡々と練習していました。

しばらく経ってからまた挑戦してみると不思議なことにできるようになりました。

 

本を読んだら、脳に落とし込むための熟成期間が必要なのをご存知でしょうか?

あなたが今、行っていることがどうしても上手くいかないようでしたら、

このように戦略的に意識をズラしてみるのも方法のひとつです。

 

ですが、

 

自分がそのことに全力で向き合っていることが前提となります。

 

 

4、ダメなときに乗り越えるべき対象は見えていれば

 

逆境と感じる状況に立っているとき、

僕たちは乗り越えるべき対象を見失いやすいのかもしれません。

 

それよりも、

 

できないことへの意識の強さから、できない理由を上げて自分を納得させてしまいます。

 

向けるべき意識が前向きから、後ろ向きになったときに言い訳が出ます。

もしあなたが言い訳のできない状況をつくるとしたらどんな環境になりますか?

 

多くの人と関わることが言い訳しない自分になれるかもしれませんし、

ひとりで向き合っている方が素直に自分と向き合える人もいるかもしれません。

 

できない理由を考えて行動をやめてしまったり、

曖昧な行動で自分を無理に納得させないよう、

 

どうなりたいかの目的をしっかりと明確にイメージして、

今、この瞬間に訪れた壁が何を教えてくれているのかに耳を傾けることが大切です。

耳を傾けるとは、身体で感じる感覚を苦しくてもジッと感じ続けることです。

 

 

人生は思い通りにならない…~まとめ~

 

僕は挫折してきたことの方が遥かに多いです。

挫折することはまだ良いかもしれません。

 

それどころか、

 

何もせず人生を勿体ない使い方をしてしまったと感じたりしてます。

 

何もしない方が人生は思い通りならないと思います。

逆境になっても、思い通りにならないと感じながらもがいている方が、

 

生き心地が良いのではないか・・・

 

そんな思いから、いろんな感情を感じつつも記事の更新をしています。

あなたが自分の道を歩めることを祈っています。



 
サブコンテンツ

このページの先頭へ